テキスタイル

2019年1月18日 (金)

ジャパン・ベストニット・セレクション2018 国産への風

 「ジャパン・ベストニット・セレクション(略してJBKS)2018」が、12月6日~7日、東京国際フォーラムで開催されました。
 第11回目となる今回は58社が出展し、来場者は3,319人で前年比14%減となり、客足が今一伸びなかったといいます。とはいえ私が行ったときは人で賑わっていましたが---。
 全体に独自技術を駆使した個性あふれるニットが増えているようです。国産への風が吹き始めているように感じました。

 とくに注目した企業をご紹介します。

◇島精機
 今回、JBKSアワードの特別賞を授与されました。出展メーカーの間では、同社のホールガーメント横編機を導入しているところが以前にも増して多くなっています。
 ホールガーメントは国産ニットへの追い風になっているようです。
Img_94931_2  ブースではホールガーメント横編機のMACH2Sを設置し稼働させていました。これは高速かつ多用途性に優れているといいます。このマシーンで編成されていたサンプルが、写真上 左端の完全無縫製のメンズプルオーバーです。2色使いのボーダーや様々な組織の組み合わせで、スポーティなブロッキングのデザインに仕上げられています。
 素材は、八木の「クムルス」と名付けられた落ち綿の綿100%スーピマノイル。20番手糸双糸使いで、落ち綿を使用しているとは思えない色と光沢感があります。しかもホールガーメント製とは---、これはまさにサステナブル度満点の製品、と思いました。

◇安泰ニット
 1898年創業の老舗カットソーメーカーです。大阪本社と鳥取県下に5ヶ所の自家工場があり、高品質の国産ニットウェアを生産しているといいます。
Img_94741 今回大きく打ち出していたのは、「ニットガーデン」というオーダーメイドシステムのポロシャツです。生地やボタン、刺繍などのデザインを指定しサイズを入力すれば、世界に一つだけの製品が、3週間後には手に入るというもの。これは既に10年前に始めたものだそうですが、ブースでは改めて新しい独自の3Dシミュレーション画像やロボットを使い、英語版も作成して来場者にアピールしていました。

◇吉田染工
 和歌山県紀の川市貴志川町を本拠地とする、染め糸から製品まで手掛ける染工場です。今回はグループ会社の貴志川工業と合同出展していました。
Img_94781
Img_94811pg  右は横編みなのにファンシーなジャカードの織物のような生地です。

 貴志川工業では「綵(あやぎぬ)」を提案していました。これは以前にもこのブログ2015.11.24付けで紹介したことがあります。コットンにシルケット加工やバイオ加工を施して、ドレープ性と同時にハリ・コシ感も出した、綿100%の風合い加工です。

◇森下メリヤス工場
Img_94861_2  毎回プルミエールヴィジョンパリに出展している丸編みニットメーカーで、今回も独創性のある生地を見せていました。

 右は、シルバー箔を不規則に加工した綿100%ニット生地です。

◇トシテックス
 群馬県桐生産地のすぐれたものづくり企業として、いつも注目しているのがトシテックスです。今回は久しぶりの出展といいます。
Img_94981
Img_94991jpg  細巾ラッセル編機による、穴あきの生地やプリーツ編みなど、デザインのポイントに採り入れたくなるようなファンシーな編地を提案。
 こんなのが入っているとファッションが楽しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

テクテキスタイル・テックスプロセス2019展 記者発表会

 昨年11月末、「テクテキスタイル・テックスプロセス2019」展の記者発表会に誘われて行ってきました。
 「テクテキスタイル」は産業用繊維の国際見本市で、「テックスプロセス」は縫製機械と関連技術の国際見本市です。隔年の開催で、今年はいずれも5月14日~17日に、ドイツのフランクフルトで開催されるとのことです。
 日本からは「テクテキスタイル」に大手素材メーカーやYKK、アキレスなど22社が出展、「テックスプロセス」には日本縫製機械工業会(JASMA)が日本パビリオンを出展し、6社の参加が予定されているといいます。

 会見で、とくに興味深かったのが「テックスプロセス」のトレンドです。
Img_92771   右は、ドイツ機械工業連盟 縫製・皮革機械協会 専務理事のエドガー・ストラウプ氏で、
「インダストリー4.0」の次のステップとして、「インパクト4.0」を挙げて、繊維加工技術の最新動向を解説されました。

 「インパクト4.0」では、AIが重要な役割を担うようになるといいます。ビッグデータを活用して開発された機械をAIが自ら改善していく、そんなに時代が来ているのです。
 ストラウプ氏は、カスタマイゼーションやマイクロファクトリ、デジタルプリンティング、サステナブルな生産などをテーマに挙げ、そのトレンドを具体的事例とともに紹介しました。たとえばデザインではヒューマンソリューションの3D人体スキャンや、3Dシミュレーションソフトウェアを用いたコレクション開発、またデスマの顧客が自分でデザインし注文した靴のカスタム生産システムなど。
 次世代の技術がどう進展していくのか、私も注目してみています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

2019年秋冬ミラノウニカ 流行色2019 WINTER掲載

Scan00741  この春発行された「流行色2019 WINER No.595」に、今年7月に開催された「2019年秋冬ミラノウニカ」の柳原美紗子の記事が、掲載されました。

  その概要や発表されたトレンドテーマやカラー、また展示場で見られた素材の特徴などを4ページにわたり解説しています。ご参照ください。
23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

エコプロ2018 ⑴ SDGs時代の環境と社会、そして未来へ

 日本を代表する環境総合展示会「エコプロ2018」が、「SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」をテーマに、昨年12月6日~8日、東京ビッグサイトで開催されました。
 20回目となる今回は、528の出展社・団体が出展、昨年を上回る162,217人が来場したと発表されています。いつものことながら、すごい人出に驚かされたイベントでした。
 繊維関係では、大手素材メーカーのブースが目立っていたのでご紹介します。

東洋紡グループ
 ブースはユーモラスな「カエル」が目印。これには「強い良い会社を目指して---変わる、カエル」という意味があるそう。
 持続可能な開発目標(SDGs)への様々な取り組みが打ち出される中、ファッションで目に付いたのは、日本エクスラン工業を中心とする事業部によるフェイクファーでした。リアルファーよりも環境に配慮しているとのことで、エコファーとも呼ばれています。一つのトピックスとして取り上げられていました。
Img_93841_2

東レ
Img_94061  特におやっと思ったのは、白い化学防護服(写真右)の展示です。センシング機能素材「ヒトエ」の隣に置かれていました。

 粉塵漂うアスベストなど、そうした過酷な現場で働かれる方の健康を守るために開発した「リブモア(LIVMOA)」という素材でつくられているといいます。
 これまでよりも軽くて着心地が良く、高通気性や防水透湿性など様々な機能に優れているとのことです。
Img_94101_2  また、ウルトラスエードのリサイクルの取り組みなど、グリーンイノベーション事業の進展ぶりも印象的でした。

帝人
 目玉は、大きなタイヤが置かれた正面の展示です。これはリサイクル素材でつくられたソーラーカーによる南極点到達プロジェクトへの支援活動だそう。同社は車体や構造材向けの軽量・高強度素材やタイヤの設計解析サポートなどを通じて、このプロジェクトを全面的にサポートしているとのこと。
 ソーラーカーから送られて来るリアルタイムの動画も流れていて、興味深かったです。
Img_94161jpg
 またペットボトルリサイクル繊維の「エコペット」関連の製品などもみられ、SDGsへの取り組みをアピールしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

2019秋冬JFW-JC⑻ 産学コラボ「播州織」テーマに展示

 2019秋冬JFW-JCで、「人材育成産学コラボレーション(繊維ファッション産学協議会主催)」に参加した学校・学生たちの作品が披露されました。これは次世代の人材育成を目的に始まった産学連携プロジェクトで、今年で早くも12回目を迎えたといいます。 

 今回はメインテーマが「播州織」で、半年前に開かれた「播州織大学」を受講して応募した全国のファッション専門学校12校の中から、8グループが選出され、作品展示が行われました。

Img_90691  上はJFW-JCでの展示風景です。

 先日、この8グループによるプレゼンテーションと審査発表会が東京・渋谷で催され、私も出席しました。
 どのグループも、プレゼンテーション力が高くてびっくり。レベルがアップしているようです。
Img_95221pg  審査発表会では、最優秀賞に文化服装学院のアスク/ASKが選ばれました。(右はプレゼンするアスクのグループです。) 「環境変化が進行すると人類の未来がない」との思いから、夏に涼しい機能服を制作したといいます。スラッシュキルトや地層を表現する発泡プリント加工などを取り入れた、アイデアのあるデザインも評価されたようです。
 インタビューでは「コンテストを通じて、他校の刺激を受けて良い経験になった」とコメントしていました。

 日本のファッション業界は今やもう、市場に流通するファッション商品の98%が輸入品という絶望的な状況に陥っています。こうしたなか、テキスタイルへの知識を深め、独創的なデザイン力を持つ若い力が育っていることを目の当たりにしました。ほんのりと希望を感じさせてくれた、すてきな発表会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

2019秋冬JFW-PTJ ⑺ 産地協働「ブルールーム」始動

  2019秋冬JFW-JC、PTJで、異なる産地同士の協働コレクションがスタートしました。それが「ブルールーム(Blue Loom)」です。ブルー (Blue)とはインディゴ染め、ルーム(Loom)は織機のことです。日本伝統の職人の技を継承し、世界に発信していこうという思いで合意した3つの産地メーカーによる取り組みで、尾州の「御幸毛織」、播州の「播」、浜松の「成和第一産業」が参加しています。
Img_90961jpg
Img_90921  共通コンセプトは、シャトル織機やションヘル織機使いの生地です。いずれも時代遅れかと思われるような織機で織り出される織物で、両端の耳の部分に赤いラインが織り込まれていることから“赤耳(セルヴィッチ)”と呼ばれます。赤耳は今、ビンテージ生地として人気を集めているところですね。そこでブランド名も、耳(みみ)に因む「33」を入れて、「Mr. 33」と名付けたそうです。
 ブースでは、御幸毛織のウールのツィードやフラノ、ギャバジン、播のシャツ地、成和第一産業のコーデュロイやバフクロスなどの生地が、コートやジャケットなどの製品とともに展示されていました。

 来年2月にミラノで開催されるミラノ・ウニカにも出展し、世界に打って出るとのことです。日本の職人のモノづくりの輪が広がることを、期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

2019秋冬JFW-JC、PTJ ⑹ テクスチャーへの拘り様々

 2019秋冬JFW-JC、PTJでは、テクスチャーに拘った、他にないファブリックも様々にみられ、目が惹かれました。

◇クロスジャパン

 自社オリジナル企画によるテキスタイルを提案しているコンバーターです。
Img_88851  今季一番人気は、右のウール/ポリエステルのジャカードだそう。
 ウールを縮絨加工することにより、ポッコリと糸と組織を浮き上がらせたデザインです。イレギュラーな凹凸の表面感が何ともユニーク!です。

◇渡辺パイル織物
 今治産地でタオルをつくる一方、ファッションやインテリア向けに反物生産を行っているメーカーです。パイルやワッフル、平地、ガーゼなどを、起毛やカットパイルといった二次加工で表現しています。タオル織機ならではのふくらみのある風合いが好評で、有力ラグジュアリーブランドからのオファーも多いといいます。
 今シーズンはラメ糸を活用したファンシーな生地に魅了されました。
Img_89181jpg Img_89191



◇アゲハラベルベット

 本展に出展したのは9年ぶりだそう。福井にある自社工場でベルベットを一貫生産しているといいます。高級感たっぷりの正統派ベルベットが見られた一方、パネベルベットなどカジュアル感のあるラインも充実。豊かなコレクションを見せていました。

Img_90501 Img_90481




◇島精機製作所

 3Dバーチャルサンプリングに対応するSDS-ONE APEX3システムを実演するとともに、 ホールガーメントによる最新のニットサンプルを展示していたのが印象的です。

Img_89971_2  上はオリガミプリーツ編みです。

Img_89961jpg  またとくにすばらしいと思ったのが、上のキルティング編みです。ニットでダウンウェア風にもできるとは!と、改めて感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

2019秋冬JFW-JC、PTJ ⑸ 様々なプリントが開花

 2019秋冬JFW-JC、PTJでは、様々なプリントが開花していました。デジタルプリントからスクリーンプリント、またフロッキープリント、箔プリントや顔料使い、地組織に変化のあるものなど、凝った技法のものも目に付きます。柄では、アーカイブに新たな息吹を吹き込んだ柄に注目です。

◇久山染工
Img_88581 生地を染めるというだけでなく、樹脂や薬品を使って生地を表面変化させ、より立体的な加工を提案しているハンドスクリーンプリントの染工加工場です。
 天然由来成分でありながら防水・撥水機能をもつ樹脂Img_88561コーティング加工を開発されたとのことで、ますます目が離せない存在です。
 顔料プリントにフロッキー加工、オパール加工に箔加工、抜染プリントなど、クラシックな柄を現代風にアレンジされているところもさすがです。

◇東海染工
 グローバルに海外展開している、国内最大手の短繊維系の染工加工場です。
Img_90611jpg 日本ならではの加工技術を活かした、「キレイ目で上質な生地」を開発していて、その種類は多彩です。
 目に留まったのが、右のインクジェットプリントの華やかな生地でした。

◇北高
 素材では麻が台頭しているといいます。柄では、リピートの大きいたてストライプのボーダーが目新しい。花柄も好評といいます。
Img_89111 Img_89091


◇コッカ

Img_89011  幅広いスタンスでプリントを手掛けている商社です。
 今シーズンは、チェック柄などの先染めへのプリント生地をメインに展開しているとのこと。
 右のような凹凸感のある塩縮加工へのプリントも好調といいます。

◇丸増
Img_88651  アーカイブやオールド資料が多数残っていて、その資料を利用してオリジナルのプリントやジャガードを作製しているといいます。
 右はフロッキー加工のもの。

◇イマダ
 美しい花のプリントのオンパレードでした。エレガントなエンブロイダリーも見られるなど、華やいだムード満開です。
Img_89411jpg Img_89401_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

2019秋冬JFW-JC、PTJ ⑷ 伝統を捻った先染め織物

 2019秋冬JFW-JC、PTJで多く見られたのが先染め織物です。伝統を捻り、新たな価値を加えた素材が目立っていました。

◇浅記
 新潟産地で「糸染、製織、整理加工」等全ての工程を産地内にて一貫生産しているメーカーです。
Img_89341jpg
 今シーズンは「ウインターコットン」シリーズを提案。一押しなのが起毛の先染めといいます。毛足の長いシャギー起毛やピーチ起毛まで揃えて、Img_89371jpgコットン素材でのウォーム感を表現しています。柄もタータン系からトラッド系、スペック染まで幅広いバリエーションで展開。
 右は伝統のチェックに変化を加えた、綿/ウールのカットドビーです。

◇カゲヤマ
Img_90381  播州織のノウハウを国外生産にも活かし、オリジナリティ溢れる商品を提供している西脇産地の産元商社です。
 綿/カシミア混や、右のような10年前の柄を復刻した綿100%のナッピング・チェックが好評といいます。

◇桑村繊維
Img_88931  他にない播州織で世界に知られる同社です。
 今季は先染めの起毛チェックが好調で、とくに人気があるのは、右のような立体的なライン入りチェックだそう。

◇内外織物
 播州織産地の産元商社です。目に飛び込んできたのは、“nunono(ぬのの)”ブランドの高品質なオリジナル素材です。

Img_89211  ハンガーの手前は、目の詰んだ美しい綿100%グレンチェックです。

Img_89201
 以前から継続しているフェザーコットンのシャツ地の提案も見られました。フェザーコットンとはインド超長繊維綿使いの甘撚り糸による風合い重視の素材だそうです。やわらかいしなやかな感触でした。

◇杉岡織布
Img_89251  滋賀県高島産地で、"高島ちぢみ"を始めとする綿織物を織り続けているメーカーです。
 特殊強撚糸使いの楊柳風の生地を提案されていて、とくに右のような美しいグラデーション・ボーダーが印象的でした。

◇匠の夢
Img_88721  ナイロンにリフレクター(光りを反射する)糸を織り込んだ素材を提案。バッグ用に、反響があるとのことです。
 この他にリサイクルコットン使いのデニムなども展示。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

2019秋冬JFW-JC、PTJ ⑶ 高感度・高機能カジュアル

 先般、東京国際フォーラムで開催されたJFW-JC、PTJは、厳選された出展者が多彩な高品質テキスタイルを提案するビジネス商談会です。
 2019秋冬に向けて、数多くの独自技術を駆使したテキスタイルが見られるなか、とくに注目した出展ブースを分野別にご紹介していきます。

 まずはますます高感度・高機能に変身するカジュアル素材から始めましょう。

◇太陽染工Img_88391_2
 広島県福山市を拠点に、得意のインディゴ生地染めやインディゴ段落ち抜染、Img_88471また“スミナリエ”というベースを薄色に染め、その上から濃色を染める2度染め加工などを展示。 
 右は“スミナリエ”の両面針布起毛生地です。
 綿100%の生地で、温かくて気持ちいい感触です。 
Img_88442  またもう一つ、右写真のドライタッチのパリッとした脱脂風ワッシャー加工も目新しい。
 さらに新たに開発したスプレンダー加工にも注目です。これは先染めでもプリントでもない、独特のメランジ調を表現する加工で、コーティングと染色を同時に組み合わせたものといいます。

◇播
  前回も出品していた“へそデニム(heso denim)”を、大きく打ち出していました。
Img_88541
Img_88531  これは播州産地で一から開発したインディゴ染色機を使用した綛染めで、かすり調の味わいが特徴です。今回はストライプやオンブレチェックなどの柄物を増やし、組織も100番双糸のローンやダブルガーゼといった薄地からボトムに向く20番双糸の織物まで、バリエーションを広げてアピールしていました。

◇ジャパンブルー
 ビンテージ素材の本質を追求する伝統的技法と、現代の最新技法を融合した“シン・デニム®”を提案しています。

Img_89321
 これは独自開発の染色技術により、堅牢度を向上させたデニムで、デニム生地特有の「色落ち」や「アタリ」はもちろん、「色移り」もほとんど見受けられないといいます。強度も通常のデニム生地の2.5倍以上と大幅に向上し、Img_89311jpgとてもすり切れにくい生地であるとか。また消臭機能もあるそうです。それでもデニム生地の風合いはそのままというのがいいですね。
 右は新しいカモ柄プリントのデニムです。

◇鈴木晒整理
 遠州産地で様々な風合い加工を展開している加工場です。
Img_90261jpg
 今シーズンは、綿を中心とする天然素材の防シワ加工の“クリーズケア”に加えて、新しい加工として“絹音(きぬね)”を提案していました。これはシルクが擦れ合ったときに出るキュッキュッときしむような音、Img_90202 「絹鳴り」がするような風合いと光沢感を表現した加工です。右は絹音加工を施したコットン90/シルク10の生地です。
 また起毛生地に色の深みを引き出し、上品な光沢感としっとりとしなやかな風合いを付与する“ディアモイスト”加工も注目されます。

◇カイハラ

Img_90461jpg 
Img_90411_2  デニムの大御所、カイハラは、今季新たにテンセル使いを打ち出していました。経糸にテンセル/綿、緯糸に綿100%を打ち込んだデニムです。
 ソフトでしなやかな風合いが人気を集めている様子です。

◇沼尻テキスタイル研究所
 ニットファブリックで定評のある企画会社で、協力工場の多くは、日本にしかない昔ながらの編機や、世界に一台しかない特注の編機等を有しているといいます。
 Img_90071今シーズンもオリジナリティの高いスエット生地が人気を集めていました。
 右はインディゴ染めのもの。

 下は人気の裏ファーパイルのもの。
Img_90011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧