テキスタイル

2017年3月18日 (土)

2017桐生テキスタイルプロモーションショー「センス」軸に

 織都1300年の歴史を誇る桐生の産地展「2017桐生テキスタイルプロモーションショー」が、8-9日東京・北青山テピアで開催されました。
 参加したのは洋装部門26社、和装部門9社です。中央に設けられたコンセプトゾーンには、各社得意のサンプルが展示されました。テーマは「センスSENSE」です。センス=感覚を軸に、というように、この産地独特の磨き抜かれた洗練されたものづくりの感性は素晴らしくて、感銘させられました。
Img_58301
 とくに今回私が注目した、ジャカードなどの技術ノウハウを駆使しているメーカーをご紹介します。

イヅハラ産業
 同社のような織物の技術を持つメーカーは、世界広し、といえども他にはありません。他社に先駆け、織物の段階でスカート等の形状を形成できる、コンピュータ制御のジャガード織物「イヅハラ織」を発明し、右のような様々な一点もののプレタスカートやワンピースを創造しています。縫製は脇のみで、ウエストフリーなのでお腹を締め付けません。プリントでは表現できない高級感があります。 
Img_58541
 織りの段階でベース布とフリル布を同時に織り上げる技術「フリル織」と、表裏異なるデザインを同時に織り上げる新技術「リバー織」、緯糸をループ状に隆起させる「ウエーブ織」は、各々特許を取得されています。ウエーブ織のマフラーも拝見し、フリンジ部分も手作業によるカットとのことで、美しさにびっくり!

 私は以前、パリの服地見本市プルミエール・ヴィジョンに出品されていたこのイヅハラ織を見たことがあります。そのスカートが実際にプランタン百貨店で販売されているのを目撃し、ヨーロッパで人気を集めていたことが思い出されました。

 現在も世界に発信中です。日本の巧みの技に改めて驚嘆しました。

トシテックス
 金属チェーンの編み込み技術に定評があります。
Img_58441g 従来手縫い等で後付けしていた金属チェーンを、同社は細巾ラッセル編み機を用いて、衣料用生地に直接、金属チェーンを編み込んで作る方法を開発したのです。
 右はその一つです。

 またもう一つ、ダブル・カットジャカードImg_58381も発表していました。
 これは透けるオーガンジーの間にカットヤーンが入っています。糸のカットは何と手作業で行ったそうです。
 右はその生地に線描の花柄をプリント加工したものです。

テックス・ボックス Tex. Box
Img_58521  ニードルパンチのテクニックで、新作は何かといつも楽しみにしているメーカーです。
 今シーズンも原反ニードルパンチ機と縮絨機による、大胆な色柄の楽しいテキスタイルをたくさん見せてくれました。

アライデザインシステム
 和装部門で出展の同社は、「絵画織」が見事!
 日本画や浮世絵を織り柄で、繊細かつ細密に表現し、見え方も実に立体的です。画素の点描表現による特殊な技法で特許も取得、最高百色以上の色表現が可能といいます。
Img_58471
 これまでは帯地を中心につくってこられましたが、用途を広げようと、「iPad(アイパッド)」ケースやブックカバーなど小物も提案。外国人観光客の恰好のお土産になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

「播州織メッセ!2017」 播州織でファッションショーも ⑵

 今回の「播州織メッセ!2017」では、ブース展示に加えて、モノづくりに興味のある人材を西脇市の播州織を紹介し、産地に呼び込もうというジョブフェアや、ファッションショーも併催されました。

 ショーには、日本アパレル・ファッション産業協会所属のデザイナー5名が参加し、播州織を使用した作品をキャットウォークで披露。各デザイナーとも、播州の先染めの魅力をいかんなく伝えるすてきなコレクションを見せてくれました。
Img_58431_2  
 右は角野文蔵さんが手がける「AMBELL」のドレスです。

 左下は村松啓市さんによる「everlasting sprout」、右下は「MIDDLA」の安藤大春さんデザインです。この他、小野原誠さんの「motonari ono」、城間志保さんの「SHIROMA」の作品もありました。
Img_58291 Img_58541

 












 来場者は学生などが若い人が多く、播州織の認知度を高めるという主催者の期待通りの展開になったのではないかと思いました。
 すばらしい試みに拍手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

「播州織メッセ!2017」 7年ぶりの東京開催 ⑴

 先月21-22日、播州織総合素材展2017「播州織メッセ!2017」が北青山テピアで開催されました。
 東京での開催は7年ぶりとのことで、ジョブフェアやファッションショーも併催され、官民挙げて力の入ったイベントでした。出展したのは20社、1団体、1グループ、また来場者も多かったようで、1,200人と発表されています。私も足を運んでみて、盛り上がっているという印象を受けました。
Img_57951   
 “変幻自在”をテーマに、テーマゾーンも設置され、7社の産元、機業(丸萬、丸和商事、カゲヤマ、Img_59641島田製織、コンドウファクトリー、橋本裕司織布、斎藤商店)が開発した新作サンプルを自由に持ち帰ることができるようになっていました。(右は私がいただいたサンプルの一部です。) このサービスは産地PRに大いに役立ったものと思われます。

 注目したブース展示をご紹介します。

丸萬
Img_57741
 「POLS(ポルス)」ブランドを大きく打ち出していました。これは同社がKAJIWARA DESIGN STUDIO(代表はテキスタイルデザイナーの梶原加奈子さん)とのコラボレーションし、2015年に誕生したものだそうです。先染めジャカード織によるカラフルで大胆なジオメトリック柄のコレクションに目を奪われます。デザイナーの力って本当に大きい!

島田製織
Img_57781
Img_577711  自社ブランド「hatsutoki」を前面に押し、なかなか好調のようです。繊細な美しい綿織物を活かした大人のカジュアルウェアで、着心地よさそう。
 右は、動きのあるヘリンボンをイメージしたカットジャカードで、さりげなくラメ糸も
使われています。綿94/ポリエステル6。

岡治織物
Img_57911
 ジャカード織物の老舗に飛び込んできた若手デザイナー、佐藤 健さんが手がけるジャカードのアイディアが面白い。100周年を迎える同社を記念してデザインしたポストカードが壁に貼られていて、それを自由に持ち帰ってもよいといいます。しかし100年後に返却してというのです。
 産地に新しい風を吹き込む若い力に期待です。

桑村繊維
Img_57511
Img_57461  得意のチェックとボーダー&ストライプを軸に展開していました。

 塩縮など表面感のあるものや、明るい色使いのカットものが人気のようです。

大城戸織布
Img_57561jpg  綿織物以外に、麻やウールなど様々な素材を使い、織機も駆使して、他にない独創的な織物を提案しているテキスタイルメーカーで、いつも感嘆してみています。
 今回はテグス使いや、虹色ラメ糸の長いカットヤーンが魅惑的なジャカードなどを提案していました。

オザワ繊維
Img_57651
 「綿花の女王」といわれる東洋紡の「マハラニ」シリーズを大きく訴求。その上品な光沢や美しい色、洗練された風合いに魅了されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

ビワタカシマ2018春夏素材展 テーマは「自然回帰」

 第31回ビワタカシマ2018春夏素材展が先月半ば、東京・表参道で開催されました。出展したのは高島織物工業組合傘下の9社です。

 Img_55831テーマは「自然回帰」で、コットンを中心とした優しい自然素材がベースになっています。
 この産地ならではの巧みな織り技術や加工を駆使してつくられる「高島ちぢみ」やその変わり織から、透け感のある繊細なクレープ、楊柳、微妙に変化するグラデーション、またデニム調のものやこだわりの先染め、しっかりとした「高島帆布」まで、さらに緑黄色野菜やかんきつ類などベジタブルダイによるフレッシュなカラーパレットの打ち出しもみられました。

木村織物
Img_55931  「高島ちぢみ」の変わり織、とくに先染め、強撚、よろけ柄、かすり調のものなどに関心が集まっていました。
 右は綿100%の先染めよろけちぢみです。

高橋織物
Img_56091jpg  改質綿糸使いの先染めエンボスクレープのバリエーションを拡大。とくにテンセル混をアピールしていました。
 右はテンセル70/綿30のもの。

杉岡織布
Img_55861jpg  美しいカラーグラデーションのちぢみを提案しています。
 今シーズンは先染め楊柳の、とくにネイビーのグラデーションが気になりました。
 右は楊柳先染めネイビー、綿100%。

マスダ
Img_56161  コットン/和紙の交織を前面に打ち出し、細番手の綿糸使いを中心に、非常に薄く軽い、透け感のある布を見せていました。
 右は綿65/和紙40のもので、「細和紙目ずれします」との注意書きも添えられています。

本庄織布
 綿やポリエステル、レーヨン、ポリウレタン混など複合による「高島ちぢみ」の変わり織が注目されます。
 左下は杉綾楊柳で、綿40/ポリエステル40/レーヨン20。
 右下はサッカー風の楊柳ハイストレッチ 綿98/ポリウレタン2。
Img_56061 Img_56031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

2018年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより

 一般財団法人日本綿業振興会のHP内、プレスリリース(NEWS)の3月10日付けで、「2018年春夏コットン素材傾向 PREMIERE VISION PARIS 及び MILANO UNICAより」の記事が掲載されました。
 http://www.cotton.or.jp/pr2017-03-10.htmlをクリックしてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

2018春夏PV ファブリック ⒅ 日本企業の人気素材

 今シーズン、プルミエール・ヴィジョン(PV)ファブリックに出展した日本企業を数社、取材しました。とくに人気だったという素材を中心に、そのほんの一部ですがご紹介します。 

小松精練 Img_49001

 新・触感スエード素材「コマスエード」を用いた、5人の若手デザイナーによるコレクションを展示していました。従来のスエード素材と比べて弾力性があり、柔らかい素材に仕上がったといいます。

サンコロナ小田
Img_49771  3回目の出展で200件もの来客があったそうで、今回も大盛況といったところでした。

 空気をまとう超繊細なミストロンが好評で、光沢のあるグラデーションプリントなど、フォーラムで同社のファンシーな素材展示を見て来場した客が多かったといいます。

宇仁繊維
Img_48781jpg

 シャツにもスカートにも、またパンツにも汎用性のあるキュプラ混の、しなやかで落ち感のある無地が好評だったとのこと。

東光商事
Img_48721jpg  ミラノウニカには出展せず、今シーズンはPVに集中して臨んだといいます。

 人気はコットン/ポリエステルの表面感のある薄地ジャージーで、レースニットは少し下火かもとのお話でした。

帝人フロンティア
Img_48911jpg  「自在」、つまり自由に何でもできることをキーワードに、ソロテックスとデルタピークを訴求。フォーラムへの露出度では、デルタピークの方が勝ったそうです。やはりフォーラムに出品されたサンプルは強いといいます。
 

コッカ
Img_49121jpg  とくにダブルガーゼが好評とのこと。

 和柄も出ているそうです。


柴屋
Img_49981  リネンを中心に、リネン100やリネン/コットンを提案。ミリタリー調カジュアルのトレンドにも乗りにぎわっていました。

 2回目の出展で、200社を超える入りがあったといいます。
 

坪由織物
Img_49421jpg  今シーズンも人気は、ラメのフィルムヤーン使いのファンシーな織物。とろとろとした感触で透けて光る素材です。

 カラーでは春夏らしいピンクが出ているといいます。

タキヒョー
Img_49461  3回目の今回、とくに好評だったのは、フォーラムに展示した素材だったといいます。キュプラ/コットン混やペーパーヤーン使いの大柄チェックなど、ひと手間加えた素材がよかったとのことです。

チクマ
Img_49801jpg  何よりも薄くて軽いものがよかったそう。
 半透明なガーゼやボイル調のもの、塩縮加工で表面感のあるものなど。

福井経編
Img_49951  新作を常にプラスし、今シーズンも14点もの素材が、フォーラムで展示されたそう。ナイロン100でマジックテープ風の半透明メッシュ、イレギュラーにうねるシワの表現など、前シーズンよりも好調といいます。

宮田毛織工業
Img_49581jpg  フォーラムに出されたコットン/ソロテックス混のカットジャカードが好評だったそう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

2018春夏PV ⒄ メゾン・デクセプション 注目の工房

 昨日のブログの続きです。ここではPVパリのメゾン・デクセプションに継続出展している日本の注目の工房をご紹介します。

近江屋(SANJIKUコレクション)
Img_48371pg
Img_48401jpg  SANJIKUは「三軸」のことで、3方向に糸が走る特殊組織の織物です。織・編とは異なる立体感があります。昨年初出展し、大きな反響が得られたといいます。
 2回目となる今回は、とくに組紐を押していました。バッグの持ち手や靴飾り用に人気だそうです。ストールを始め手袋など、アイテムのバリエーションを増やしていました。

加納幸(kano-ko)
Img_48501  緯糸がレザーの織物ですが、2度目の今回は和紙使いのものを増やしたそう。
 従来の和装の概念にとらわれないものづくりに力を入れている様子がうかがえます。

天池合繊(amaike super organza)
Img_48281  
Img_48241 出展5年目で、PVファブリックからPVレザー内にエリアが移転したことを、「新しい幕が開いたといった印象で、よい効果が出ている」といいます。今回もシルクとポリエステルの両面オーガンザや、22カラットの金箔プリント、ランダムなプリーツ、逆に透けないものも提案し、積極的です。

遊絲舎(yushisha)
Img_48301jpg
Img_48351jpg  135cmの広幅や、ラメや漆加工の提案、リュックサックなど新アイテムの展示、また藤布の新版パンフレットの紹介など、新しい試みが功を奏していたようです。場所が変わって客の入りがよいと好感触な様子でした。
 右写真のサンプルは、白糸の部分が藤糸だそうです。

民谷螺鈿(TAMIYA RADEN)
Img_48111  螺鈿織の他に革織も手掛ける同社です。レザーエリアに移転したことで、バッグなどのアクセサリー分野の客が増えたといいます。
 とくにフランス人デザイナーによるデザインのジャカードが好評だそう。

ビルマテル (YUKIZUNAコレクション)
Img_48581jpg
Img_48621  YUKIZUNAは「結絆(ゆきずな)」というように、小さな革の片弁を数学的形に結び合わせたユニットです。二度目の出展で、亀甲柄や波柄など表現の幅がより広がっていました。
 とくに本藍染めのレザー使いのものがバッグ用途をはじめ、シューズ用にも注文が入っているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

2018春夏PV ⒃ メゾン・デクセプションに2社初出展

 今年もプルミエール・ヴィジョン(PV)パリにメゾン・デクセプションがオープンしました。ここは招待された来場者のみがアクセスできるエリアで、希少なノウハウを持つアトリエや企業が世界各地から集まっています。
 第7回目の開催となる今回は、皮革見本市であるPVレザーの会場内に設営され、会場の最奥部のため、見つかりにくさから来場者の減少が危ぶまれていました。しかしどうしてどうして、大盛況の賑わいぶりでした。それというのも、これまでとは異なる分野のバイヤー、たとえば雑貨やアクセサリー関係者が多数訪れたのだそうです。この移転は出展者にとって、思いがけない好結果をもたらした様子でした。
Pva_04151_2
 参加工房は27社、その内日本は9社で、2社が初出展でした。

 その一つが、セミアリッチ(Cemia Rich)です。瀬美庵(せびあん cevianori)織という和紙の手織り織物を披露しました。
Img_48141
Img_48181  写真は代表の浅井祐治氏です。京都府北部の絹織物の町、綾部市で、この方の祖父が開発されたものだそうです。横糸に手漉きの黒谷和紙を織り込んでいます。川のせせらぎの美を映し出す織物なので、瀬美庵織と名付けたとか。日本古来の紙布の技法を取り入れた新しい和紙織物で、耐久性に優れ、 水に濡れても丈夫で破れにくいといいます。和紙と糸のコントラストが美しく、微妙な光沢もあります。のれんやタピスリー、またバッグなどもつくって紹介していました。

 もう一社は、スクモレザー(SUKUMO Leather)です。
 徳島県の阿波藍を使い、京都で天然灰汁建本藍染された、世界的に稀有な天然本藍染革を紹介し、高評価されました。ここまで来るのに8年かかったといいます。
Img_48431
Img_48451  伝統染色技法の「ローケツ染め」や「絞り染め」による吹雪染めなど、デザインブルーはPV初日のデイリーニュースでも取り上げられ、人気を呼んでいました。革紐やバッグなど、とくにシューズは好評で12万円だそうです。

 格段の美しさ持つジャパンブルー、ファブリックでもレザーでも、今シーズンの注目素材になっています。さらなる海外発信が期待されますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

2018春夏PVデザイン⒂ フィクション、ノーフィクション

 プルミエール・ヴィジョン(PV)パリのテキスタイルデザインの見本市、「PVデザイン」には、いつも斬新なアイディアがいっぱい。プリントやジャカード、刺繍などの柄のヒントがあふれています。
Df1_18711
Scan0528  今シーズンもPVデザインのフォーラムでは多数のヴィジュアルが見られました。テーマは「フィクション、ノーフィクション」です。

 提案されたモチーフの、その一端をご紹介します。

・デコードされた自然 
 ハイブリッド・フラワー、テクニカルな虫、パラノーマル(科学では説明できない)な植物など。
3_3
Scan0530_4 ・トライバル影響エスニック 
  葉陰に隠れたシルエット、はめ込みモチーフ、現代的プリミティブなど。

・ジオメトリックの小宇宙   
   無数のミクロ、グラフィカルなサークル、ルーペの世界など。
1_2

<ライン>
6_2 自由に描かれる輪郭線、とぎれ、 抜け、揺れる線、くねる曲線、 貼り絵風、ちぎり絵、ボリュームのあるシャドー、41_3 だまし絵風など。











<動きのある形>
 フィルターを通したようなイメージ、グラデーション、はっきりしない幻影、微妙な蜃気楼、かすれ、ぼかし、擦れた跡など。

11_2Scan0533_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

2018春夏PVアクセサリー⒁ 日本製レースやリボン人気

 今回久しぶりにプルミエール・ヴィジョン(PV)パリの服飾副資材の見本市、「PVアクセサリー」を見て来ました。
 日本企業で出展したのはカワイイレース(KAWAII LACE)SHINDOテキスタイル・ヨーロッパの2社です。

 カワイイレース(KAWAII LACE)は、落合レースや岩井レースなど4社合同のレースブランドで、2008年から年2回、出展しているといいます。
 エンブロイダリーレースやトーションレース、ラッセルレース、リバーレース、様々なレーステープやブレードなど高級レースを専門に扱っていて、ここ3、4年、有名メゾンからの発注が増えたそうです。
Img_47971  
 春夏がメインなので、今シーズンはとくに期待しているとのことでした。

 SHINDOは、日本を代表する服飾副資材のグローバルカンパニーです。今期PVパリへの出展を手がけたのはドイツ法人のSHINDOテキスタイル・ヨーロッパで、リボンやテープ、ブレード、レースなど、ありとあらゆるものを揃えてビッグなビジネスを展開していました。

Img_47991jpg  目に付いたのは、チョーカーのようにあしらったオリガミテープ(右写真)です。これも様々な種類が揃っています。レザーにレースを組み合わせたもので、レースはパイソン柄。洗練されていてカワイイ!
 さすがのデザイン力ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧