日記・コラム・つぶやき

2019年5月10日 (金)

志賀草津高原ルートを通る

 志賀高原からの帰路は開通したばかりの志賀草津高原ルートを通りました。白根山噴火警戒レベルが2でしたので規制区域があって駐停車禁止でした。
 山頂の渋峠は標高2,172mで日本の国道最高地点だそう。さすがにまだ寒かったです。
 雪の回廊はあっという間に通り抜けてしまったのですが、雄大な雪山の風景を楽しむことができました。

1_2

 噴気孔から白っぽい噴煙が立ち上る活火山を目の当たりにすると、やっぱり脅威、不気味です。

Imgp43681jpg

 雪の残る河原の風景が美しく印象的でした。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

志賀高原「せせらぎ遊歩道」で水芭蕉の花に出会う

 志賀高原で宿泊したホテルの近くに「せせらぎ遊歩道」という散策路があります。夕方、まだ雪に覆われているその小径を歩きました。ここは木道のある湿地帯です。足を踏み外さないように雪道を行くと、小さな沼に水芭蕉の群落があって、あの白い花が咲いていたのです。

Imgp43431

 この時期にしか見られない清楚な花です。ちょっとうれしくなりました。

Imgp43331jpg

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

令和元年の連休は志賀高原で春スキー!

 今年のゴールデンウィークは何と10連休。そこでまた春スキーをしようと、志賀高原の一ノ瀬に行ってきました。
 実は昨年のこの時期、志賀高原は雪がなくて予約を断られてしまったのです。ところが今年は例年以上に雪が多くて、雪質もまずまずの状態、その上スキー場は意外にも空いていたのです。

1_1

 焼額山山頂には「令和」の看板が立っていて、時代が変わったことを意識させられました。

Imgp42151

 久しぶりにスキー場に来て、今回はお天気に恵まれました。大自然に囲まれて爽やかな気分でした。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

Tシャツ・プリント・デザイン・コンテスト2019 グランプリ

 今年の「Tシャツ・プリント・デザイン・コンテスト2019」のテーマは、「サステナブル(持続可能)なコットン」でした。
 応募総数は701点で、その内最終審査に残った30点の中から、グランプリに選ばれたのは、36歳のフリーデザイナー、岡本麻衣子さんの作品(下)です。

Twin2019gran

 最終審査会は先月20日に大阪・綿業会館で開催され、私も審査員の一人として参加しました。
 今回は全体に洗練されたストーリー性のある力作揃いで、実は大接戦でした。その中で抜き出てきたのがこの作品だったのです。私もよかった、これならとてもステキなTシャツになる、と思いました。
 まずは抑えた色使いがエレガントです。
 次に「道しるべ(地図)」というコンセプトがすばらしい。水や光を受けて自然の中で育つコットンが循環型であることを上手に図案化しています。
 全体のバランスもよくて、大人の品格を感じました。

 岡本さん、おめでとうございます!
 
 なお、表彰式は5月10日に東京で開催される「コットンの日」記念イベントの折りに行われます。作品はTシャツにプリントして当日の出席者にプレゼントされることになっています。これも楽しみですね。

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

日本クリエイション大賞 サイバー攻撃防ぐ“攻撃遮断くん”

 日本ファッション協会主催の「日本クリエイション大賞2018」表彰式が3月12日、東京・帝国ホテルで開催されました。同時に「第13回シネマ夢倶楽部」の表彰も行われ、「映画って楽しいな」と改めて思ったことでした。
 まず「日本クリエイション大賞2018」です。今回は社会問題を解決する案件40件の中から次の4件が選ばれたとのことです。
Img_02891  大賞に輝いたのは、サイバーセキュリティサービスで国内を牽引する“攻撃遮断くん”です。右はサイバーセキュリティクラウド代表取締役の大野暉氏です。
 不正アクセスの問題は最近よくニュースになりますね。大野氏によれば毎年2,000億件ものサイバー攻撃があり、激化の一途を辿っているそうです。“攻撃遮断くん”はWEBサイトへのサイバー攻撃を可視化し遮断するサービスで、2013年のサービス開始から3年半でこの分野の国内累計サイト数・導入社数ともにナンバー1を獲得したそう。
 昨年、シアトルに会社を設立されたそうで、海外進出も着々と進められているようです。今後は個人向けにも伸ばしていきたいそうで、ほんとうにすばらしい!
 
 仕事改革開発賞を受賞したシナモンの平野未来氏にも驚かされました。「手書き文字を読み取るAIエンジン『Flax Scanner』を開発」され、「世界中全てのめんどうな仕事を無くすことが使命」といいます。漢字やひらがな、カタカナ、アルファベット、数字などの手書き文字を85~100%という高い精度で読み取ることができるとか。昨年アメリカに現地法人を設け、世界ナンバー1のAI企業の実現に向けて挑戦中だそう。
 
 この他、農業活性化賞は「イオンアグリ創造」に、教育文化貢献賞は島根県隠岐諸島の一つ、中ノ島の海士町で高校魅力化プロジェクトをスタートさせた岩本悠氏に贈られました。
 
 次に「シネマ夢倶楽部」ではベストシネマ賞にマーチン・マクドナー監督の「スリー・ビルボード」、カンヌ最高賞を獲得した「万引き家族」、「日々是好日」が選出され、「万引き家族」と「日々是好日」に出演された樹木希林さんを偲んだことが印象的でした。あの達観したような雰囲気は樹木希林さんだからこそ出せたのでしょう。ほんとうにすてきな女優さんでした。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ

 今シーズンもまた、コットン・ファッション・セミナーを下記の通り開催いたします。
 皆様のご参加をお待ちしています。

 なお、一般財団法人日本綿業振興会のHP内、「イベント」ページで、「コットン・ファッション・セミナー開催」の記事が掲載されています。https://cotton.or.jp/seminar.htmlをクリックしてご覧ください。

                   記

テーマ:「2020春夏~2020/21秋冬コットン・ファッションと素材の傾向」
講 師:柳原美紗子(ファッション・ディレクター)

日程および申し込み先
■ 大阪 4月8日(月) 2:00P.M~4:00P.M. 大織健保会館8階
  主催/協同組合 関西ファッション連合 
  申し込み先/電話06-6228-6525

■ 東京 4月10日(水) 1:30P.M~3:30P.M.  東京ウイメンズプラザホール
  共催/東京織物卸商業組合、一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会
  申し込み先/一般財団法人日本綿業振興会 電話06-6231-2665

* 大阪と東京の各セミナーは主催団体が異なります。お申込み・お問合せは、必ず直接それぞれの団体にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

「アール・デコを再考する」寄稿

 このところファッションは「ハイ・ブリッド」がキーワード。過去を振り返ってみると19世紀末のアール・ヌーヴォーに続く「アール・デコ」の時代もそうだったのですね。そこで一般財団法人日本綿業振興会発行の機関紙「COTTON PROMOTION コットンプロモーション」(2019年冬号)のコラム「マーケティング・アイ」に、「アール・デコを再考する」と題して寄稿しました。
 本紙と併せてご覧下さい。
1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

ロンドン“カナリーワーフ”ショッピングモールを訪れて

 ロンドンに来て初めて“カナリーワーフ”ショッピングモールを訪れました。ウォーターフロントの再開発地域です。私が歩くのはいつも中心部ばかりでしたから、これも一つの冒険でした。

Img_20611  駅を出ると、そこはまさに英国の摩天楼! 

 Img_20641jpg高層ビルが立ち並ぶ新ビジネス街で、見慣れたロンドンとは違う空間が広がっていました。
 右は超モダンな“カナダ”広場です。地下がモールになっていて、何でも一通り揃っていました。

Img_20691  ジュビリープレイスの地下では、「アシックス(ASICS)」のショップやH&Mの姉妹ブランド「COS」など、ファッション関連ショップが軒を連ねています。

 とはいえここは私には巨大過ぎ、早々に引き上げたことでした。今後起こるとみられる“ブレグジット(Brexit)”の影響を思いながら---。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

目白ファッション&アートカレッジ 80周年記念パーティ

 学校法人ミネルヴァ学園目白ファッション&アートカレッジが創立80周年を記念して、この2日、華やかなパーティを東京・青山スパイラルホールにて開催しました。ドレスコードが設定されたこともあり、会場は普段と違って、イブニングドレス姿やタキシードスタイルの紳士・淑女でいっぱい!

Img_0580  何と言ってもパーティのピークは小嶋昭彦理事長・校長ご夫妻のダンスでした。
 相当練習されたのでしょう。ライブバンドのミュージックに乗ってダンスされる姿は、ほんとうにすてきでした。

 同校の卒業生で「モトナリオノ(motonariono)」ブランドを手掛ける、ファッションデザイナーの小野原誠さんのコレクションも披露されました。
 女性心をくすぐるような素晴らしいドレスが次々と登場し、さすがの実力!
Img_05501 Img_05421jpg 
 
Img_05521  
 冒頭に行われた学生作品も、そのクオリティの高さにびっくり!
 アートなオリジナリティにあふれていると同時に、実際の商品として扱えるリアルクローズに仕上がっていました。
Img_05391jpg  Img_05251












 

 これも小嶋先生を始めご関係の皆様のご努力の賜物です。80周年、心より祝福申し上げます。
 思い出に残るスペクタクルな夜を堪能し、お招きに感謝しつつ---、ますますの発展を祈って会場を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

第5回ウェアラブルEXPO⑷ AIはビジネスをどう変えるか

 先般開催されたウェアラブルEXPOでのセミナーで、日立製作所フェロー 理事 矢野 和男氏による特別講演が行われました。
Img_01501  テーマは「AI(人工知能)はビジネスをどう変えるか」です。最近、AIで仕事がなくなるなどと言われるようになり、この問題への関心が高まっています。私も興味津々、受講しました。

 前半はAIの本質についてです。これまでは全てにおいて標準化が重要なテーマでしたけれども、これからは「ルール志向からアウトカム志向へ」変化する時代となっていく。こうした様々な変化に適応するにはAIがもっとも適しているといいます。
 アルファ碁が人間を制したように、AIは自ら学習して進化する頭脳になっていくというのです。ブランコや鉄棒をするAIなど、そのいくつかの例を動画で見せていただき、その能力に驚嘆させられました。倦まず弛まず同じことを繰り返していくうちに、あるときからAIは人間が思いつかないようなことを見つけて実行していくのです。スゴイ学習能力です。それまでのルールを置き換えていくとは! ちょっと空恐ろしくなります。
 後半はこのAIが人をルールから解放し、人を幸せにするというお話しでした。「えっ、それほんとう?人の幸せを測れるなんて」とびっくりです。でも実際、矢野氏のチームでは、職場で働く人たちのハピネス度を測っているそうです。そうすることで、仕事の効率がよくなり、業績が上がったといいます。
 元半導体の研究をされていたという矢野氏、ご自身の手首にリストバンドセンサーを着けて9年間、身体運動を計測して、楽観的なときと悲観的なときを比較したそうです。幸せの感じ方というのは、人によって違いますけれど、不幸せなときというのは身体行動が似通っていることを発見。その組み合わせ方で幸せ度を測ることができるといいます。それを画像で紹介していただき、なるほどと思ったことでした。

 これから人はAIで気づきを与えられ、ビジネスで成果を出せるようになるのかしら---。ハピネスは伝染するそうです。みんなハッピー、そんな風になれるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧