日記・コラム・つぶやき

2019年1月22日 (火)

2019年新年賀詞交歓会 盛会だった3団体

 2019年を迎えてファッション業界では、恒例の新年賀詞交歓会が催されました。私が出席した3団体の新年会はどれも例年を上回る人が集まり、盛会でした。今年は改元のある歴史的な年でもあり、新時代に向けて各社とも交流を深めたいという思いがあるようです。

 最初は年頭の10日に開催された日本アパレル・ファッション産業協会の新年賀詞交歓会です。いつものようにホテルニューオータニで、盛大に行われました。出席者は700名以上だったといいます。とはいえ大多数はダークスーツ姿の皆様です。このことについて日本は少しも変わっていないな、と思います。
 まず挨拶に立たれたのが北畑 稔 理事長です。お話しの中で印象に残ったのは、今月25日から日本百貨店協会と連動してスタートする「プレミアムウィンターバザール」のイベントと、もう一つSDGs(持続可能な開発目標)に向けた取り組みです。4月にCSR(企業の社会的責任)委員会を立ち上げ、“アパレルのCSR憲章”の策定を進めるといいます。
Img_98021jpg_2  次いで登壇したのが小池百合子東京都知事です。挨拶の最後に、東京五輪の暑さ対策として帽子を推奨され、これは話題になりそうと思いました。夏の帽子は今や必須アイテムのようになっていますけれど、ファッションとしてさらに活気づくことになりそうです。

 次に東京青山にあるスパイラルホールで17日に行われた日本ボディファッション協会の賀詞交歓会です。
Img_01481  塚本能交会長や来賓が挨拶された後、日本アパレル・ファッション産業協会の北畑 稔 理事長が乾杯の音頭をとられて祝宴となりました。業界トップや関係者ら約300名が集う、にぎやかな会でした。
 インナーアパレルは従来からの保温、吸湿などの機能性に加え、綿素材が切りっぱなしのフリーカットとともに支持される傾向が顕著とのお話しもあり、うれしいです。

 さらに昨日21日、東京日本橋のロイヤルパークホテルで催された西印度諸島海島綿協会の新年賀詞交歓会に出席しました。
 田中大三理事長が「今年は変化の年であり、夢と希望を持って開発に力を入れていく」と挨拶し、 次いで来賓のジャマイカ大使、リカルド・アルコック氏が「カリブ海産の綿花が減少する中で、今年度は1万ポンドの海島綿を日本に届けることができた」と日本とのパートナーシップに感謝の意を表されました。
Img_01871_2
 海島綿協会では、ジャマイカやベリーズ産のシーアイランドコットン(西印度諸島海島綿)に加えて、2016年から取り扱い始めたアメリカン・シーアイランドコットン(海島綿の種をアメリカで品種改良して栽培した超長綿)も順調に伸びている様子です。
 八木原保副理事長が述べられていたように、海島綿のますますの充実と量の拡大、認知度の向上を、私も期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

鎌倉の数寄屋造りの至宝 旧山本条太郎別荘を見学して

 海浜リゾートの街、鎌倉には別荘建築が多いのです。これはその一つ、旧山本条太郎別荘が昨年11月下旬、湘南邸園文化祭の一環として特別公開されて、訪れたときの見学記です。

Imgp32091  長谷の奥にあるこの場所は、宗教法人神霊教の鎌倉練成場「霊源閣」となっています。何なのだろうといつも不思議に思っていたこの地が、旧山本条太郎別荘だったのですね。この山本条太郎という人物は第10代満州鉄道総裁も務めた実業家だったそう。こんな風に特別公開されるまで知りませんでした。

 この別荘は、関東大震災以前の1918年(大正7年)に建造された京風の数寄屋造りで、2016年に国の登録文化財に指定されているのですね。当時の建物で現存しているのは、華頂の宮邸や扇ヶ谷の古我邸など洋風のものがほとんどですので、この数寄屋建築というのは大変珍しいといいます。Img_92061jpg  門を入って、階段を上った海抜40mの高台に建てられています。

Img_92081_2  玄関には侘びた風情の竹張りの建具になじむ、京風の雅な金襴緞子が掛かっていました。

Img_92131  数寄屋造りの大広間は京間になっていて広く感じます。

Imgp31551  広間の茶室「無畏庵」です。意外に明るい開放的な空間でした。

Img_92271  書院造の居間です。

Img_92211  小間の茶室です。約3畳で床の間に炉があります。

Img_92221_2  伝統的とは言いながら障子硝子を使うなど、モダンな好みも伺えました。

Img_92241  お庭からは由比ガ浜の向こうに小坪や逗子マリーナが望めました。

 それにしても優雅な別荘がこんなところに人知れずに佇んでいたとは! 鎌倉はやっぱり奥が深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

エコプロ2018 ⑵ 未来のサステナブルな洗濯を考える

 先般の「エコプロ2018」では同時開催シンポジウムも多数行われました。その一つが「未来洗浄研究会 設立記念フォーラム」です。これは未来洗浄研究会を設立したフューチャー・アース(Future Earth)、東京大学国際高等研究所サステナビリティ学連携研究機構(IR3S)、花王株式会社による討論会で、洗浄のなかでも「洗濯」に焦点が当てられていることに興味を持ちました。テーマは「みんなで考えよう!未来のサステナブルな洗濯」です。

 多くの日本人が洗濯好きと思いますけれど、私もそうです。お洗濯は毎日欠かさず行っています。でも大量の原料や水、エネルギーを消費し、たくさんの排水、廃棄物を出しているのも事実です。このやり方でいいのか、一度立ち止まって考えてみる必要がありそうです。

 シンポジウムでは、東京大学工学系研究科教授 平尾雅彦氏が、フューチャー・アース日本ハブ事務局長の春日文子氏やサステナビリティ日本フォーラム代表の後藤俊彦氏の講演に続き、基調講演されました。Img_93321jpg題して「洗濯の選択で創るサステナブル社会」です。私たちが洗濯をし続けるためには何をチョイスしたらいいのか、つくる人だけではなく使う人にも考えて欲しいという「洗濯」の「選択」を語り、考えさせられました。
 平尾氏はSDGsに向けて、気候変動に対し行動すべきは誰なのかについて、日本の二酸化炭素排出量の推移グラフを見せ、二酸化炭素排出量が増加傾向にあるのはオフィス部門などからの「業務その他」部門と私たちの日々の生活からの「家庭部門」であると指摘。特に家庭部門では電気を使うことによる間接排出が半分(50.9%)を占めているといいます。
 家電で便利な生活を送っている私たちですが、洗濯では縦型かドラム型か、洗剤は粉末か液体か超コンパクト洗剤か、詰め替え容器を使っているか、水は水道水かお風呂の残り湯か、乾かし方は日干しか乾燥機かなどの課題を提起、また洗剤の原料調達に関して日本でよく使われる植物油のパーム油は問題が多いことなどにも言及されました。

 この後の座談会では、かなり具体的なお話しが飛び出し、盛り上がりました。洗濯機は省エネのドラム型が来る、AIで洗剤量を自動投与するのが普通になる、汚れた水を光で分解し清浄にする洗剤も登場する、シェアリングの拡がりで企業が着た服を洗うようになるなど、洗濯のカタチが変わってくるとも。また家庭科の見直しもポイントで、産・官・学のシステムづくりへ、議論は拡大。

 かつて河川への生活排水汚染が問題視されたことがあり、洗濯への環境啓発活動が盛んに行われたことが思い出されます。それがここに来てまたしても新たな再スタート! 改めて未来洗浄研究会の有意義な取り組みに感じ入ったことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

北鎌倉の円覚寺塔頭 雲頂庵でお年始の会

 本年も新しい年の始まりは、北鎌倉の円覚寺塔頭 雲頂庵からです。
 Imgp38981
Imgp04211  お年始に伺いましたら、いつもと勝手が違って新年の会は、隣の母屋で開かれました。
 本堂は右のように跡形もなく、今まさに立て替え工事の最中でした。お話によると、昨年11月末に地鎮祭を行ったとか。竣工にはあと1年以上かかるようです。 

 ここのご住職の法話にはいつも心を動かされます。今回は「仏種」を取り上げ、身近なエピソードを交えて、ユーモアたっぷりに話されました。禅とは何かについても、改めて響くところがありました。

 また今年の予定として「円覚寺の至宝」展について触れられたことも印象的でした。これは今年4月から6月にかけて東京・日本橋の三井記念美術館で開催される予定の展覧会です。雲頂庵からもご本尊の宝冠釈迦如来像が展示されるといいます。髪を高く結い上げて冠を載せ、ネックレスを掛けている仏像で、改めてじっくり拝見し、何ておしゃれ! と思ったことでした。しかも頭部と本体胴体部は取りはずせる構造になっていて、この像の場合、本体胴体部は室町時代のものであるのに対し、頭の方は江戸後期のもので比較的新しいとか。
 展覧会が楽しみです。

 最後に法衣の袈裟を見せていただきました。これは「大げさ」という言葉のもとになったという僧侶の衣です。臨済宗のものはとりわけ大きいとは聞いていましたけれど、身体全体をおおう七条袈裟はほんとうに巨大! 纏うと、かなり重いそうです。

 こんな風にいろいろな発見があるのもご住職のお人柄でしょう。会場が工事のため手狭になったにも拘わらず、100人以上もの人が集まるというのは、円覚寺一門のお寺では珍しいといいます。  
 このご縁を大切に、この一年を歩んでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

「ヒューマンセントリックラボ 」ユーザー視点で機能を実証

 この10月末、東京お台場の「ヒューマンセントリックラボ Human Centric Laboratory(HC Lab)」見学会があり参加しました。(これは私もメンバーの一人となっているユニバーサルファッション協会商品研究会の研究の一環として、東京都立産業技術研究センターのご紹介により行われたものです。)
 ヒューマンセントリックラボ、略して HC Lab は、今年5月にオープンしたばかりの繊維製品の検査機関です。とはいえ単なる検査機関ではないことが見学を通じて理解できました。ヒューマンセントリック=人間中心というように、ここはユーザー視点で製品やサービスの機能の有効性を検証し付加価値を提供していく施設なのです。
 運営も民間で、伊藤忠ファッションシステム(ifs)とユニチカガーメンテック(UGT)の協業により設立されました。

 まずご案内いただいたのが、ifsが手がける物性評価の検査室です。
Img_84471jpg  洗濯による染色堅牢度や耐光性から、引っ張り、引き裂き、ピリングなどの物理性能、寸法変化率などを調べる機器が並んでいます。
 右は摩擦強度を計測する機器です。

 次にUGTの環境試験室を拝見しました。3室あり、それぞれ気温と湿度を調整できるようになっていて、機能性と快適性の評価が行われています。たとえば保温性や接触温冷感、温湿度センサーやサーモグラフィー装置による着用試験などです。

 中でも興味深かったのが、発汗サーマルマネキンによるシミュレーション試験でした。
Img_84541 写真はサーマルマネキンによる布団保温性などを計測しているところです。
 このマネキンは発熱するだけではなく、模擬発汗が可能で、発汗時の衣服内や寝床内の温湿度変化や放熱量を測定できるそう。たくさんの管につながれて、マネキンといえども可哀そうな気分になりました。

 また人体生理計測、つまり筋電図や心拍、脳波など様々な生理学的測定も各種とり揃えているといいます。

 HC Labではこんな風に、人と製品の間に生じる様々な課題や隠れた要求を可視化しているのですね。価値にストーリー性が求められる昨今、データ化した情報は品質保証だけではなく、消費者に有益性をアピールする材料としてもきっと役立つはずと思いました。
 それにしても東京のこんなに便利な場所にある検査機関です。訪れてみてはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

リニューアルされた今治タオル本店に行ってきました!

 先般、今治タオル工業組合のお招きで、コットンについて講演するためにテクスポート今治(愛媛県今治市)へ行く機会がありました。
 講演終了後、隣接する今治タオル本店を訪れ、そのめざましい発展ぶりにびっくり!
Img_82381
 ここは昨年春にリニューアルオープンした国内最大の店舗だそう。主軸の真っ白なタオルから色柄物、マフラーなどのタオル製品まで、タオルメーカー28社による約400種・2万点以上もの商品が取り揃えられているといいます。

 内装デザインを手掛けたのは、「今治タオル」のブランディング プロデューサー、佐藤可士和氏です。Img_82421_3「今治タオルファクトリー」をコンセプトに、タオル織機でたて糸を動かすために使われる「通じ糸」を、ブランドロゴの赤・白・青の三色に染めたアートワークがインスタレーションされていて、目に鮮やかに迫ってきます。

Img_82401jpg_2  中でもひときわ目を引いていたのが、右の「ロゴアート」タオルのコーナーでした。これは、今治タオルのロゴ配色をグラデーションで表現したガーゼ地のタオルで、やさしい感触が何とも心地いいのです。

 今治タオル本店の隣には、タオルについて学べる体感施設「今治タオルLAB(ラボ)」が併設されています。
 Img_82441  ここでまず目に飛び込んで来たのが、上の大型タオル織機です。

Img_82491_2  窓際に は、「5秒ルール」という体験コーナーが置かれていました。これはタオル片を水に浮かべて、5秒以内に沈み始めれば今治タオルとして合格というものです。
 さらに「タオルソムリエ」の資格試験を試すことができるクイズコーナーもあります。楽しみながらタオルの知識が得られるなんて、よく考えられている、と思いました。

Img_82501jpg  外では今治タオル祭りが行われていて、そのにぎわいぶりにも驚かされました。

 今治はまさにタオルのまち。タオルがすっかり市民に根付いていることを改めて実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

国際福祉機器展 信州大“着る”ロボット「クララ」4号機

 先般開催された国際福祉機器展H.C.R.2018で、信州大学繊維学部の“着る”生活支援ロボット「クララ (curara)」の最新モデル、4号機を発表する講演会が開かれました。
 講師は、2008年から長年にわたり開発に携わられている同大学繊維学部の特任教授橋本稔氏です。従来のモデルよりも軽量化、また小型化されてよりスタイリッシュに進化したクララ4号機がデモンストレーションを交えて紹介されました。
Img_72061_2  
 自分の足でもう一度歩きたい――。クララはそうした高齢者や障がい者の願いをかなえるロボティックウェアです。
Img_72021  右はそのスタンダードモデル(装着型)で、重量約4kgを実現。リハビリなどの施設での利用に向いているといいます。

 もう一つはパンツモデル(衣服型)で、パンツ部にロボットが内蔵されています。重量は約5kgですが、機器を装着しているとは思えないスマートな外観で、一度位置調整を行なえば、次回からは調整不要といいます。衣服のように穿くことができるので、住宅などでの個人利用におすすめだそう。
 (なおこの後聞いた話ですが、パンツモデルについて、フレックスジャパンが縫製をサポートするとのことです。)
 ともに専用のモバイル端末で簡単に操作でき、装着も専用の椅子に座って楽にできるようになり、一人でも使用可能になるように改良されているといいます。

 この“着る”ロボットの特徴は次のようです。
・身体を支えることはしない。支えると人はそれに頼って逆に歩けなくなる。支える機能がないことにメリットがある。
・軌道制御することで正しい歩き方を教示する。
・人の歩き方に合わせる。
・着脱が短時間でできるなど、使い勝手に優れている。
・拘束が少なく装着感がよい。
・ロボットらしくないので、生活環境に取り込みやすい。

 信州大学では昨年、このロボティックウェアの製品化と事業化を目指して、橋本稔教授を代表取締役に大学発ベンチャー「アシストモーション」を立ち上げています。医療機器としての臨床試験も始まっているそうです。今後は、さらなる軽量化と安全性、装着性に優れた量産化モデルのクララ5号機を開発し、2019年にモニター販売を行い、2020年から量産する予定であると語られました。

 今回も病院や福祉施設などから大きな手応えがあったというクララ。リハビリに取り組まれている患者さんたちに明るい希望をもたらしてくれるツールになることでしょう。ますます期待が高まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ

 今シーズンもまた、コットン・ファッション・セミナーを下記の通り開催いたします。
 皆様のご参加をお待ちしています。

 なお、一般財団法人日本綿業振興会のHP内、「Newsプレスリリース」ページに、「コットン・ファッション・セミナー開催」の記事が掲載されています。http://cotton.or.jp/seminar.htmlをクリックしてご覧ください。

                   記

テーマ:「2019/20秋冬~2020春夏コットン・ファッションと素材の傾向」
講 師:柳原美紗子(ファッション・ディレクター)

日程および申し込み先
■ 大阪 11月9日(金) 2:00P.M~4:00P.M. 大織健保会館8階
  主催/協同組合 関西ファッション連合 
  申し込み先/電話06-6228-6525

■ 東京 11月12日(月) 1:30P.M~3:30P.M.  東京ウイメンズプラザホール
  共催/東京織物卸商業組合、一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会
  申し込み先/一般財団法人日本綿業振興会 電話06-6231-2665

* 大阪と東京の各セミナーは主催団体が異なります。お申込み・お問合せは、必ず直接それぞれの団体にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

カマキリがセミを捕食! 

 夏も終わりの朝、突然、異様な羽ばたきが鳴り響きました。窓を開けてみると、梅の木の枝に何かが引っかかってバタバタ叫んでいるようです。
 それは茶色いアブラゼミでした。葉っぱにからまってしまったのかなと思い、もう一度覗いてみましたら、それは木の葉ではなくて緑色をしたカマキリでした。
Img_41851jpg_3  カマキリが大きなセミを捕食していたのです。なんて獰猛! カマキリはよく見ますが、このような光景は初めて----。セミがかわいそうですけれど、これも自然の摂理です。カマキリも秋に向けて産卵に備えているのですね。

 新しい季節に向けて生き物たちが動き出しました。私も秋支度しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

第6回ウーマン・オブ・ザ・イヤー賞に松雪泰子さん

 東京ビッグサイトで28-30日開催されたジャパンジュエリー フェア2018で、 女優の松雪泰子さんが、「ジュエリー業界が選ぶ 第6回ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

Img_41221jpg 表彰式では、3億456万円のイタリアの名門「ピキョッティPICCHIOTI」のルビー・ダイヤモンドネックレスを身につけて登場し、まばゆい美しさでした。
 松雪さんは「華やかで身が引き締まる思いです」と感想を語られました。

 主催者のUBMジャパン社長のクリストファー・イブ氏は、「チャーミングでエレガント、美しい! You look wonderful」、日本ジュエリー協会の中川千秋会長は、「外面だけでなく内面も磨かれた最高に輝いている女性」と賞賛しきりでした。
Img_41171jpg  
 トークショーでは、美の秘訣を問われて、松雪さんは「あまり頑張り過ぎないこと。生活のリズムを規則正しく整えて、生活自体を楽しんでいます」。またお気に入りの石は、「ダイアモンドで、エネルギーを与えられる」そう。さらに大切にしているのは「母からのお守りのルビーのリング」。好きなジュエリーも「リングです。石を楽しめるから」とか。
 最後に女優業について、朝ドラ「半分、青い」の母親役は、「今までにない役でしたけれど、とても良い空気感で演じられました」。「今後は古典的な演目に注目しています」などとコメントしていました。
Img_41241jpg  
 ため息が出るような美しさとは、こういう女性をいうのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧