日記・コラム・つぶやき

2019年3月18日 (月)

コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ

 今シーズンもまた、コットン・ファッション・セミナーを下記の通り開催いたします。
 皆様のご参加をお待ちしています。

 なお、一般財団法人日本綿業振興会のHP内、「イベント」ページで、「コットン・ファッション・セミナー開催」の記事が掲載されています。https://cotton.or.jp/seminar.htmlをクリックしてご覧ください。

                   記

テーマ:「2020春夏~2020/21秋冬コットン・ファッションと素材の傾向」
講 師:柳原美紗子(ファッション・ディレクター)

日程および申し込み先
■ 大阪 4月8日(月) 2:00P.M~4:00P.M. 大織健保会館8階
  主催/協同組合 関西ファッション連合 
  申し込み先/電話06-6228-6525

■ 東京 4月10日(水) 1:30P.M~3:30P.M.  東京ウイメンズプラザホール
  共催/東京織物卸商業組合、一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会
  申し込み先/一般財団法人日本綿業振興会 電話06-6231-2665

* 大阪と東京の各セミナーは主催団体が異なります。お申込み・お問合せは、必ず直接それぞれの団体にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

「アール・デコを再考する」寄稿

 このところファッションは「ハイ・ブリッド」がキーワード。過去を振り返ってみると19世紀末のアール・ヌーヴォーに続く「アール・デコ」の時代もそうだったのですね。そこで一般財団法人日本綿業振興会発行の機関紙「COTTON PROMOTION コットンプロモーション」(2019年冬号)のコラム「マーケティング・アイ」に、「アール・デコを再考する」と題して寄稿しました。
 本紙と併せてご覧下さい。
1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

ロンドン“カナリーワーフ”ショッピングモールを訪れて

 ロンドンに来て初めて“カナリーワーフ”ショッピングモールを訪れました。ウォーターフロントの再開発地域です。私が歩くのはいつも中心部ばかりでしたから、これも一つの冒険でした。

Img_20611  駅を出ると、そこはまさに英国の摩天楼! 

 Img_20641jpg高層ビルが立ち並ぶ新ビジネス街で、見慣れたロンドンとは違う空間が広がっていました。
 右は超モダンな“カナダ”広場です。地下がモールになっていて、何でも一通り揃っていました。

Img_20691  ジュビリープレイスの地下では、「アシックス(ASICS)」のショップやH&Mの姉妹ブランド「COS」など、ファッション関連ショップが軒を連ねています。

 とはいえここは私には巨大過ぎ、早々に引き上げたことでした。今後起こるとみられる“ブレグジット(Brexit)”の影響を思いながら---。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

目白ファッション&アートカレッジ 80周年記念パーティ

 学校法人ミネルヴァ学園目白ファッション&アートカレッジが創立80周年を記念して、この2日、華やかなパーティを東京・青山スパイラルホールにて開催しました。ドレスコードが設定されたこともあり、会場は普段と違って、イブニングドレス姿やタキシードスタイルの紳士・淑女でいっぱい!

Img_0580  何と言ってもパーティのピークは小嶋昭彦理事長・校長ご夫妻のダンスでした。
 相当練習されたのでしょう。ライブバンドのミュージックに乗ってダンスされる姿は、ほんとうにすてきでした。

 同校の卒業生で「モトナリオノ(motonariono)」ブランドを手掛ける、ファッションデザイナーの小野原誠さんのコレクションも披露されました。
 女性心をくすぐるような素晴らしいドレスが次々と登場し、さすがの実力!
Img_05501 Img_05421jpg 
 
Img_05521  
 冒頭に行われた学生作品も、そのクオリティの高さにびっくり!
 アートなオリジナリティにあふれていると同時に、実際の商品として扱えるリアルクローズに仕上がっていました。
Img_05391jpg  Img_05251












 

 これも小嶋先生を始めご関係の皆様のご努力の賜物です。80周年、心より祝福申し上げます。
 思い出に残るスペクタクルな夜を堪能し、お招きに感謝しつつ---、ますますの発展を祈って会場を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

第5回ウェアラブルEXPO⑷ AIはビジネスをどう変えるか

 先般開催されたウェアラブルEXPOでのセミナーで、日立製作所フェロー 理事 矢野 和男氏による特別講演が行われました。
Img_01501  テーマは「AI(人工知能)はビジネスをどう変えるか」です。最近、AIで仕事がなくなるなどと言われるようになり、この問題への関心が高まっています。私も興味津々、受講しました。

 前半はAIの本質についてです。これまでは全てにおいて標準化が重要なテーマでしたけれども、これからは「ルール志向からアウトカム志向へ」変化する時代となっていく。こうした様々な変化に適応するにはAIがもっとも適しているといいます。
 アルファ碁が人間を制したように、AIは自ら学習して進化する頭脳になっていくというのです。ブランコや鉄棒をするAIなど、そのいくつかの例を動画で見せていただき、その能力に驚嘆させられました。倦まず弛まず同じことを繰り返していくうちに、あるときからAIは人間が思いつかないようなことを見つけて実行していくのです。スゴイ学習能力です。それまでのルールを置き換えていくとは! ちょっと空恐ろしくなります。
 後半はこのAIが人をルールから解放し、人を幸せにするというお話しでした。「えっ、それほんとう?人の幸せを測れるなんて」とびっくりです。でも実際、矢野氏のチームでは、職場で働く人たちのハピネス度を測っているそうです。そうすることで、仕事の効率がよくなり、業績が上がったといいます。
 元半導体の研究をされていたという矢野氏、ご自身の手首にリストバンドセンサーを着けて9年間、身体運動を計測して、楽観的なときと悲観的なときを比較したそうです。幸せの感じ方というのは、人によって違いますけれど、不幸せなときというのは身体行動が似通っていることを発見。その組み合わせ方で幸せ度を測ることができるといいます。それを画像で紹介していただき、なるほどと思ったことでした。

 これから人はAIで気づきを与えられ、ビジネスで成果を出せるようになるのかしら---。ハピネスは伝染するそうです。みんなハッピー、そんな風になれるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

2019年新年賀詞交歓会 盛会だった3団体

 2019年を迎えてファッション業界では、恒例の新年賀詞交歓会が催されました。私が出席した3団体の新年会はどれも例年を上回る人が集まり、盛会でした。今年は改元のある歴史的な年でもあり、新時代に向けて各社とも交流を深めたいという思いがあるようです。

 最初は年頭の10日に開催された日本アパレル・ファッション産業協会の新年賀詞交歓会です。いつものようにホテルニューオータニで、盛大に行われました。出席者は700名以上だったといいます。とはいえ大多数はダークスーツ姿の皆様です。このことについて日本は少しも変わっていないな、と思います。
 まず挨拶に立たれたのが北畑 稔 理事長です。お話しの中で印象に残ったのは、今月25日から日本百貨店協会と連動してスタートする「プレミアムウィンターバザール」のイベントと、もう一つSDGs(持続可能な開発目標)に向けた取り組みです。4月にCSR(企業の社会的責任)委員会を立ち上げ、“アパレルのCSR憲章”の策定を進めるといいます。
Img_98021jpg_2  次いで登壇したのが小池百合子東京都知事です。挨拶の最後に、東京五輪の暑さ対策として帽子を推奨され、これは話題になりそうと思いました。夏の帽子は今や必須アイテムのようになっていますけれど、ファッションとしてさらに活気づくことになりそうです。

 次に東京青山にあるスパイラルホールで17日に行われた日本ボディファッション協会の賀詞交歓会です。
Img_01481  塚本能交会長や来賓が挨拶された後、日本アパレル・ファッション産業協会の北畑 稔 理事長が乾杯の音頭をとられて祝宴となりました。業界トップや関係者ら約300名が集う、にぎやかな会でした。
 インナーアパレルは従来からの保温、吸湿などの機能性に加え、綿素材が切りっぱなしのフリーカットとともに支持される傾向が顕著とのお話しもあり、うれしいです。

 さらに昨日21日、東京日本橋のロイヤルパークホテルで催された西印度諸島海島綿協会の新年賀詞交歓会に出席しました。
 田中大三理事長が「今年は変化の年であり、夢と希望を持って開発に力を入れていく」と挨拶し、 次いで来賓のジャマイカ大使、リカルド・アルコック氏が「カリブ海産の綿花が減少する中で、今年度は1万ポンドの海島綿を日本に届けることができた」と日本とのパートナーシップに感謝の意を表されました。
Img_01871_2
 海島綿協会では、ジャマイカやベリーズ産のシーアイランドコットン(西印度諸島海島綿)に加えて、2016年から取り扱い始めたアメリカン・シーアイランドコットン(海島綿の種をアメリカで品種改良して栽培した超長綿)も順調に伸びている様子です。
 八木原保副理事長が述べられていたように、海島綿のますますの充実と量の拡大、認知度の向上を、私も期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

鎌倉の数寄屋造りの至宝 旧山本条太郎別荘を見学して

 海浜リゾートの街、鎌倉には別荘建築が多いのです。これはその一つ、旧山本条太郎別荘が昨年11月下旬、湘南邸園文化祭の一環として特別公開されて、訪れたときの見学記です。

Imgp32091  長谷の奥にあるこの場所は、宗教法人神霊教の鎌倉練成場「霊源閣」となっています。何なのだろうといつも不思議に思っていたこの地が、旧山本条太郎別荘だったのですね。この山本条太郎という人物は第10代満州鉄道総裁も務めた実業家だったそう。こんな風に特別公開されるまで知りませんでした。

 この別荘は、関東大震災以前の1918年(大正7年)に建造された京風の数寄屋造りで、2016年に国の登録文化財に指定されているのですね。当時の建物で現存しているのは、華頂の宮邸や扇ヶ谷の古我邸など洋風のものがほとんどですので、この数寄屋建築というのは大変珍しいといいます。Img_92061jpg  門を入って、階段を上った海抜40mの高台に建てられています。

Img_92081_2  玄関には侘びた風情の竹張りの建具になじむ、京風の雅な金襴緞子が掛かっていました。

Img_92131  数寄屋造りの大広間は京間になっていて広く感じます。

Imgp31551  広間の茶室「無畏庵」です。意外に明るい開放的な空間でした。

Img_92271  書院造の居間です。

Img_92211  小間の茶室です。約3畳で床の間に炉があります。

Img_92221_2  伝統的とは言いながら障子硝子を使うなど、モダンな好みも伺えました。

Img_92241  お庭からは由比ガ浜の向こうに小坪や逗子マリーナが望めました。

 それにしても優雅な別荘がこんなところに人知れずに佇んでいたとは! 鎌倉はやっぱり奥が深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

エコプロ2018 ⑵ 未来のサステナブルな洗濯を考える

 先般の「エコプロ2018」では同時開催シンポジウムも多数行われました。その一つが「未来洗浄研究会 設立記念フォーラム」です。これは未来洗浄研究会を設立したフューチャー・アース(Future Earth)、東京大学国際高等研究所サステナビリティ学連携研究機構(IR3S)、花王株式会社による討論会で、洗浄のなかでも「洗濯」に焦点が当てられていることに興味を持ちました。テーマは「みんなで考えよう!未来のサステナブルな洗濯」です。

 多くの日本人が洗濯好きと思いますけれど、私もそうです。お洗濯は毎日欠かさず行っています。でも大量の原料や水、エネルギーを消費し、たくさんの排水、廃棄物を出しているのも事実です。このやり方でいいのか、一度立ち止まって考えてみる必要がありそうです。

 シンポジウムでは、東京大学工学系研究科教授 平尾雅彦氏が、フューチャー・アース日本ハブ事務局長の春日文子氏やサステナビリティ日本フォーラム代表の後藤俊彦氏の講演に続き、基調講演されました。Img_93321jpg題して「洗濯の選択で創るサステナブル社会」です。私たちが洗濯をし続けるためには何をチョイスしたらいいのか、つくる人だけではなく使う人にも考えて欲しいという「洗濯」の「選択」を語り、考えさせられました。
 平尾氏はSDGsに向けて、気候変動に対し行動すべきは誰なのかについて、日本の二酸化炭素排出量の推移グラフを見せ、二酸化炭素排出量が増加傾向にあるのはオフィス部門などからの「業務その他」部門と私たちの日々の生活からの「家庭部門」であると指摘。特に家庭部門では電気を使うことによる間接排出が半分(50.9%)を占めているといいます。
 家電で便利な生活を送っている私たちですが、洗濯では縦型かドラム型か、洗剤は粉末か液体か超コンパクト洗剤か、詰め替え容器を使っているか、水は水道水かお風呂の残り湯か、乾かし方は日干しか乾燥機かなどの課題を提起、また洗剤の原料調達に関して日本でよく使われる植物油のパーム油は問題が多いことなどにも言及されました。

 この後の座談会では、かなり具体的なお話しが飛び出し、盛り上がりました。洗濯機は省エネのドラム型が来る、AIで洗剤量を自動投与するのが普通になる、汚れた水を光で分解し清浄にする洗剤も登場する、シェアリングの拡がりで企業が着た服を洗うようになるなど、洗濯のカタチが変わってくるとも。また家庭科の見直しもポイントで、産・官・学のシステムづくりへ、議論は拡大。

 かつて河川への生活排水汚染が問題視されたことがあり、洗濯への環境啓発活動が盛んに行われたことが思い出されます。それがここに来てまたしても新たな再スタート! 改めて未来洗浄研究会の有意義な取り組みに感じ入ったことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

北鎌倉の円覚寺塔頭 雲頂庵でお年始の会

 本年も新しい年の始まりは、北鎌倉の円覚寺塔頭 雲頂庵からです。
 Imgp38981
Imgp04211  お年始に伺いましたら、いつもと勝手が違って新年の会は、隣の母屋で開かれました。
 本堂は右のように跡形もなく、今まさに立て替え工事の最中でした。お話によると、昨年11月末に地鎮祭を行ったとか。竣工にはあと1年以上かかるようです。 

 ここのご住職の法話にはいつも心を動かされます。今回は「仏種」を取り上げ、身近なエピソードを交えて、ユーモアたっぷりに話されました。禅とは何かについても、改めて響くところがありました。

 また今年の予定として「円覚寺の至宝」展について触れられたことも印象的でした。これは今年4月から6月にかけて東京・日本橋の三井記念美術館で開催される予定の展覧会です。雲頂庵からもご本尊の宝冠釈迦如来像が展示されるといいます。髪を高く結い上げて冠を載せ、ネックレスを掛けている仏像で、改めてじっくり拝見し、何ておしゃれ! と思ったことでした。しかも頭部と本体胴体部は取りはずせる構造になっていて、この像の場合、本体胴体部は室町時代のものであるのに対し、頭の方は江戸後期のもので比較的新しいとか。
 展覧会が楽しみです。

 最後に法衣の袈裟を見せていただきました。これは「大げさ」という言葉のもとになったという僧侶の衣です。臨済宗のものはとりわけ大きいとは聞いていましたけれど、身体全体をおおう七条袈裟はほんとうに巨大! 纏うと、かなり重いそうです。

 こんな風にいろいろな発見があるのもご住職のお人柄でしょう。会場が工事のため手狭になったにも拘わらず、100人以上もの人が集まるというのは、円覚寺一門のお寺では珍しいといいます。  
 このご縁を大切に、この一年を歩んでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

「ヒューマンセントリックラボ 」ユーザー視点で機能を実証

 この10月末、東京お台場の「ヒューマンセントリックラボ Human Centric Laboratory(HC Lab)」見学会があり参加しました。(これは私もメンバーの一人となっているユニバーサルファッション協会商品研究会の研究の一環として、東京都立産業技術研究センターのご紹介により行われたものです。)
 ヒューマンセントリックラボ、略して HC Lab は、今年5月にオープンしたばかりの繊維製品の検査機関です。とはいえ単なる検査機関ではないことが見学を通じて理解できました。ヒューマンセントリック=人間中心というように、ここはユーザー視点で製品やサービスの機能の有効性を検証し付加価値を提供していく施設なのです。
 運営も民間で、伊藤忠ファッションシステム(ifs)とユニチカガーメンテック(UGT)の協業により設立されました。

 まずご案内いただいたのが、ifsが手がける物性評価の検査室です。
Img_84471jpg  洗濯による染色堅牢度や耐光性から、引っ張り、引き裂き、ピリングなどの物理性能、寸法変化率などを調べる機器が並んでいます。
 右は摩擦強度を計測する機器です。

 次にUGTの環境試験室を拝見しました。3室あり、それぞれ気温と湿度を調整できるようになっていて、機能性と快適性の評価が行われています。たとえば保温性や接触温冷感、温湿度センサーやサーモグラフィー装置による着用試験などです。

 中でも興味深かったのが、発汗サーマルマネキンによるシミュレーション試験でした。
Img_84541 写真はサーマルマネキンによる布団保温性などを計測しているところです。
 このマネキンは発熱するだけではなく、模擬発汗が可能で、発汗時の衣服内や寝床内の温湿度変化や放熱量を測定できるそう。たくさんの管につながれて、マネキンといえども可哀そうな気分になりました。

 また人体生理計測、つまり筋電図や心拍、脳波など様々な生理学的測定も各種とり揃えているといいます。

 HC Labではこんな風に、人と製品の間に生じる様々な課題や隠れた要求を可視化しているのですね。価値にストーリー性が求められる昨今、データ化した情報は品質保証だけではなく、消費者に有益性をアピールする材料としてもきっと役立つはずと思いました。
 それにしても東京のこんなに便利な場所にある検査機関です。訪れてみてはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧