文化・芸術

2018年2月 7日 (水)

「パリジェンヌ展」アートとオートクチュールの緊密な関係

 今、世田谷美術館で「パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」が開催されています。パリジェンヌとはパリに生きる女性です。ここではとくに18世紀から20世紀のパリを体現する女性たちにスポットがあてられていて、展示されているのは、ボストン美術館所蔵の作品、約120点です。
Img_56221
 先日、関連イベントのレクチャーがあり、まだ雪が残る砧公園内に立置する世田谷美術館に行ってきました。
 講師は京都服飾文化研究財団理事、名誉キュレーターの深井晃子氏です。「アートとオートクチュールの緊密な関係-アメリカ女性とパリジェンヌ」をテーマに、絵画から見たパリモードとアメリカ女性との関わりなどについて語られました。

 深井氏によれば、「パリジェンヌ」とは何かというと、定義はない。けれどこの言葉が重要な意味を持つようになってくるのは、19世紀の半ば頃からで、オスマン男爵によるパリの都市改造計画でモダン・パリが出現して以降といいます。
 オートクチュールが創始され、また大西洋横断航路の定期サービスも開始されるようになり、米国人実業家たちが夫人を伴いパリに来て、美術品を収集するようになったのもこの時代でした。ボストン美術館の収蔵品も彼らコレクターのコレクションを集めたものといいます。ボストン美術館に印象派の作品が多い理由がわかります。
 印象派の画家たちは、パリジェンヌの肖像画をたくさん描いています。つまり当時のアート作品からその頃の流行が類推できるわけです。

 講演では、パリジェンヌとパリモードを読み解く鍵となる絵画が多数紹介されました。
9f3307674f1327e35e0a579d21e66940   たとえば本展のポスターにも掲載されているマネの大作「街の歌い手」(1862年頃)です。ギターを抱えたこの歌手は、流行のカシミアショールを身に着けていません。カシミアショールは庶民にはあまりにも高価で贅沢なものだったのですね。もちろんオートクチュールのモードでもありません。でも彼女は最新流行の衣装を装っています。この絵は、既製服が登場して、服の民主化が進行し、誰もがその気になれば流行のファッションを着用できるようになったことを表わしているといいます。

Im_parisienne201706_03_2  またもう一つ、ポスターに取り上げられているのが「チャールズ・E・インチズ夫人」(1887年)という、ジョン・シンガー・サージェントの作品です。この実業家夫人はボストン社交界の美女といわれた女性だそうです。もうパリジェンヌになりきったといった姿で描かれています。
 アメリカ女性にとって、パリモードはまさに憧れの的だったことを示すような作品ですね。
 他にもルノワールやドガらが描いたモデルやミューズのお話があり、改めてパリジェンヌとはどのような女性を指していうのか、知り得た気がしました。

 展覧会では18世紀のエレガンスから19世紀、20世紀のモダンシーンまで、美しいパリジェンヌたちを描いた作品が数多く展示されています。 
 これらの作品に見るパリジェンヌひとり一人の生き方を、探ってみるのも楽しいですね。今を生きるヒントが見つかるかも、と思います。
 なお開催は4月1日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~

 「歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち」が今、静嘉堂文庫美術館で開催されています。
O0393055614116026541  実は歌川国貞という浮世絵師について、私はまったく知識がありませんでした。先日、この内覧会に参加し、太田記念美術館の主席学芸員日野原健司氏や静嘉堂文庫の主任秘書成澤麻子氏、ナビゲーターの青い日記帳Tak氏によるトークショーでお話しを伺い、ほんの少しだけ国貞通になった気がしました。

 歌川国貞(1786-1864)は、美人画と役者絵の第一人者で、後年三代歌川豊国と称した人物です。常に第一線で活躍し、活動期間も50年と長く、作品数は1万点以上にも上るとか。錦絵版画をもっとも多くつくった絵師だったといいます。その点数があまりにも多いことから、それがかえって価値を低めたのではないかともいわれているようです。

 本展では、この名手の作品の中から、活き活きとした江戸の女性たちや、迫力のある役者の舞台姿を描いた錦絵を中心に、肉筆画や工芸品を含む91点を展示。またポーラ化粧美術館の所蔵品も参考出品されています。
Img_55871
 江戸の多色摺り木版画の錦絵は、写真の無い時代のファッション画です。展示品は、岩崎家のお嬢様たちが着物の柄や髪飾りなど当時の流行を知る参考のため、収集したものだそうです。きちんと画帖仕立てにされているので、展示に苦労したとのことでした。でもそれだけに美しい色が保存されていて、着物文化がリアルに伝わってきます。
 花魁たちだけではなく、市井の普通の女性たちの日常のワンシーンを捉えた描写も多く、150年前の江戸の空気感を感じました。

Img_56161  上は「今風化粧鏡」。こういうのを大首絵というのですね。
 左手前の女性は、口の周りを黒くしてしまったところ。鉄漿を付けるのに失敗した場面です。

Img_55821jpg  真ん中の絵は「蚊やき」です。寝間着姿の女性が、蚊帳の中に入ってしまった蚊を、紙燭の火で焼いている図。 よく見ると小さな蚊が描かれている、おもしろいシーンです。

Img_55901_2  右は役者大首絵として有名な五代目松本幸四郎の「仁木弾正左衛門直則」。

 反った大きな鼻が印象的です。

Img_55951jpg  江戸の劇場の様子がわかる「芝居町 新吉原 風俗絵鑑」。絹本着色の肉筆画です。

Img_56061jpg  「双筆五十三次」です。双筆というのは、二人の絵師による合作で、本シリーズは東海道五十三次の宿ごとに、前景の人物を歌川国貞こと三代歌川豊国が、背景の風景画を歌川広重が担当して、刊行されたもの。

 この他、紹介しきれませんので、どうぞ会場まで。URL http://www.seikado.or.jp/
 会期は前期 1/20~2/25、後期 2/27~3/25となっています。
 なお写真撮影は、美術館より特別の許可をいただきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

野生を見つめ直す「野生展:飼いならされない感覚と思考」

 21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「野生展:飼いならされない感覚と思考」に行ってきました。とはいえ見に行ったのは始まって間もない頃でしたので、思い出しています。
20171028_1642041
20171028_1702461jpg
20171028_1703211jpg  何しろディレクションが思想家で人類学者の中沢新一氏ですので、「野生」といっても哲学的で奥が深かったです。
 自然に存在する諸々が、ときに自然崇拝のかたちで、またときに民族色豊かに、モダンアートの大作から縄文土器や土偶まで、様々な事象で展示されています。

20171028_1706561  
 上は「丸石神」。山梨県の山村で縄文以来ずっと祀られている道祖神です。
20171028_1644201jpg  中沢氏によると、これこそ野生的なもののエレガンスの象徴だそう。

 コーワのカエルのマスコット、ケロちゃんとコロちゃんもあって「何、これ!」。
 ビックリするようなものも出ていました。

 明治時代の日本が生んだ大博物学者、南方熊楠の粘菌資料も出品されています。これは熊楠研究の第一人者、中沢氏一押しの展示で、熊楠のような「野生」の能力こそ、創造力に大きな刺激を与えるきっかけになるといいます。
 撮影はこのコーナーのみ禁止、あとはすべてフリーです。
 
 最後に映画も上映されています。20171028_1702141
 「野生の現出」と題した作品で、制作は漫画家のしりあがり寿氏です。撮影場所は多摩川の河川敷で、生い茂る草の間から時折、白い服を着た人がヌッと現れます。その人物は何と中沢新一氏!(上の写真はそのヒトコマ) 演出がいかにも「野生」といった感じで興味深かったです。
 なお開催は2月4日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

パリで「アーヴィング・ペン回顧展」 奥深さに感動

 パリのグラン・パレで今月27日まで、「アーヴィング・ペン回顧展」が開催されています。昨年ニューヨークのメトロポリタン美術館で、その生誕100年記念展として行われた展覧会で、昨秋パリにやって来ました。私はそのときに見たのですが、現在はかなり長い行列ができているようです。
Img_26411 アーヴィング・ペンといえば20世紀最大の写真家の一人です。三宅一生のモード写真でも有名ですね。ファッション関係者なら、誰もがペンの写真を見たことがあると思うのではないでしょうか。

 会場入口のペンのプロフィールを見て、中に入ると、そこにはモノトーン写真がずらり。
 まずはその静謐な奥深さに感動させられます。色がない方が形を浮かび上がらせる効果があるようです。

Img_26461jpg
Img_26591jpg  ヴォーグ誌のカバー写真は、まさに珠玉といってもいい存在感を放っていました。
 クリスチャン・ディオールを始めとする、見慣れたファッション写真を次々に目にし、どこか郷愁のようなものを感じながら鑑賞しました。

 右は、ロシャスのマーメイドドレスを装うリサ・フォンサグリーヴス・ペン。
 何度も登場する美人で、スウェーデン出身の元祖スーパーモデル、ペンの妻となった女性です。

Img_26791jpg
 Img_26731jpg次に業界を代表するセレブたちのポートレート写真コーナーがあります。
 オードリー・ヘップバーンやイヴ・サンローラン、ピカソなど、おなじみの顔ぶれがそろっています。

Img_26651  また名も知れない労働者たちを写したものも多く、不思議な親近感を覚えたりしました。

 二階は、ペンの幅広い活動がわかる展示構成になっていました。
Img_26991
 奇妙な花(右はケシの花)やヌードから、アフリカやニューギニアあたりの未開部族を題材にしたものなど様々です。

Img_26971  中でも面白いと思ったのが、タバコの吸い殻の写真です。
 このようなものも、ペンの手にかかれば立派なアートになるのですね。

Img_26831pg  上は、奥に見えるのが、道端でタバコの吸い殻を探すペンの姿を写した写真。その手前に愛用の一眼レフが展示されていました。

 この他、たくさんあり過ぎて語り尽くせません。

Img_27301
 モードに限らず世相を幅広い視点でとらえたアーヴィング・ペン、その人物像を改めて見つめ直した展覧会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

パリで開催された「スペイン民俗衣装展」 職人技に驚嘆

 昨年9月のパリでは、「スペインの民俗衣装展」がヴォージュ広場にあるヴィクトル・ユゴーの館で開催されていました。
 これはガリエラ宮パリ市立モード美術館による「スペイン」をテーマにした展覧会で、ヴィクトル・ユゴーが大のスペイン好きであったことから、この会場が選ばれたのだそうです。
Img_15641jpg  
 展示されたのは、マドリードにある服飾博物館(Museo del Traje)所蔵の18世紀末から20世紀初めのスペインの伝統的な衣装や装身具およそ40点で、パリでは初披露だったといいます。
Img_15721   
 スペインのカナリア諸島からアンダルシア、カタルーニャ、マヨルカ、アラゴン、Img_15681jpg_2 カスティーリャ、サラマンカなど、各地域に伝わる生活を反映した衣装が中心で、ブライダルやお祝いのドレスも数多く見られました。
 とくに刺繍やブレード、プリーツなど、バラエティに富んだ繊細な職人技がすばらしく、驚嘆しました。

Img_15771_5  あのオートクチュールの巨匠、バレンシアガも大いに影響を受けたといいます。

 今日ではもうないオリジナリティあふれる希少なドレスの数々です。現代ファッションにきっと新しい息吹を吹き込まれて迎えられる、と思ったことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

デイヴィッド・ホックニー回顧展 フォトコラージュに注目

0817_paae_davidhockney_1_3 昨年9月に訪れたパリで、ポップアートの巨匠、デイヴィッド・ホックニー回顧展を見にポンピドゥー・センターへ行ってきました。   
 ホックニーといえば、ファッションに多大な影響を与えてきたアーティストです。
  このところ、ファッションアイテムで人気のパッチワークやコラージュ、またテキスタイル1_4のニードルパンチの隆盛は、ホックニー作品の影響では、と思っています。

 そこでフォトコラージュに注目しながら、巡りました。
 とくに終盤にあった「四季」の風景をテーマにしたコラージュビデオはすばらしかったです。

  色使いも明るくて美しい。とくにブルーは目が覚める美しさです。カリフォルニアの海や空を思わせ、気分が高揚しました。
 
 最後、出口の壁にあった「Love Life」のサイン入りメッセージを見つけ、さすがの余裕と思ったことでした。80歳でご健在というホックニー氏、人生を大いに楽しんでいるようです。

Img_16712jpg_2
  写真は撮影禁止で、残念!

 なお本展は現在、ニューヨークのメトロポリタン美術館に巡回中です。開催は2月25日までとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

パリ「メデューサ展」でティナ・チャウの作品もあった!

 私は昨9月にも訪パリしています。その頃、このブログで書き切れなかった事柄をここに書き記しておきたいと思います。

 昨年9月半ば、突然の風雨に襲われ、これを避難するように訪れたのがパリ市立現代美術館でした。Medusajewelleryexhibitionparismus_2 ここでは「メデューサ、ジュエリーとタブー(Medusa. Bijoux et tabous)
展」が開催されていました。

 「メデューサ」はギリシア神話に登場する蛇の髪を持つ女の怪物です。タイトルのように蛇を題材にしたジュエリーは、やはりたくさん出品されていました。

 高級宝飾品ブランドでブルガリといえば、蛇がシンボルです。それは蛇がメデューサの知性と生命力、官能の象徴といわれているからなのですね。
Img_14261jpg_2
 副題に「ジュエリーとタブー」とあるように、本展はジュエリーにまつわるタブーを解明しようという意図のもとに企画された展覧会でした。 400点あまりのジュエリーは、小さな彫刻のようです。Img_14361jpg身体を飾る装飾という以上のものが、たくさん出ていました。

 右は、ポスターの表紙にもなっていたダリのリップモチーフのジュエリーです。唇にルビー、歯にパールをあしらったデザインが、ダリらしい!

Img_14351  シュールなのはダリだけではありません。マン・レーやデ・キリコら、多くのアーティストのクリエーションも見られました。

 日本で60年代から70年代にかけてファッションモデルとして活躍したティナ・ラッツこと、ティナ・チャウの作品も展示されていました。
Cid_4af2b3f006174073a8111ce8d5070e9  それは右写真の竹製ブレスレットです。
 半透明のローズクォーツ(紅水晶)がはめ込まれています。
 (なお、この写真はパリ在住の友人、たかえさんが送ってくれたものです。)

 ティナは大富豪のマイケル・チャウと結婚し、ティナ・チャウと名乗ります。でもエイズに侵され41歳の若さで亡くなりました。
 美しくてセンスがいいというばかりではなく、このようなアートの才能もあったのですね。改めてティナを偲び、当時のファッションシーンを思い出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

旭硝子「FEEL! GLASS」展 尽きないガラスの魅力

 先月11月20日~26日、東京・表参道ヒルズで開催された旭硝子創立110周年記念「FEEL! GLASS」展の内覧会に招かれ、行ってきました。これは同社が長年にわたりイタリアのデザインの祭典「ミラノ サローネ」で発表した作品を集めた企画展です。
 そのとき見たガラスのアートがあまりにも美しく、興味を覚えたことが思い出されます。もうガラス好きにはたまらない、尽きない魅力がありました。

Cimg08711  会場を入ると、まずは2015年のGLACIER FORMATION (グレイシアフォーメイション)です。
 高さ約3mのガラスの迷路になっていて、氷河をイメージさせます。


 この空間を抜けると、目の前に広がるのが、2016年のAmorphous (アモルファス=一定の形を持たない非晶質)という作品です。
Cimg08371
Cimg08401jpg  夜空の星のようにキラキラと輝き、色彩を変化させながら流れ行く、何とも幻想的なクリエーションで、目がクラクラします。
 これまでのガラスのイメージを覆す、薄く軽やかなガラスを用いて、つくり出されているとか。
 光りを透過し反射する、まさにガラスならではアートです。

 また2017年のTouch (タッチ)は、ガラスの触感を体験するインスタレーションで、太鼓型のオブジェを叩いて楽しめます。
Cimg08461_2 
 この他、ガラスの未来にインスピレーションを与える様々な作品が展示されていました。
 ガラスのすばらしいアートを、堪能したひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

「キモノロボット展」 着物を最先端技術で表現した展覧会

 今月初旬、「キモノロボット展」という、着物を最先端技術で表現した展覧会が、東京・表参道で開催されました。

  神秘的な暗闇の中から浮かび上がってきたのは、振袖を着たロボットです。時折頭や手を動かしています。バックにはアイスランドを代表するアーティスト、ビョーク(Bjork)がこの着物をまとって登場するミュージックビデオが流れていました。

 華麗な振袖は、京友禅の老舗「千總(ちそう)」が制作した「束熨斗文様振袖(たばねのしもんようふりそで)」です。江戸時代に生み出された様々な染織技法を用いて、現代の職人が2年かけて復元した作品といいます。
 Img_50801
 その周囲にはこのロボットを囲うように12点の着物が、展示されています。Img_50831_2

  京友禅に加賀友禅、西陣織、それに大島紬、阿波しじら織、小千谷縮、江戸小紋、浪華本染浴衣、有松鳴海絞り、いずれも逸品ぞろいです。

 これらに魅せられたという現代ファッション写真の巨匠、ピーター・リンドバーグや、Img_50931 ファッション・スチールで有名な日本人写真家の土井浩一郎らも、斬新な演出のヴィジュアルで華を添えていました。

 まさに「伝統は未来へのインスピレーション」ですね。改めて着物文化を再発見した展覧会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

デザイナート 「普通とは何か」テーマにデザインイベント

 このブログ2017.12.6付けでご紹介した「デザイナート(DESIGNART)」では、この10月、都内各所で、秋のデザインやインテリアアート関連のイベントが開催されました。
 実はこのイベントはこれまで毎年外苑前絵画館で行われてきた東京デザインウィークを刷新したものです。昨年学生の作品が発火して、5歳の男の子が死亡するという痛ましい事故が起こったことは記憶に新しいところですね。そこで今年はこれを中止し、心機一転、デザインとアートの祭典「デザイナート(DESIGNART)」として再スタートしたのです。

 様々なイベントが開催されるなか、私が注目したのがインテリアライフスタイルショップ「シボネ アオヤマCIBONE Aoyama」で催された「普通とは何か What is normal」をテーマにしたコレクション(「エル・デコ」主催)でした。デザインの発展のためには、normalを打破し、新しい普通をつくっていくことが重要という趣旨のエキシビションが二つ行われていました。
 一つは「Merci meets CIBONE」で、パリのセレクトショップ「メルシー」のテーブルウェア“LA NOUVELLE TABLE”コレクションです。
Img_41891
Img_41831   とくに同ショップのアーティスティック・ディレクターでコレクターとしても名高いダニエル・ローゼンストロック(Daniel Rozensztroch)氏のスプーンコレクションから厳選200本の展示があり、珍しい貝のスプーンなど大変興味深かったです。 

 もう一つはベルトイアン・ポット(Bertjan Pot)のロープワーク展です。
Img_42022_2
 本邦初のお披露目だそうで、しなやかなロープを使い自由自在に様々な表情の人の顔を表現しています。このアートワークは、このようなマスクだけではなく、様々な場面に使えそうで、可能性が広がります。
 子どもたちが面白そうに見ていたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧