文化・芸術

2024年3月23日 (土)

ポンピドゥー「外見の越境」展 アートとファッションの対話

 パリのポンピドゥー・センターで、「外見の越境 (La traversee des apparences) ~アートを通じたファッション」展が開催されています。
Chefsoeuvreducentrepompidou  ポンピドゥー・センターは現代アートを中心とした総合文化施設で、2025年から2030年まで修復工事のため閉館となるとのことです。本展は、その前に人気のファッションイベントに乗り出して、印象を残しておこうと企画されたといいます。

 20世紀初頭から、アートとファッションは絶え間ない対話を続けてきました。たとえばオートクチュールの先駆者の一人であるポール・ポワレは、ロベール・ドロネーやアンドレ・ドラン、コンスタンティン・ブランクーシ、パブロ・ピカソ、ラウル・デュフィなどのアーティストと交流した最初の一人でもありました。それ以来、行き来は決して途切れることなく、お互いを養い合ってきました。この流れは近年、ますます強まり、今や融合といってもよいような状況を創り出しています。 

 展覧会はこのアートとファッションの密接な関係に焦点を当てたもので、ポンピドゥー・センターの中核である近代美術館が収蔵する最高傑作と17人のファッションデザイナーの作品が対話する、絶妙な演出になっていました。
 そこにはキュレーターであるジャーナリストで作家のロランス・ベナイムのポンピドゥー・センターのコレクションに対する新しい視点が感じられました。実際、彼女は次のように述べています。「これはファッションと現代アートの類似性だけでなく、それらが作品同士で対話し合い、相互に影響し合う関係や内面的なつながりを追求することを目指す試みです」と。
 たとえば、ジャン=ポール・ゴルチエのシルバーのコルセットと、シュルレアリストの画家ウィルヘルム・フレディのエロティコ・ブラスフェミックな絵画とを対比させたり、マリン・セールのネオ・フューチャリストなルックと、マルセル・デュシャンの「故障した機械」と対置させたり。またアンリ・マティスのフォーヴィスムのパレットとイヴ・サンローランのエレガンス、ロベール・ドロネーの幾何学的狂気とシャルル・ド・ヴィルモランのサイケデリックなポップとの融合、さらにマルク・シャガールの「エッフェル塔の花婿花嫁」がイリス・ヴァン・ヘルペンの彫刻的なシルエットと一緒に舞い踊っていたり、マーシャル・ライスの金属製の肖像画がアルベール・エルバスと交差したり、ジョルジオ・デ・キリコの形而上学的な作品がマルタン・マルジェラの大胆さと組み合わさっていたり---。

 とくに注目は下記、日本人デザイナーの作品との対話でした。

Img_42881

 左 Francis Picabia 右 Comme des Garcons (川久保 玲)
  色彩や音、情報の洪水に圧倒されたため、モノクロームの静けさを求めた川久保 玲。彼女のコレクションは黒がベースです。またピカビアの「Udnie(若い女性、ダンス)」は、その音楽の中から川久保に着想した服を着た踊り手が飛び出してくるような印象がありました。

Img_43511jpg

 左 Issey Miyake 右 Hans Hartung
 三宅一生の作品は、先進技術による軽やかなボリュームで、素朴で詩的な美しさを表現しています。彼の作品は未来を原始の夜へと連れ戻し、永遠へと回帰させます。それは戦争で片足を失ったハンス・ハルトゥングの黒い手のひらや、ハンスが幼い頃に雷を描いていたことと共鳴しているように思われました。

Img_43621

 左 Kazuo Shiraga   右  Yohji Yamamoto
 白髪一雄は、足でキャンパスに絵を描く抽象画家で、絵画は彼にとって色との身体的な闘いです。一方、山本耀司は強い黒を使い、「包み込むような」傷だらけの表現をします。1981年のパリのデビューショーでは、裸足のモデルが生地を使い古したような服を着用しました。そのコレクションには、アンドロジナスな黒のフロックコートがあって、確かに白髪の絵画との類似性を感じさせられました。

 展示では、異なるものが引き合いながらも、親和性を表現し、異なるスタイルや時代間の関係がうまく調和していました。

 改めて、ファッションが芸術的表現であることを確認した展覧会。会期は4月22日までです。

| | コメント (0)

2024年3月21日 (木)

「建築家の息吹」展 人間と自然の関係に焦点を当てて

 パリのカルティエ財団現代美術館で開催されている「建築家の息吹(Breath of an Architect)」展が好評と聞き、見に行ってきました。 
 展覧会はインドのスタジオ・ムンバイの創設者である建築家ビジョイ・ジェインがカルティエ財団のために制作したものでした。スタジオ・ムンバイと言えば、職人による手作業で知られるインドの建築事務所です。人と自然の関係に焦点を当て、アート、建築、素材のつながりを追求する作品を生み出しています。

 メインホールには、全体を手編みの竹紐で編み上げた小屋が建てられていました。床に敷かれた泥は牛糞を混ぜたものとか。中央には糸を巻き付けた球体が置かれています。

Img_30301_20240410193801  これは火、水、空気、土の四大元素で表現されたパビリオンだそう。

Img_30321_20240410193801   この巨大なオブジェはヒンズー寺院の沐浴池をイメージしているとか。フランス産のチョーク材でつくられていて、その上に赤い線画が描かれています。

Img_30471  地下の展示室には、動物の姿を象った石の彫刻がごろごろ。

Img_30421  壁には牛糞泥を使ったファサードに彩色した作品が装飾されていました。

Img_30681  外に出ると、本館とガーデンの間にも不思議な彫刻が立っていて、よく見ると柔和な顔立ちです。仏像のようでもありました。

 この他、いろいろ。

 緑に囲まれた静寂な空間で、タイトルに「息吹」とあるように、建築家の息づかいが聞こえてきそうでした。
 昔の日本もこうだったのでは、と思う、どこか懐かしい気持ちになって帰路につきました。

| | コメント (0)

2024年3月20日 (水)

パリのシテ科学産業博物館で「貴重な廃棄物」展

 パリ市北部のシテ科学産業博物館(La cite des sciences et de l'industrie e)で、「貴重な廃棄物 (Precieux dechets)」展が開催されていました。これは2021年秋にロンドンのデザイン博物館が企画した展覧会「廃棄物の時代:デザインに何ができるか?(Waste Age: What Can Design Do?)」の巡回展です。
 本展は毎年世界中で20億トン以上ものごみが生成されるという現実に対する認識を高めることが目的とのこと。また、デザインの世界がこれらのごみを貴重な資源に変え、将来の無駄を減らす方法を考える手段としてどのように活用しているかを示す狙いもあるといいます。

 プラスティック廃棄物のリサイクルなど、様々な作品が展示されている中で、ファッション関連の作品は少なかったのですが、そのいくつかをご紹介します。

Img_29731  右は、ステラ・マッカートニーのコート(2021年秋冬)です。
 ステラは、設立当初から「サステナブル」を推進し、地球環境や動物愛護に前向きな姿勢で製品を作り続けているセレブに愛されているブランドです。
 創業以来レザーやファーを一切使用していないといいます。
 コートの素材は、米国デュポン社が開発した植物由来のSORONAで、さまざまな機関の認証を得ているサステナブルな高機能材料だそう。

 ミュウチャ・プラダによるネオプレンのコート(1995年)です。
Img_30221pg

 ネオプレンの素材はリサイクルナイロン68%、ポリエステル25%、スパンデックス5%。

Img_29801_20240410171001

 どれも循環型経済を考えた作品展示で、ごみゼロ社会を訴求していました。

| | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

「イリス・ヴァン・ヘルペン 感覚を彫る」展 圧巻の没入感

 パリの装飾芸術美術館でイリス・ヴァン・ヘルペンのメゾン15周年記念回顧展「Iris van Herpen. Sculpting the Senses(イリス・ヴァン・ヘルペン、感覚を彫る)」が開催されています。私は渡仏する直前に事前予約し、見に行くことを楽しみにしておりました。
 期待通り、圧巻の素晴らしさでした。イリスの世界にすっかり没入し、しばらくは夢見心地で歩いていたのを思い出します。
 展示されていたのはパリのオートクチュール週間で発表したコレクション、約100点のコスチュームが中心です。そこにイリスとコラボレーションしているアーティストの作品、珊瑚や蛇などの化石が加わり、ファンタジーと神秘に満ちた演出を盛り上げていました。

Img_28061_20240410151801
 イリスはアレクサンダー・マックィーンに師事したとはいえ、もうファッションデザイナーというよりもアーティストです。そのテクノロジーと職人技術を駆使した緻密なクリエイションはファッションデザインの域を超えています。会場にはタイトルにある「感覚を彫る」の言葉にふさわしい実験的アプローチあふれる作品がいっぱい。目くるめくようなインスタレーションに圧倒されました。

 中でも注目したのが、日本との繋がりを感じさせる作品です。
 Img_28041_20240410151901
 上は、「水と夢」のコーナーで見た「フローズン・フォールス」と名付けられたドレス(2018年)です。日本の小紋工房のオーガンジー、ポリエステルフィルム、チュールが使われています。

Img_28111 Img_28951
 あちこちに日本の墨流しの技法も見られました。

Img_28811
 江戸時代の武将の鎧も出品されていてビックリ(写真左)。日本への関心の高さが窺われて、嬉しくなりました。

Img_29181 Img_29161jpg

 Img_29101_20240410151901
会期は4月28日まで。パリへ行ったら必見の展覧会です。

| | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

「ファッションとスポーツ ~表彰台から別の表彰台へ~」展

 数か月後に開催されるオリンピック準備が進むパリです。装飾芸術美術館ではこの一大イベントにちなんで「ファッションとスポーツ ~表彰台から別の表彰台へ~」展が開かれていました。
1_20240409153601
 右は、本展のポスターです。
 テニスするモデルは、協賛企業の一社であるラコステがデザインしたクリノリンスタイルのポロ・クチュールドレス(2023年)を着用しています。
 古代ギリシャから始まり、現代まで、進化するスポーツウェアの歴史を紐解く壮大な展覧会でした。

Img_26631_20240409155101  左は、1912年のストックホルム大会、右は、1924年のパリ・オリンピックのポスターです。今年のパリは何と100年ぶりの貴重な大会!となります。
 この間、スポーツは一般大衆に浸透し、ファッションと融合し、今ではモードの先導役として、確固たる地位を獲得しています。
 
 数多くの展示作品の中から、とくに気になったものを紹介します。

 Img_27171 Img_27021_20240409160101














 左は、1900年のサイクリング用アンサンブルです。ネクタイにはサイクリストの刺繍が施されています。
 右は、1900年の水着で、チュニックとブルーマースがセットになっています。ウールツイルの織物製です。
 
 大ホールには、今日のトレンドをリードするラグジュアリーブランドが集結していました。Img_28021
Img_27731 Img_27891  

 

 

 

 

 






 左は、アレクサンダー・マックィーンの1999年春夏コレクションから。義足のモデルでアスリートとして知られるエイミー・マリンズが着用したコルセットとスカート、ヴィクトリア風のブーツのセットです。
 右は、コムデギャルソンのサッカーボールをイメージしたドレスで、2009年プレタポルテコレクションからのものです。

Img_27811 Img_27771_20240409153801




 








 左は、コシェとナイキのコラボレーションによる2019/20年秋冬コレクション。
 右は、JWアンダーソンによる2023年春夏コレクションで、スケートボードを胸にのせた大胆なデザインです。

 他にもいろいろ。

 ファッションは今、「快適さ」への傾向をさらに強めています。この意味でも本展は現代ファッションにスポーツの要素がいかに重要かを示す展覧会だったと思います。

| | コメント (0)

2024年3月17日 (日)

「アライア/グレ モードの彼方に」展 似ている二人

 アズディン・アライア財団ではアライアとマダム・グレが初めて一堂に会した展覧会、「アライア/グレ モードの彼方に」が開催されていました。
 Img_26531_20240405215501
 Img_26191 二人のドレスは対に並べられて、まるで対話をしているようでした。この二人は実は一度も出会ったことがなかったといいます。でもこのようにディスプレーされると、とてもよく似ていて、作品解説プレートを見ないと区別がつきませんでした。アライアはマダム・グレに相当、親近感を持っていたのでしょう。
 写真左は、グレ シルククレープのカクテルドレス 1956年春夏オートクチュールコレクション、右は、アライア シルクシフォンのドレス 1990年春夏オートクチュールコレクションです。
 デザインと製作のすべてをマスターした最後のクチュリエと言われるアライアですが、一方で彼は偉大なコレクターでもあったのですね。アライア財団の目録には、マダム・グレのドレスが700着も収められているといいます。彼がいかにマダム・グレの仕事を尊崇していたかが分かる数字です。
 実際、マダム・グレが1930年代以降、芸術の域に高めたドレープ技術を、アライアはロングプリーツドレスに具現化しています。グレはドレープで、アライアはカットで、流れるようなシンプルなドレスの傑作を生み出しました。
Img_26061  また二人は彫刻家を目指していたといいます。展示されていた60点の作品にはそこかしこにその片鱗を見ることができました。それは彫刻家のように身体の形を切り出した、浮き彫りの彫刻のようなドレスです。
 まさに時代を超越したドレスの数々、圧巻の美しさでした。
 写真左は、グレ シルクファイユのカクテルドレス 1960年代のオートクチュールコレクション 右は、アライア ロングドレス 2017年秋冬オートクチュールコレクションです。

 最後に、今回から2階に展示室ができていて、その丸窓からアトリエを見ることができました。

Img_26401  上が初公開されたアトリエ風景です。

| | コメント (0)

2024年3月14日 (木)

Mr. 個展「それを呼び起こせば 花が咲く」日本ポップの衝撃

 パリのホットスポット、マレー地区のギャラリー・ペロタンで、Mr. の新作個展「Invoke It and a Flower Shall Blossom それを呼び起こせば 花が咲く」展が開かれていました。

Img_25781
 Mr. はカイカイキキの村上隆のアシスタントからスタートし、オタクの代表的存在となり、絵画や水彩画、彫刻、インスタレーション、映画、写真など幅広いメディアで活動しているアーティストです。ギャラリー・ペロタンでは8回目となる展覧会で、現代日本のポップな美学がフランスで衝撃を呼び起こしていることに改めて感動しました。

 フランスの美術評論家でジャーナリストのステファニー・ルモワーヌ氏は、これについて下記のようなレビューを掲載されています。
 「この日本人アーティストの作品は、フランス人にとって非常に親しみやすいものとされています。彼の作品は、1980年代以来、アメリカの作品とほぼ同じくらい青少年文化に影響を与えてきたアニメーション映画、アニメビデオ、ゲーム、マンガのイメージを豊かに再構築してきました。この視覚的な影響は、ヨーロッパにおいても非常に古い遺産として認識されています。実際、それは19世紀後半に浮世絵がヨーロッパで発見された際に引き起こした衝撃を再び思い起こさせるものです。日本の現代美術には、これらの美学が隔たりなく結びついています。1990年代には村上隆がスーパーフラット運動を提唱しました。この運動は、青少年文化に固有の美学を認めながら、二次元性から出発し、日本画や仏教図像の巨匠たちの遺産を引き継ぎ、現代美術シーンに重要な影響を及ぼしました。」

 展覧会ビデオもご覧ください

| | コメント (0)

2024年3月12日 (火)

パリは地下鉄もアートの場 変身したシャトレ駅のホーム

 長らく工事中だったシャトレの駅です。久しぶりにメトロに乗り、降り立ったシャトレ駅のホームは、すっかり変身していました。ストリート・アーティストらによる都会的な作品に生まれ変わっていたのです。
 Img_25541 Img_25521_20240404120101
 長さ70メートル、高さ3メートルの2つの印象的なフレスコ画は、カラフルな色彩と熱帯植物をグラフィカルに組み合わせた大作で、壮観でした。
 芸術の都パリは、地下鉄もアートの場です。

| | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

パリで「明日は中止です Demain Est Annule」展

 地球環境危機が叫ばれる中、今、パリで衝撃的なタイトルの展覧会が開かれています。題して「明日は中止です Demain Est Annule」です。この「明日はない」と言う意味の言葉に惹かれて、事前予約して訪れました。場所は7区レカミエ通りの袋小路にあるリノベ―ションされた空間です。広さ550㎡のこの空間の所有者は自然エネルギーグループEDF財団で、主催者も同じ財団です。
 これはアートとサイエンスの両方を兼ね備えたキュレーター集団によってデザインされた企画展で、副題は「アートと質素さ(簡素な生活)に関する視線」です。そのキーワードは「禁酒」で、アルコールや薬物依存症は急激な気候変動と関係があると言われています。
 中に入ってみると、タイトルに「Demain Est Annule」と取り消し線の横棒が入っていることに気づきました。「明日はないのではなくて、ある」と、希望を抱かせられたことでした。

 展示されていたのは、23人のアーティストによる作品です。それらが次の四つのセクション ―― 不確不実な道、すべての人のための世界、精霊の国 、そして進歩の道 ―― で構成されていました。いずれも現代の消費社会や生活習慣への風刺や問題提起の姿勢を感じさせるものばかり。ブラックユーモア的なインスタレーションもたくさん見られ、興味深かったです。
 とくに気になった下記2つを紹介します。

 一つは展示室中央に設けられたインスタレーションです。これはビアンカ・アルギモンによる『禅の庭』と名付けられた作品で、ビジネスマンたちを皮肉っています。真っ白な小石の庭で、頭を埋もれさせ、手や足を突き出したスーツ姿の一団は、もしかして日本人をイメージしているのではと、ギョッとさせられました。
 Img_25281_20240404113201
 将来が不確実になる一方の社会で、単にドライ・ジャニュアリーと断酒してもそれだけでストレスは晴らせません。でも作家はこの作品で、「私たちは砂に頭を埋めるのをやめなければならない」という雰囲気をはっきりと打ち出していました。印象的な逸品と思いました。
 
 もう一つはジョーダン・ロジャーの『Burn Them All』です。一見バービーランド、あるいはディズニー ワールドの世界からそのまま出てきたような陶器のおとぎ話の城です。でもよく見ると、きれいなキャンディー色の建物は崩れ落ち、炎が上がっているのがわかります。

Img_25271_20240404112701
 この作品は、2022年に可決されたフロリダ州の「ゲイと言うな」法に触発されたものとのことです。小学校で教師が性的指向や性自認に関して話すことを事実上禁止する法案で、同性愛を否定する「キリスト教原理主義者」とも呼ばれる福音派にアピールするために、米保守派議員が提出したものとか。ディズニーはこの法案に反対声明を出しています。
 この他、夜に咲く「たんぽぽ」のミステリアスな映像など、多数。

 「未来を書き直して欲しい、視点を変えてもらいたい」と問いかける展覧会で、考えさせられる内容にちょっと身が引き締まる思いがしました。会期は9月までと長いので、またパリへ行ったら訪ねてみようかと思っています。

| | コメント (0)

2024年3月10日 (日)

パリ「ボン・マルシェ」 四角テーマにダニエル・ビュラン展

 この2月初めにパリを訪れ、最初に行ったのがデパート「ボン・マルシェ」でした。この時期は毎年、現代アーティストによる展覧会が開催されています。今年はストライプ柄でおなじみのコンセプチュアルアーティスト、ダニエル・ビュランによるインスタレーションでした。
 テーマはAu Bon Marche(オー・ボン・マルシェ)をもじった「Aux Beaux Carres(オー・ボー・カレ)」で、カレとは「四角」の意味。ボン・マルシェのガラス屋根から連なる夥しい数の正方形にライトを当て、反射する光と色のグラデーションを楽しむ趣向です。

Img_24721
 美しい光の色が降ってくるアートの下で、ショッピングとは何とステキ!な空間と思いました。

Img_24611
 3階の展示会場ではブルーとイエローと鏡のスクエアを組み合わせたインスタレーションが待っていて、しばしの没入感を体感しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧