ファッション・アクセサリ

2018年1月10日 (水)

パリで「あの服」展 神田恵介と森永邦彦の新プロジェクト

 昨年9月半ば、パリにいた私は、パリの日本文化会館で開催されていた「ANOFUKU(あの服)」展にも行ってきました。

 これはファッションデザイナーの神田恵介と森永邦彦による新プロジェクトで、昨年9月から10月にかけて行われていたものです。
 二人は大学生時代、ファッションの活動仲間だったのですね。
Img_26361  
 両サイドには、二人のクリエーションの軌跡を物語る作品、神田恵介が手がける「ケイスケカンダ」と森永邦彦の「アンリアレイジ」のコレクションがディスプレーされていました。

155532anofuku_asics_x_keisuke_kanda そしてその先で紹介されていたのが、注目の新プロジェクトです。

 一つはアシックスとのコラボレーションによる、サラリーマンのための機能的なジャージーのスーツの提案です。

 右はこのリリースの写真です。

 そしてもう一つが、スタジオジブリとのコラボです。人気アニメ「となりのトトロ」を題材に製作した、たくさんの(200着あるとか)セーターを展示。
 セーターには「トトロ」と「猫バス」のモチーフが刺繍されていて、よく見るとモチーフが一枚ずつ、コマのように少しずつずれています。その映像も流れていました。
Img_26371
 服づくりへの新しい側面を拓く、チャレンジングな二人展でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

「毎日ファッション大賞」新人賞・資生堂奨励賞に中里 唯馬

 2017年(第35回)「毎日ファッション大賞」表彰式が、11月29日、東京・恵比寿で開催されました。
 最初に発表されたのが新人賞・資生堂奨励賞です。受賞したのはユイマ ナカザト(YUIMA NAKAZATO)を手がける中里 唯馬氏。2016/17秋冬オートクチュールコレクションで日本人正式ゲストとして鮮烈デビューした、最先端技術を駆使する新世代のオートクチュリエです。(このブログ2016.8.8付け2016.11.9付け参照)
 受賞インタビューで同氏は、「ファッションの未来はオートクチュールにあり、やがて衣服は1点ものしか存在しなくなるでしょう。進化するテクノロジーが後押ししてくれます」。「今回デザインしたのは、自由に何度でも変形できる服です。ファッションの歴史に敬意をこめて、時代を切り拓いていきます」と力強くコメントされました。

 式後の記念パーティでは、その神秘的なコレクションが披露されました。今年7月に行われた2017/18秋冬オートクチュール作品です。
Img_48351  デザインはすべてデータ化され、3Dプリントやレーザーカッターなどの技術を応用し制作されています。その服づくりは今シーズン、よりシンプルでスポーティに変身していました。前回はオーロラのようなホログラムの光が輝く幻想的なドレスでしたが、今回はブルゾンやジーンズといったカジュアルアイテムも出現するなど、より身近に接近してきた印象です。
 材質は加飾フィルムで、その小さなユニットの組み合わせです。繊維ではないので、縫製という工程もありません。これまでに誰も見たことのない斬新なアプローチで服がつくられているのです。
 これは繊維業界のこれまでの仕組みを一変させる革命のようなものです。まさに新人賞にふさわしいと思いました。
Img_48211 Img_48201jpg
Img_48391
Img_48151  
 なお大賞は、HYKEの吉原 秀明・大出 由紀子の両氏に、鯨岡阿美子賞はスタイリストの高橋 靖子氏、話題賞はアシックスとGINZA SIX、特別賞は島精機製作所社長の島 正博氏にそれぞれ贈られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

2018春夏パッサージュ 魅力溢れる新生ファッション合同展

「2018春夏パッサージュ展(PASSAGE2018Spring Summer Exhibition)」が、10月24日~26日、東京・恵比寿ガーデンホールで開催されました。これは、これまで分散して行われていたNEST展とGAS AS I/F展を一か所に集約し、名称も「パッサージュ」に改称した新生ファッション合同展です。
 新会場は天井高く、広い空間とあって、出展した60を超えるブランドのブース展示はさらに美しく引き立てられて見えました。来場したバイヤーにとって、大きな魅力溢れる合同展だったのではないでしょうか。
 多数の注目ブランドから、気になったもの、そのいくつかをご紹介します。

KAMISHIMA CHINAMI YELLOW カミシマ チナミ イエロー
 札幌を本拠地に活躍するデザイナーのカミシマ チナミさんが手がけるブランドです。 柔らかく、心地よい素材感と美しい色調で、大胆なカッティングと女性らしいエレガンスが魅力のImg_44811コレクション。今シーズンはより軽快でスポーティなラインを充実させているようです。 
 北欧のメルヘンティックなファンタジーを感じさせるオリジナルプリントにも魅せられます。
Img_44821
SUNAO スナオ
  デザイナーは砂尾 洋太さん。昨シーズン、ブランドを立ち上げたばかりという新進です。2018春夏はブルーを基調にした海のムードが漂う日常着を提案しています。
Img_44851
 全体に日本の美意識の一つ、禅のムードが漂うコレクションで、音、音楽という目には見えないもの、言葉にはできない感情や瞬間をとらえてデザインしているといいます。使用する素材も、自然から生まれ、自然へと還る、天然素材のみだそうです。

a.saught ア・ソート
 このブログ217.9.6付けで掲載したソレイユトーキョー展に出展していた新進気鋭のブランドです。Img_44881ブランドを手がけるのは齋藤 誠志さん。
 ちょっと「にくい」と思われるような服づくりをポリシーにしているとか。2018春夏は「glisten the world(世界を輝かせる)」をテーマに、リボンテープの扱いがポイントのコレクションを展開しています。
Img_44891
LITRa リトラ
 デザイナーの椎名 英子さんは、イッセイミヤケ出身。「HaaT」のニット企画を手がけて、今年、ご自身のニットウェアブランド「LITRa」スタートさせたとのこと。
Img_44701
 2018春夏のテーマは「Les Dessous(下着)」で、とくに1920年代の女性用下着に着想したといいます。揺らめく光沢と透け感のある繊細なニット生地を使用し、柔らかな曲線を描くラインで女性のエレガンスを演出しています。

Mhairi マイリ
 「より少なく、しかしより長く“Less but better”」をコンセプトに、無駄を削ぎ落としたミニマルで、洗練されたワードローブImg_44751を提案するブランドです。
 2018春夏は「デコンストラクション」がテーマ。
 一つのアイテムで多様な着方ができ、着こなしの変化を楽しめる、アイディアあふれるコレクションを見せています。
Img_44761jpg
MUSEE DE LANSE ミュゼ ド ランス
 今回初デビューしたブランドで、「LANSE ランス」とは中国語で「青」という意味だそう。デザイナーは渡部隼人さん。
Img_44581jpg
 ブルーデニムのコレクションで、刺繍やチャイナ風のディテールをさりげなくあしらったデザインが印象的。カジュアルなデニムを洗練されたきちんとした感覚に仕上げています。

EARIH アーリ
 平野 沙奈恵デザイナーが手がける新ブランドで、休日に早起きする=最高の休日を過ごすための服がコンセプトといいます。
Img_44621
 スポーティで健康的な感覚のファッションを提案しています。

QUINOA BOUTIQUE キノア ブティック
 デザイナーの松村 直子さんが2015年に立ち上げたブランドで、60~70年代風の洗練された大人のカジュアルファッションが好評といいます。
Img_44671
 どこの国とも知れないエスニック調がフレッシュです。

Majotae 麻世妙
 これまで忘れられた布となっていた大麻布を、現代に蘇られせたファブリックブランドです。
Img_44561
 大麻100%でも、タッチは意外にソフトでしなやかで驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

プラグイン10月展 今の鼓動感じるブランドが集結

 ファッションとライフスタイルの展示会「プラグイン」(繊研新聞社主催)が、10月25日~27日、渋谷ヒカリエにて開催されました。本展も早いものでこの10月展で、10回目を迎えたといいます。
 今季出展したのは、今の鼓動感じるクオリティの高い約150のブランド、来場者は3,620名と発表されています。

 ファッションブランドの中から、とくに目についたものをご紹介します。

ブークス・ブーク Bookth:book
海辺のリゾートを意識させる、明るい健康的なワードローブが並びます。
Img_43681
Img_43661jpg   洗練された高級感あふれるコレクションで、魚と花のプリントなど、輸入生地が多く使われているといいます。
デザイナーはさとうあつこさん。


タング TANG
 ワーク・スポーツ・ミリタリーの要素をベースに、少しマニッシュでモードなカジュアルを提案しています。
 Img_43711
 超長繊維綿のペルー・ピマ100%の製品を打ち出していたのが印象的です。

シー THEE
 ファッション須賀のレディスウェアです。
 様々なシーンに対応できる服、とくにTシャツを着るようなラフな感覚のブラウスやシャツを提案しています。
Img_43781
トレピエ Trepied
 ラーガがプロデュースしているブランドです。
 気楽・自由・旅をコンセプトに、旅先の地域の文化や人々からインスピレーションを受けたという、自由で遊び心のあるアイテムを打ち出していました。
Img_43761  
荒尾の和糸/IITO/NUKKA/ETHIWEAR
 第一紡績が自社ブランドを紹介していました。同社は熊本県荒尾市に紡績から製品までの一貫工場を有しています。その糸づくりの技術を培って70年の実績から生まれた、こだわりのブランドといいます。
Img_43801jpg
Img_43821  荒尾の和糸は、イチボウが初めてつくったというインナー向け素材です。
 IITO(いいと)は、いい糸の意味で、こだわりの糸を使用した製品がIITOとか。
 NUKKA(ヌッカ)は、フィンランド語の「糸端」という意味で、熊本の方言で「あたたかい」ことをこういうそうです。心温まる豊かな時間を届けたいという気持ちを込めて命名したといいます。
 ETHIWEAR(エシウェア)は、文字通りエシカルな生産のアイテムで、セネガル産のコットンを使用したものだそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

2018春夏 PRO1 TRADE SHOW 厳選ブランドの合同展

 アマゾンファッションウィーク東京と時期を合わせて10月17日~19日、「PR01. TRADE SHOW」(ワンオー PR01.事業部主催)が東京・恵比寿で開催されました。
 これはアジアをつなぐプラットフォームとして、厳選したブランドを集め、国内外に発信する合同展で、今回は約60ブランドが出展したとのこと。グローバルに展開中のブランドやアジアを中心とする海外ブランドが多く見られました。

 それらの中で気になったブランドをご紹介します。

カオルラボ(CHAOLU lab)
 私がいつも注目しているブランドが「カオルラボ」です。そのやさしさやぬくもりのあるスタイリングに惹かれます。手掛けるのはデザイナーの平元聡さん。
Img_33631
Img_33661jpg  2018春夏は「ネイティブアメリカン」をテーマに、インディアン風のブレードをあしらったデニムのジャケットやジーンズを前面に押し出していました。
 また右のスカジャンに見る雄鶏や牡丹の花のモチーフは、伊藤若冲の絵画から飛び出してきたかのよう。華麗で個性的なデザインに目を奪われました。

グローイング ペインズ(GROWING PAINS)
 今シーズンは大正時代のモガをイメージしたコレクションで、話題を集めています。ブランドを手掛けるのはマドモアゼル ユリアさん。
Img_33751
着物打ち合わせや袴のようなパンツ、黒紋付風のシャツ、羽織コートなど、和の要素をストリートウェアに落とし込み、ときにパンキッシュに表現しています。

ヒスイ ヒロコ イトウ (HISUI  HIROKO ITO)
 ブランドのコンセプトは、「着る人が、新しい内面を発見し、楽しい気分、エネルギッシュになる服」といいます。デザイナーは伊藤弘子さんです。服一枚で多様な着方ができたり、思いがけないアイテムをレイヤードしたり、素材使いも実験的---で、そのオリジナリティあふれるコレクションにいつもハッとさせられます。
Img_33821_2
 今シーズンも、前後表裏と4通りの着こなしが楽しめる服を提案しています。上はストライプのシャツ地を左右非対称に切り替えたドレスです。

タシロ(TASHIRO)
Img_33841    昨シーズン、HISUIのメンズブランドとしてローンチしたブランドで、デザインを手がけるのは田代耕一郎さん。ヒスイ ヒロコ イトウと同じハンガーで展示していました。
 ニットやトップスを中心に提案。ありそうでないちょっと個性的なレトロ感漂うコレクションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

かたよせ会 秋のファッションショー 青春時代にカムバック

 シニアファッションを手がけるアパレルメーカーのアイエムユー(岡田たけ志社長)が、10月19日、世田谷区の社会福祉グループ「かたよせ会」(高山都規子代表)のイベントで、上北沢区民センターにて「秋のファッションショー」を開催しました。
 同社は毎年この時期に、シニアに向けたファッションイベントを行っています。「変身して元気に楽しく青春時代に戻りませんか」と呼びかけて、すでに10年以上にもなるとのことです。私は今回初めて見せていただきました。

Img_38061jpg  司会役は浅草系の芸人さん、風呂わく三さんです。漫談師とあって愉快なトークで幕が開き、ショーがスタートしました。

 会場に集まった40名ほどのシニアが、思い思いImg_38101のファッションを披露していきます。 その着姿についてひとり一人に、司会がインタビューし、スタッフが着こなしをアドバイスするという、楽しいファッションショーでした。

Img_38131 中には80代や90代の方、またお孫さんとご一緒の方、さらに男性シニアもいて、堂々とランウェイをウオーキングする姿に目がテンになりました。

 出演したシニアたちは、事前にご自身でアイエムユーが提供するファッションモデルを選び出し、全身をコーディネイトされています。そのコメントがまたなかなかのもので大変興味深かったです。
 「いつもパンツなので、スカートがはけてうれしい」、「フリルやレースの服を着てみたいと思っていた願いが叶いました」、「普段、黒や色のないものばかり着ているけれど、赤や明るい色を着てみたらいい感じです。これからはきれいな色を着たい」など。
Img_38351 Img_38111
Img_38441  
 シニアのファッションというと、どうしても従来の常識にとらわれがちです。でもこういうイベントに参加して、これまで体験したことのないファッションに挑戦すると、新しい視界が見えてくるものです。
 考え方にもきっとポジティブな変化があったのではないかと、私も心楽しく思いました。ほんとうにすてきなファッションショーで、ご関係の皆様にエールを送ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

2018春夏リトゥンアフターワーズ 最終章「戦後」テーマ

 昨日このブログで紹介した山縣良和さんが手がける「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」のファッションショーに先月17日、行ってきました。場所は予告通り東京都庭園美術館前の広場で、展覧会「装飾は流転する」の開幕イベントでもあり大観衆を集めてのランウェイでした。大行列して入場し、人気のすごさを実感しました。
 同ブランドは今年で10周年を迎えるそうです。テーマは「After Wars(戦後)」で、戦前から戦中と続いて来た昨年来のストーリーである「Flowers(フラワーズ)」の最終章とのことでした。
Cimg07551jpg
 冒頭、「仰げば尊し」のミュージックが流れて、懐かしさに襲われるなか、映画で見るような敗戦後間もない日本の風景や竹の子生活を連想させるようなモデルが、走馬灯のように出現しました。

Cimg07691jpg Cimg07791jpg  
Cimg07761Cimg07731

























 焼け焦げた服やボロ服、くたびたれた軍服、詰襟の学生服、赤い頭巾の子どもの集団、それらとともに妖精のような雰囲気のドレス、平和への思いを込めた花々や千羽鶴のモチーフ、さらにリヤカーや何と棺桶も現れ、さらに自然をイメージさせる巨大な樹木も登場し、驚かされました。

 まさに現代の若者たちの愛と平和へのメッセージが伝わってくるスペクタクルショーといってもいいでしょう。
 戦争で全てを失った頃の空気感が、ポップにワイルドに、またユーモアたっぷりに表現されたコレクションでした。

 来場者には谷川俊太郎の詩「十二の問いかけ」が配布され、「ファッション・装いとは何か」を問いかけていたのも心に残りました。
Img_51971jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

デザイナート初日PechaKucha Nightに山縣良和さん登場

  この秋、アマゾンファッションウィーク東京と同時開催したのが「デザイナート(DESIGNART)」です。デザインとアートの造語で、その素晴らしさを発信、共有していくための活動といいます。10月16日に開幕し、そのオープニングを飾った「ペチャクチャ  ナイトPechaKucha Night」が表参道ヒルズで行われました。
 これは東京発で世界600都市に拡大中のイベントだそう。クリエイターたちが自分の作品や活動についてプレゼンするというものです。20秒ごとに変わる20枚のスライドを使って400秒のプレゼンテーションを行うのがルールといいます。
 ペチャクチャというように、楽しいおしゃべりが飛び交う、お祭りのようなにぎわいの中、真っ先に登場したのが、リトゥン・アフターワーズ(writtenafterwards)の山縣良和さんでした。
Img_32611jpg
Img_32821  山懸さんはご自身のこれまでの取り組みを語り、最後に11月18日から東京都庭園美術館で開催される「装飾は流転する」に参加しファッションショーを披露すると発表しました。ショーを行うとは伺っていましたが、まさかこのような美術館でとは思っていませんでしたのでびっくり! ほんとうに大活躍の山縣さん、すばらしいです。

 この後、訪れたリトゥン・アフターワーズの展示会では、夢のような幻想的な美しさに、しばしうっとり----。
Img_39291 優しいパステルの彩りや布を折り合わせて仕上げたギンガムチェックなど、どこかはかない印象が漂っていたのを思い出します。
Img_39341 Img_39361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

日本綿業振興会賞に北欧をイメージした作品

 第55回全国ファッションデザインコンテスト(一般財団法人ドレスメーカー服飾教育振興会・学校法人杉野学園主催)が、10月14日にSUGINO HALLにて開催され、 日本綿業振興会賞に中国の周 尚琴(しゅう しょうきん)さんの北欧をイメージした作品が選ばれました。 

071 今回は応募総数1695点の応募があり、デザイン画から40名の方が入選され、実物制作を経て最終審査のファッションショーに臨んだのは39名でした。この中から、文部科学大臣賞を始めとする各賞が授与され、日本綿業振興会賞に私も審査員の一人として参加しました。
 受賞した周 尚琴さんは、現在、浙江理工大学服装学院デザイン科服装設計コース4年生で、デザインを学んでいるといいます。(ちなみに同大学は杉野学園の交流校で国立大学として著名です。) 

 作品は、北欧の風景に着想したという、スポーティでさわやかな感覚のニットウェアです。一見シンプルに見えますが、ひし形模様の編み地を変形させて、個性的に仕上げています。写真では後部が見えないのが残念ですが、非対称のカットやリボン結びのディテールなど、よくある形ではない、一味工夫したデザインも評価されました。
 白と鮮やかな赤やブルーとのカラーコントラストも清新で、北欧の清々しい透明な空気感が伝わってくるようです。 

Img_31791  周さんに、北欧のどこを意識したのか、と伺いましたら、本で見たというデンマークでした。その自由闊達な精神性や自然豊かな暮らしに憧れるといいます。とくに惹かれるのはインテリアや家具の温かな居心地のよさだそうです。確かにデンマークは民家の茅葺屋根や木工家具など、自然素材や職人技にこだわり、使いやすくて美しいデザインを生み出しています。
 素材も心地よい自然素材のコットンが大好きといい、本作品も綿100%の糸でつくったそうです。工場には何度も足を運んで、自身で編み立て作業に取り組み、一週間がかりで制作したといいます。

 レストランを経営するご両親のもとで育ち、子どもの頃から服を自分でつくるのが楽しみだったそうです。卒業後は大学院へ進み、デザイナーを志望していると話してくれました。今後の雄飛が期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

ファッションワールド東京2017 秋の「デザイナーエリア」

 「ファッションワールド東京2017 秋」展の「デザイナーエリア」に出展した新進気鋭のデザイナーブランドたち。ブランドを立ち上げて間もない若手デザイナーも多く、フレッシュな顔触れです。そのいくつかを2018春夏コレクションとともにご紹介しましょう。

KARMA et CARINA
 花模様のエレガントなワンピースの展示に魅せられました。年齢に囚われないエイジレスなラグジュアリーがコンセプトだそう。デザイナーは北迫秀明さんで、パリのエスモード卒業後、劇団四季などのコスチュームデザインを担当し、本展直前の今年10月初旬に、このブランドを立ち上げたばかりだそうです。
Img_30511
 ブランド名のKARMAは「宿命」、CARINAは「花弁」の意味で、俳優やアーティストたちの「心の芯」を包み込んできた衣装づくりの精神を受け継ぎ、優しさと芯の強さを表現していくといいます。

ハトメ洋装店
Img_30561_2    手の込んだフリルや、細い黒リボンをあしらった白いコットンのブラウスが、ロマンティックなコレクションです。
 デザイナーは瀬越 優さん。「ハトメ」とは、ひもを通す小穴、あるいはそのための環状の金具のことで、デザインから縫製まで、一点一点手仕事で洋服を作っているという、職人らしいブランド名です。
 トレンドからは一歩引いた視点で、永く愛され、定番となりうるデザインを継続的に産み出せるブランドを目指しているといいます。

Alaris
Img_30661  沖縄県在住沖縄出身のデザイナー、久場睦幸さんが手がけるブランドで、自然体でリラックスした、少しエスニックなムードも漂うコレクションです。
 ベーシックを基本にしながら、少しひねりを加えた今風のスタイルを表現し、百貨店や全国セレクトショップにて展開中だそう。
 商品はすべてMADA IN JAPANといいます。

by RYOJI OBATA
Img_30641jpg  ナチュラルでシンプル、ソフトな雰囲気で誰にでも着やすそうなコレクションです。
  デザイナーは小畑亮二さん。2015年より、アパレルブランドとして既製服の製作を本格始動させたといいます。福岡県にアトリエを構え、近々路面店をオープンするとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧