« 2025春夏PTJ展 ⑻ 多様なデニム 持続可能へさらに進化 | トップページ | 2025春夏PTJ展 ⑽ ファンシージャカード こだわりの質感 »

2024年5月31日 (金)

2025春夏PTJ展 ⑼ 先染めシャツ地 軽やかな表面変化へ

 シャツ向けの先染め織物では、春夏らしい軽やかなタッチで、さりげない表面変化を持たせた生地が増えています。

浅記(株)
 先染め織物の産地である新潟で、1869年に創業したテキスタイルメーカーです。
 オーガニックコットンを使用した表面変化のあるコードチェックや綿/麻素材に撚糸を加えて清涼感を持たせた、キャッチワッシャーシリーズなどの独自商品を提案しています。

Img_72251pg
 上は、オーガニックコットンにコードを効かせたカジュアルチェックです。

(株)カゲヤマ
 播州織先染め産地である兵庫県西脇市にある繊維産元商社です。
 Img_72291_20240607200201 現在300品番2000色ものオリジナル生地をストックしていて、1反から購入可能とか。

 右は、同社の人気素材、両面リバーシブルの先染めです。

 
124  また、今季はカゲヤマオリジナルの「シェイキーマジック」を復活させています。(右の写真はPTJのホームページからお借りしました)

 これは特殊染色技術によって、ぼかしたプリントのような表情を付与した織物です。

 今から15年ほど前に、綿100%綾織に絞り込んで販売したところ、ヒットした商品といいます。

 

|

« 2025春夏PTJ展 ⑻ 多様なデニム 持続可能へさらに進化 | トップページ | 2025春夏PTJ展 ⑽ ファンシージャカード こだわりの質感 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2025春夏PTJ展 ⑻ 多様なデニム 持続可能へさらに進化 | トップページ | 2025春夏PTJ展 ⑽ ファンシージャカード こだわりの質感 »