« 25春夏PV (23) PVデザイン 底流に「ミューテーション」 | トップページ | パリ「ボン・マルシェ」 四角テーマにダニエル・ビュラン展 »

2024年3月 9日 (土)

25春夏PV (24) PVアクセサリー 変革へ新しい展開

 2025年の春夏シーズンは、社会の変化が生産方法や消費パターンに影響を与える移り変わりの時期です。この変革のコンセプトはアクセサリーに反映され、さまざまな形でその新しい展開が表れています。

フリーズ・フレーム Freeze Frame
 変態の瞬間が凍りついたように捉えられます。更新の象徴であるさなぎが、二つの状態の間にあるこの停滞した瞬間を表現しています。Ss25_access_valter_4679_01_65aaa2926abd6 変異した、透明な、虹色のアクセサリーも浮上します。


 変態の段階である繭が、透明感のあるアクセサリーに息づいています。
 右は、VALTER(イタリア)のブレスレット。

Ss25_access_lampa_2508_01_65a3b69b3fca0
イリディッセント(虹彩)

 今シーズン、光の演出は、移り変わるパステルのきらめきが装飾的なアクセサリーに現代風のタッチをもたらしています。
 右は、LAMPA(イタリア)のファンタジックなボタン。


ラディカルな企業論理 Radical Utilitarianism
 産業の進化を反映する新しい生産プロセスへ。自然と技術が共存し、職人技と革新を組み合わせた製品が生まれ、責任あるアプローチと持続可能な製品の道を開いています。

クリーン・クラフトマンシップ
Ss25_access_ayb_hislabor_154225_030_2402  クラフトマンシップ(職人の技)が注目を浴びています。籐細工、編み込み、織り構造は、プリミティブな材料でつくられ、人の手の痕跡を想起させるさまざまな表面に見えるテキスタイル構造ですが、決して粗野ではないのが特徴です。
 右は、AyB Hislabor(スペイン)のブレード。

マイクロ・プレシジョン
Ss25_access_mode_harmony_56608_2210_01_6   3Dプリントが複雑な構造への道を開きます。
 クリーンでテクニカルな装飾用アクセサリーに向けて、マットなゴールドや黒ずんだシルバーなどのクールでプレシャスなカラーが特徴。
 右は、MODE HARMONY(フランス)のボタン。

クラシックの再来 Revisited classics
 25春夏シーズンのトレンドは、変化をテーマにしています。装飾においては、植物や動物をイメージした自然のモチーフを基にしたファンタジーなハイブリッドが注目され、伝統的なクラシックスタイルが新たな視点で再考されています。ストライプや他の古典的なデザインも、サイズや色のバリエーションを通じて新しく解釈されています。

自然の強調
Ss25_access_lampo__lanfranchi_3052_01_65  花や植物をモチーフにしたデザインは、現実を超えた幻想的な世界を表現しています。自然はパターンとテクスチャの無限の源です。自然の豊かな創造性は、甲虫から水蛇までさまざまな生物によって表現され、光沢のある表面や深い虹色の反射も特徴です。
 右は、Lampo Lanfranchi(イタリア)のファスナー。

Ss25_access_goretti_hand_made_weaving_45 迷走するストライプ
 ストライプという最高のアイコニックなモチーフは、新しい色、厚み、リズム、方向を採用するなど通常のストーリーから解放され変容しています。
 右は、Goretti(イタリア)のブレード。

|

« 25春夏PV (23) PVデザイン 底流に「ミューテーション」 | トップページ | パリ「ボン・マルシェ」 四角テーマにダニエル・ビュラン展 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25春夏PV (23) PVデザイン 底流に「ミューテーション」 | トップページ | パリ「ボン・マルシェ」 四角テーマにダニエル・ビュラン展 »