« 25春夏PV ⒅ ニット これまでの伝統を破るニット生地 | トップページ | 25春夏PV (21) エンブロイダリーやレース メンズにも »

2024年3月 5日 (火)

25春夏PV ⒆ プリント 新しい視覚表現へ

 プリントはますますぼやけ、捉えにくいものへ。花やグリーンのモチーフは抽象化され、水彩画を思わせたり、柔らかなグラデーションを描いていたり。新しい視覚イメージを表現するものが増えています。

北高
 毎年1,000種類以上の新デザインを発表し、短納期を実現するためにそのすべてを在庫しているという同社。Img_41531 今回はメゾン系から中堅どころのバイヤーが多くなり、ビジネスは好調といいます。
 人気は、ボカシたようなタイダイ風のプリントとか。右はナイロン生地のものです。
 また日本画に見る、松に丹頂鶴を描いたような風景柄を大きく展示していたのも印象に残りました。Img_41491

コッカ
 大阪を拠点に自社開発のテキスタイルを専門にデザインしている老舗で、Img_41431 上の北高と同様、プルミエールヴィジョンのプリント分野ではお馴染みの企業です。
 今シーズンはコットンのカットドビープリントが人気で、右は「スノーカット小紋」と名付けた柄のもの。

Img_41461  また水彩画家の伊藤尚美さんとのコラボレーションシリーズも好評で、右のような自然の面影をとらえた配色が美しい絵画的なグラフィックプリントが注目されます。

|

« 25春夏PV ⒅ ニット これまでの伝統を破るニット生地 | トップページ | 25春夏PV (21) エンブロイダリーやレース メンズにも »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25春夏PV ⒅ ニット これまでの伝統を破るニット生地 | トップページ | 25春夏PV (21) エンブロイダリーやレース メンズにも »