« 「建築家の息吹」展 人間と自然の関係に焦点を当てて | トップページ | ポンピドゥー「外見の越境」展 アートとファッションの対話 »

2024年3月22日 (金)

コム デ ギャルソンの新しいパリ旗艦店に行ってきました!

 パリのフォーブルサントノーレ通りは、パリで最もエクスクルーシブなショッピングストリートです。この2月、この通りをウインドーショッピングしていて見つけたのが、コム デ ギャルソンの新しいパリ旗艦店 (54-56 rue du Faubourg St-Honore 75008 Paris) でした。

1_20240413213901
 再開は昨年秋、10月だったそうです。2012年にこのフォーブルサントノーレ通りにあったブティックを閉鎖して、再オープンしたのです。昨年7月にマレー地区にオープンしたドーバーストリートマーケットにも行ってみたのですが、そこはクローズでした。

 新店舗は800平方メートル、4階建てで、コム デ ギャルソンの販売スペースとしてパリで最大です。1階にはメインのコム デ ギャルソンラインとコム デ ギャルソンオムプリュス、2階はコム デ ギャルソン コム デ ギャルソンとコム デ ギャルソン オム・ドゥ、3階はジュンヤ・ワタナベ、ノワール・ケイ・ニノミヤ、コム デ ギャルソン オム、地下1階はコム デ ギャルソン シャツ、ブラック コム デ ギャルソンが入っています。

Img_29451

 売り場には、写真で見たコムデギャルソンのカラフルな色と色がぶつかり合うルックが出ていて、いかにも楽しげ---。暗い状況だからこそ、明るく輝く未来を期待したい、そんな想いが込められたコレクションでした。

 未来的な美学に特徴づけられたショップです。ファッションリサーチの新しいチェックポイントがまた一つ、増えました。

|

« 「建築家の息吹」展 人間と自然の関係に焦点を当てて | トップページ | ポンピドゥー「外見の越境」展 アートとファッションの対話 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「建築家の息吹」展 人間と自然の関係に焦点を当てて | トップページ | ポンピドゥー「外見の越境」展 アートとファッションの対話 »