« 25春夏PV ⒃ テイラリング 遊び心のあるスーツ地 | トップページ | 25春夏PV ⒅ ニット これまでの伝統を破るニット生地 »

2024年3月 3日 (日)

25春夏PV ⒄ デニム 多様な提案に注目

 柔らかさを取り入れ、褪せたウォッシュデニムを中心に、ジャカードや光沢加工のものなど、多様性に富んだ提案が見られます。

クロキ
 昨年春は高級ブランド最大手のLVMHと日本初のパートナーシップを結んだことで大きな話題となった同社。熟練の技術と感性でコットンやインディゴの特性を最大限に引き出すデニムで、メイドインジャパンのクオリティーの高さと魅力がさらに世界に広がります。 
 Img_41321  ブースでは友禅染のきものを飾って、日本発信であることを強調していました。

ジャパンブルー
 デニムの聖地と言われる岡山県倉敷市児島のデニムメーカーです。プルミエールヴィジョン・パリは二回目の出展で、リピーターも多く好調といいます。

Img_41381  今回は、デニムはもちろんですが、ミリタリーのヴィンテージウェアをリプロダクションしたコレクションを打ち出して、人気を集めていたのが印象的でした。

日本綿布
 目に付いたのはジャカードデニム新作です。つくれば売れると、絶好調の様子でした。
Img_41291jpg

|

« 25春夏PV ⒃ テイラリング 遊び心のあるスーツ地 | トップページ | 25春夏PV ⒅ ニット これまでの伝統を破るニット生地 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25春夏PV ⒃ テイラリング 遊び心のあるスーツ地 | トップページ | 25春夏PV ⒅ ニット これまでの伝統を破るニット生地 »