« 25春夏MU ⑸ SMI経済分析 メイド・イン・イタリー動向 | トップページ | 25春夏MU⑻ イノベーションエリア スポーツと機能性焦点 »

2024年2月 7日 (水)

25春夏MU ⑹ トレンドエリア コンセプトは「MU+」

 2025年春夏ミラノウニカ(MU)のメインテーマは人工知能「AI」です。このテーマに基づき、トレンドエリアではシーズンコンセプトとして「MU+」を掲げています。接尾辞「+(プラス)」は「AI」の意味です。創造的な研究における分析ツールや日常生活でますます重要となっているそのコンテンツ使用の流れを象徴するコンセプトとなっています。

 「MU+」は、特にAIが創造的な研究やデザインプロセスに組み込まれている点で革新的で先進的です。再生素材や持続可能性に焦点を当て、AI生成アルゴリズムを活用することは、テキスタイル産業においてより持続可能で効率的な取り組みに向けた重要な一歩と言えるでしょう。

 アーティスティック・ディレクターのステファノ・ファッダ氏は、「AIは創造性を阻害するのではなく、新しい研究やイノベーションの可能性を広げ、それを増幅させるツールとして機能する」と述べています。
 Milano_unica_38_00401jpg
 上は「MU+」の近未来的なイメージを表現するトレンドエリアです。
 鏡のように反射するシルバーメタルを四方に貼ったトンネルを抜けると、この広場に出ます。この広い空間も総シルバーメタルのフロアと吊り天井のある構造になっていて、まるでヴァーチャル空間に来たような印象でした。

 トレンドエリアは製品分野別に下記、3つのテーマに分かれています。このエリア向けに集積されたクリエイティブ/サステナブルな素材サンプルは342社2,776点。それらがテーマごとに設えの異なる未来感覚なスペースに展示され、なかなか壮観でした。

☆ MU+ リジェネレーション
 再生素材に焦点を当て、ミルキーカラーの洗練されたパレットを特徴としています。主なカテゴリーはニットウェア、刺繍、ランジェリーです。
Milano_unica_38_00371
☆ MU+ デザイン
 夢見るような、グラフィック的で絵画的なスタイルを混淆し、カラーはパステルカラーが主調です。カテゴリーとして、クラシック、シャツ、プリントを提案しています。11_20240216200201
☆ MU+ インタラクティブ
 テクニカルとグラマラスな要素を組み合わせ、機能性とファッションとのバランスを追求、鮮やかな色彩がコアを形成しています。テクノ、グラム、シャイニーのカテゴリーで代表されるテーマです。12_20240216200601

|

« 25春夏MU ⑸ SMI経済分析 メイド・イン・イタリー動向 | トップページ | 25春夏MU⑻ イノベーションエリア スポーツと機能性焦点 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25春夏MU ⑸ SMI経済分析 メイド・イン・イタリー動向 | トップページ | 25春夏MU⑻ イノベーションエリア スポーツと機能性焦点 »