« 麻布台ヒルズ開館記念「オラファー・エリアソン」展 | トップページ | 第10回ウェアラブルEXPO ウェアラブル開発・活用展 »

2024年1月30日 (火)

落合陽一 個展「ヌル庵:騒即是寂∽寂即是騒」

 麻布台ヒルズの飲食併設のアートギャラリー「Gallery & Restaurant 舞台裏」では、落合陽一 個展「ヌル庵:騒即是寂∽寂即是騒」が開催中です。

 落合氏は3年くらい前から茶道の稽古を重ねているそうで、入場するとすぐ目の前に茶室が設置されています。茶室といっても、メディアアーティストらしい演出で、四方の壁が半透明に光り輝いています。これがタイトルにある「ヌル庵」です。

Img_02531

 そこには細部まで茶道の設えが見られますが、そこは落合流です。物質と非物質、現実と非現実の間にある何かが共鳴しているような、不思議な空気感が醸し出されているようでした。

Img_02501_20240128150901  茶花もユニークです。
 花器は茶道の炉に使う端正な「菊炭」をそえた、コンクリートブロックになっています。
 観音様が立っているようでもあり、ここにも落合氏の取り合わせの妙が感じられます。

 レストランには茶碗などの道具を準備する水屋(みずや)があり、中庭は茶庭に見立てられています。
 侘び寂びの情緒を漂わせているホッとする空間です。


 ここではツアー形式の茶事体験(薄茶、主菓子、お土産付で一般2,500円)もできます。実はこの体験こそ本展の神髄といいます。
 会期は3月17日(日)までで、茶事体験の予約は、ArtStickerで受け付けているとのことです。

|

« 麻布台ヒルズ開館記念「オラファー・エリアソン」展 | トップページ | 第10回ウェアラブルEXPO ウェアラブル開発・活用展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麻布台ヒルズ開館記念「オラファー・エリアソン」展 | トップページ | 第10回ウェアラブルEXPO ウェアラブル開発・活用展 »