« PVパリ2024年2月展 注目プログラム 日本から46社出展 | トップページ | アニッシュ・カプーア 個展「奪われた自由への眼差し_監視社会の未来」 »

2024年1月10日 (水)

PVパリ2月展 25春夏トレンドテーマ「ミューテーション」

 プルミエール・ヴィジョン・パリ(PVパリ)2024年2月展では、25春夏シーズンに向けてインスピレーションを与えるトレンドテーマとして「ミューテーション(MUTATION = 突然変異)」を発信しています。 

Pv-mutation

 現在、ファッション業界は大きな変化に直面しています。それは環境への配慮から生まれる持続可能なモデルへの移行であり、変化を受け入れざるを得ない重要な段階となっています。
 この変動の中心にあるのが、「ミューテーション(MUTATION =突然変異)」という概念です。これが25春夏シーズン全体で変革のプロセスを観察し実験する場として機能することになります。美学とプロセスに影響を与える重要な総合的なコンセプトが取り入れられ、異なる方向への探求が推進されています。これはまさに新しい時代の中でクリエイティビティと革新が芽生える場であり、業界全体が意味深い変革に向かって進んでいることを示しています。

 Regenerationでは、自然界の驚くべき側面に焦点を当て、動物の世界の見過ごされがちな部分で驚きと不思議を追求します。この視点の転換は、生き物たちと協力的なアプローチを促進し、これらの生態系を長期的に保護しようとします。素材は自然な資源と製造プロセスに依存し、生態系の再生に寄与するものが選択されます。

 Transformationでは、変態をコレクションの新しい美的提案の原動力として積極的に追求します。素材、色、外観、振る舞いの根本的な変更により、変容の瞬間が捉えられ、変異体やハイブリッドの宇宙が生み出されます。

 Adaptationでは、新しい均衡と、実用的なミニマリズムが生み出されます。適応は進化したデザインプロセスであり、素材と技術が使用に適応し、製品の寿命と耐久性を重視します。

 25春夏は変化の視点から見ると、転換点となる特別なシーズンです。慎重に時間をかけて形成されるプロジェクトを称賛し、ファッションの季節性を超越します。

 この季節は、変異がコレクションの中で創造的なエネルギーと捉えられ、脱皮やさなぎの象徴として、豊かな変化が生まれる時期です。創造性に深い意味が与えられ、すべての生き物と調和する手助けをするシーズンと位置づけられています。

|

« PVパリ2024年2月展 注目プログラム 日本から46社出展 | トップページ | アニッシュ・カプーア 個展「奪われた自由への眼差し_監視社会の未来」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PVパリ2024年2月展 注目プログラム 日本から46社出展 | トップページ | アニッシュ・カプーア 個展「奪われた自由への眼差し_監視社会の未来」 »