« 快晴の丸沼高原スキー場 山頂駅からの絶景を楽しんで | トップページ | メゾン・エ・オブジェ1月展 デザイナー・オブ・ザ・イヤー »

2024年1月 7日 (日)

パリ メゾン・エ・オブジェ1月展 テーマ「テック・エデン」

 デザインとライフスタイルの総合見本市「メゾン・エ・オブジェ2024年1月展」(SAFI主催)がこの1月18~22日、仏・パリのノール見本市会場で開催されます。
 出展者は147ヵ国から約2,300ブランドで、その内、新規は約600ブランドです。日本からも約90ブランドが出展するといいます。また来場者は約7万人が見込まれています。 

Maison-et-object
 2014年は開催30年の節目の年です。アニバーサリーイヤーを迎える今年は、「TECH EDEN(テック・エデン)」をテーマに、来場者を新たな魔法がかかった未来への旅へと誘います。テクノロジーと自然が調和を取り戻す世界を目指して---。
 
 「TECH EDEN]は、前回のテーマ「ENJOY!]に続き、フォルムやカラーを通じて夢のような楽観主義を発信するといいます。今回はとくに、未来的なバイオフィリア(自然愛)に焦点を当て、新たなウェルビーイングの世界を展開するとのこと。 
 マネージングディレクターのメラニー・ルロワは、「クリエイティビティとイノベーション、環境への配慮を結び付け、デコレーション、デザイン、ライフスタイルのマーケットに生かせるあらゆる可能性を分かりやすく解説し、その発展を積極的にサポートします」と語っています。
 またデザイナー・オブ・ザ・イヤーの革新的な提案、リテール分野の課題に具体的な答えをもたらす進化した「What’s New」の企画展示、ホスピタリティ空間の融合という未来に目を向けた独自のヴィジョンを具現化する「ホスピタリティ・ラボ」などが予定されているとのことです。

 私は現地に取材に行けなくて残念ですが、未来に向けて大きな可能性を感じる見本市になりそうです。

|

« 快晴の丸沼高原スキー場 山頂駅からの絶景を楽しんで | トップページ | メゾン・エ・オブジェ1月展 デザイナー・オブ・ザ・イヤー »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 快晴の丸沼高原スキー場 山頂駅からの絶景を楽しんで | トップページ | メゾン・エ・オブジェ1月展 デザイナー・オブ・ザ・イヤー »