« エコロジー:循環を巡るダイアローグ1 新たな生 崔在銀展 | トップページ | テックスワールド・エボリューション・パリ 事前の速報から »

2024年1月17日 (水)

テックスワールド・エボリューション・パリ 「真実」テーマ

 テックスワールド・エボリューション・パリ(TEXWORLD EVOLUTION PARIS)が、今期から会場をこれまでのル・ブルジェからポルト・ド・ベルサイユ見本市会場に移して、この2月5日から7日まで開催されます。
 昨年末、2025年春夏シーズンのトレンドが発表されました。その興味深い内容をご紹介します。

 1_20240117152101 大テーマは「真実(Veritas)」です。各個人が「自分自身の真実」を求め、守ろうとする動きが世界中で広がっています。このアプローチでは、衣服が個々の人の「真実」へのコミットメントを反映しています。
 現代の成長と持続可能性に対する逆説に立ち向かいながら、私たちは一人ひとりが自分なりの世界観を表現しています。トレンド提案では初めてAI(人工知能)の要素を導入し、それぞれが持つ視点を新しい4つのテーマでまとめています。

Lenaekertlenaekerttweeterbreathlesssashl #1 BELIEF (信念)
 
これはあまり主張的でない、むしろ内向的で、優雅で控えめに表現されるテーマです。カラーは穏やかで、緑や青が主導する鉱物の色合いに傾く傾向です。テクスチャは物質感と揺れ動く感覚で表現されます。

Daviddeweerdtdaviddeweerdtcomdavidpeintl #2 IMMANENCE (イマネンス 内在)
 保守的で神秘的ながらも、BELIEFよりも見えやすいテーマです。「これが私たちに共通する生活の新しいルール」と主張する「ボヘミアン・シック」な世界を表現しています。カラーは豊かで暖かく、比較的クラシックです。ニットや刺繍、凹凸のある素材や霜のような外観のものが多く見られます。

1_20240117152201 #3 KOWLEDGE (知識)
 
自然、植物、花などの古典的なインスピレーションを取り入れ、それらを根本的に変革しようと自己主張するテーマ。色は強く、コントラスト配色が見られ、素材はくしゃくしゃ、液体のような流動感、透明な質感があるものが中心。

Dashaplesendashaplesencomdashaplesencoml #4 EXPERIENCE (エクスペリエンス)
 
これは、個人が自分の信じる真実に深くコミットするテーマです。要するに、「自分を信じ、疑ってテストし、他の誰かを信じないで。自分の経験から学べ」というアイデアです。色は非常に大胆で、人目を引く色合い。活き活きとした甘い色調が主で、シティやスポーツのコードを想起させる素材が使用されます。たとえば引き裂いたような効果や、光沢のある外観、セカンドスキンのようなオーガニック、レースや透明感のあるものなど。

|

« エコロジー:循環を巡るダイアローグ1 新たな生 崔在銀展 | トップページ | テックスワールド・エボリューション・パリ 事前の速報から »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エコロジー:循環を巡るダイアローグ1 新たな生 崔在銀展 | トップページ | テックスワールド・エボリューション・パリ 事前の速報から »