« 24春夏ファッション合同展 新ブランドに注目 | トップページ | 「親密なからみ合い・フィンランドの現代ファッション」展 ⑴ »

2023年12月27日 (水)

「トモ コイズミ」個展 ファッションとアートの境界線超えて

 東京・天王洲のアートギャラリー「YUKIKOMIZUTANI」で開催中の「トモ コイズミ(Tomo Koizumi)」個展を見てきました。これは気鋭のファッションデザイナー・小泉智貴さん初のアート作品展です。
  2011年に自身のブランド「TOMO KOIZUMI」を立ち上げて以来、フリルを大胆にあしらった唯一無二のデザインはBjork(ビョーク)やSam Smith(サム・スミス)など、名だたるアーティストたちから絶大な支持を集め、数々のコラボレーションを実現させています。昨年の東京オリンピック開会式では国歌を斉唱した歌手MISIAの衣装を担当したことでも話題を呼びました。
 Img_99662 Img_99671jpg
 本展では「ファッションとアートの境界線」をテーマに、展示会場をクローゼットに見立て、ギャラリーをフレームとして “流動的かつ可変的な空間”を作り上げたといいます。
 いずれの作品も1枚の布のような形状でありながら、立体作品のように展示されることで、躍動感に満ちた迫力ある表情を見せています。作品との距離や見る角度によっても受ける印象が変わります。インテリアとして様々な飾り方ができたり、時には身に纏ってみたり、どこまでも変幻自在に楽しめるのも魅力です。
 小泉さんは「常にアートとして考えるファッションを」という想いを抱いてドレスをつくり続けてきたといいます。ファッションとアートの境界線を超えて、自由気ままにその表現を拡張していく「トモ コイズミ」の新章に注目です。

|

« 24春夏ファッション合同展 新ブランドに注目 | トップページ | 「親密なからみ合い・フィンランドの現代ファッション」展 ⑴ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24春夏ファッション合同展 新ブランドに注目 | トップページ | 「親密なからみ合い・フィンランドの現代ファッション」展 ⑴ »