« 第96回東京ギフト・ショー秋2023⑴ 防災グッズ大賞に注目 | トップページ | ミライを創るNextUD JAPANファッションショー »

2023年10月25日 (水)

第96回東京ギフト・ショー秋2023 ⑵ ファッションエリア

 ギフトショーは巨大な見本市とあって、私が関心を持っている繊維関連商品も多岐にわたります。ファッションエリアでは生活雑貨が圧倒的に多く、アパレルは少なかったのですが、その中でちょっと気になったブランドを紹介します。

ウクライナ刺繍のアパレル
 ウクライナのアパレルブランドがMOON DREAM PRODUCTION株式会社からギフト・ショーに出展していると知り、訪れました。
 Img_80631_20231022205801  
 ウクライナ刺繍は1000年もの伝統があるとのことです。刺繍生地の裏側も美しいのが特徴で、表と裏が写し鏡のようになるよう、針を進めて仕上げられています。
 正式名称はヴィシヴァンカやソロチカで、ウクライナでは古代よりお守りとして刺繍入りのシャツを身に着ける文化があるそうです。
 ブースではその伝統を守りながらもモダンにアレンジされた刺繍のシャツやドレスが並んでいました。女性向けだけではなく、男性向けのものもたくさん出ていました。生地は白地の軽いソフトな綿やリネンで、繊細な刺繍ワークを、さりげなく自然体で楽しめるアイテムです。ふんわりとした袖のデザインもステキなコレクションでした。

アトリエ き・な・こ
 ガーゼ専門のアパレルがあったとは、びっくりしました。ガーゼといっても二重織、三重織です。生地が重なっていることで、内部に空気を含んで温かい。また染色工程で洗いがかかるため、洗濯後の縮みもなく色移りもなく、手入れも簡単です。
 愛媛県伊予郡松前町を本拠に、瀬戸内の穏やかな海の心地よい潮風が通り抜けるようなガーゼ服を企画・販売しています。素材は綿や麻、時にはウールのものもあり、大人の女性に向けて、ストレスのない着心地を追求し続けているといいます。

Img_80701
 「き・な・こ」というブランド名も懐かしくて、どこか「和」の趣を感じました。

ナルエー
 東京都台東区に本社を置く創立1969年の老舗です。パジャマやルームウェアの取り扱い点数はナンバー1だそう。スタイリスト御用達ブランドで、映画・ドラマ・CMにも多数登場しています。
Img_80611
 思わず触れてみたくなるような、心ときめくキュートなコレクションを展開していました。

|

« 第96回東京ギフト・ショー秋2023⑴ 防災グッズ大賞に注目 | トップページ | ミライを創るNextUD JAPANファッションショー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第96回東京ギフト・ショー秋2023⑴ 防災グッズ大賞に注目 | トップページ | ミライを創るNextUD JAPANファッションショー »