« ファッション合同展「プロジェクト東京」200ブランド出展 | トップページ | ファッション テキスタイル セミナー開催のお知らせ »

2023年10月30日 (月)

「リトゥンアフターワーズ」と「リトゥンバイ」24春夏展

 この9月12日から17日、東京・恵比寿の古民家で、デザイナーの山縣良和さんが手掛ける「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」と「リトゥンバイ(written by)」24春夏ウィメンズコレクションの展示会が開催されました。

 今夏、山縣さんは現代作家の1人として山梨県立美術館開館45周年記念の特別展「ミレーと4人の現代作家たち - 種にはじまる世界のかたち - 」に参加し、ミレーの名画とともに、「Field Patch Work つくりはかたり、かたりはつくり」を発表しています。

 本展では、この時の作品の一部が古民家の庭園を舞台にインスタレーションされていました。ミレーがバルビゾン村に移り住み、農村を描いたように、ひっそりと生い茂る緑の中に農民の労働や暮らしに着想した作品が点在する光景は、もうまるで昔話の世界!です。 タイムマシーンにでも乗ってやって来たようでした。

Img_81751
Img_81701jpg Img_81711













 古民家のお座敷には、山梨県立美術館での展覧会の際、織り出されたという型染め作家小島悳次郎の作品を再現した織物もお披露目されていました。糸を張り替えて、「ほぐし織り」で表現された深みのある美しい織物でした。

Img_81531_20231027130601
 「リトゥンバイ」の方は「Self-reliance (自立)」がテーマ。経済的にも精神的にも自立した大人の女性に向けた、ナチュラルで着心地のよい、洗練されたワードローブを展開していました。

Img_81761
 リトゥンアフターワーズのものづくりへの真摯な想いが伝わるコレクションでした。

|

« ファッション合同展「プロジェクト東京」200ブランド出展 | トップページ | ファッション テキスタイル セミナー開催のお知らせ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファッション合同展「プロジェクト東京」200ブランド出展 | トップページ | ファッション テキスタイル セミナー開催のお知らせ »