« 24春夏東コレ ⒇ 「カナコサカイ」&「フルス」展示会 | トップページ | 24春夏東コレ (22) エズミ マルセル・デュシャンに着想 »

2023年10月19日 (木)

24春夏東コレ (21) 企画展「デニム de ミライ」第二弾

 2022年3月に立ち上がったアップサイクル企画「デニム de ミライ」の第二弾の展示会が、今季楽天ファッションウィーク東京の期間中にヒカリエにて開催されました。
 これは残反を「ピース」に約50の人気ブランドが新たな価値を吹き込む “持続可能なプロジェクト”です。
 Img_73151  
 会場には「リーバイスR 」のユーズドストックのデニムに加え、イギリスのテキスタイルブランド「リバティ・ファブリックス」、デンマークのテキスタイルメーカー「クヴァドラ」、国内有数の織物産地である尾州産地素材、そしてフィンランドのデザインハウス「マリメッコ」と、多彩な5つの生地をアップサイクルさせたルックが並んでいました。

 本プロジェクトは昨年に続き、株式会社三越伊勢丹、株式会社阪急阪神百貨店、株式会社岩田屋三越、株式会社エスティーカンパニー、株式会社ファッションコアミッドウエスト、佐藤繊維株式会社(GEA)の6社がタッグを組み、小売りの垣根を超えたネットワークを活かし幅広いカテゴリーで展開しているとのことです。
 また、未来のファッション業界を担う学生も参加して、「三越伊勢丹 ミライアワード」を開催。伊勢丹新宿店では今月11日~24日、参加作品展が行われ、25日にアワード結果発表が行われます。

 広がりを見せている「デニム de ミライ」、今後の取り組みが楽しみです。

|

« 24春夏東コレ ⒇ 「カナコサカイ」&「フルス」展示会 | トップページ | 24春夏東コレ (22) エズミ マルセル・デュシャンに着想 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24春夏東コレ ⒇ 「カナコサカイ」&「フルス」展示会 | トップページ | 24春夏東コレ (22) エズミ マルセル・デュシャンに着想 »