« 24春夏東コレ ⒂ セイヴソン「働く女性の妖艶さ」を表現 | トップページ | 24春夏東コレ ⒄ ア ベイシングエイプ ブランドの集大成 »

2023年10月14日 (土)

24春夏東コレ⒃ シュープ「東京」テーマに都会的ミニマル

 スペインから東京に拠点を移し、3年ぶりに東コレに参加した「シュープ(SHOOP)」。ブランドを手掛けるのは、デザイナーの大木葉平氏とミリアン・サンス氏です。
 その2024年春夏コレクションが、「東京」をテーマに東京の国立競技場にて発表されました。 
 Img_77491 コレクションは東京の街からインスパイアされた都会的でミニマルな雰囲気にあふれています。グレーとブラック、ベージュをベースに、ホワイトやグリーンのパレットで、シンプル、ユーティリティ×テック、クリーンな要素が取り入れられています。
 セットアップやカットアウトニット、バラクラバなど多彩なアイテムが登場し、シアーアイテムを多用してユニセックスなスタイリングが提案されています。
 ディテールには「空洞」が多用され、硬質さと同時に透け感と軽やかさが演出されています。
 さらに、愛娘からのヒントでベビー服の要素も見られるなど、身の回りのエッセンスを拾い上げエレガントな佇まいに落とし込むバランス感覚はシュープらしさそのものといったコレクションでした。Img_77681pg

|

« 24春夏東コレ ⒂ セイヴソン「働く女性の妖艶さ」を表現 | トップページ | 24春夏東コレ ⒄ ア ベイシングエイプ ブランドの集大成 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24春夏東コレ ⒂ セイヴソン「働く女性の妖艶さ」を表現 | トップページ | 24春夏東コレ ⒄ ア ベイシングエイプ ブランドの集大成 »