« 24春夏東コレ ⑺ コンダクター「抑圧」テーマに「解放」へ | トップページ | 24春夏東コレ⑼ ミツル オカザキ 夢と現実の境界を探る »

2023年10月 6日 (金)

24春夏東コレ⑻ セヴシグ「もし人や国の間に壁がなければ」

 「セヴシグ(SEVESKIG)」の2024年春夏コレクションが、東京・台東区の東京キネマ?楽部にて、アンディサイデッド((un)decided)と合同で発表されました。
 タイトルは「もし人と人、国と国の間に壁がなければ (IF WE BREAK DOWN THE WALL)」です。コレクションはこのタイトルに基づき、国境や分断のない世界を希求して、制作されていました。

Img_74161jpg Img_74251














 登場したのはスラヴの伝統的な民族衣装とアメカジ要素を融合させ、花の刺繍やギャザーなどのディテールを取り入れたデザインや、争いに傷ついた人々の心情を表現するために、傷ついたデニムやライダースジャケットを含むグランジ調の要素を取り入れたルックです。
 またアロハシャツやヒョウ柄のジャケット、ボーダー柄のニットなど、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」とのコラボレーションによるアイテム、「A.T.フィールド (Absolute Terror Field)」をイメージした素材を使用した赤いセットアップなども見られました。
 さらにAIの発想と都市伝説からインスピレーションを得た、ユニークな要素も散見されました。壁や境界線を象徴するボーダー柄やストライプ柄、AIが生成した神話のプリントなど、現実と虚構の境界を探求する意匠など。
Img_74321_20231017101401
 平和への想いとスラヴ民族の伝承と神話を結びつけ、独自の視点で構築されたコレクションでした。

|

« 24春夏東コレ ⑺ コンダクター「抑圧」テーマに「解放」へ | トップページ | 24春夏東コレ⑼ ミツル オカザキ 夢と現実の境界を探る »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24春夏東コレ ⑺ コンダクター「抑圧」テーマに「解放」へ | トップページ | 24春夏東コレ⑼ ミツル オカザキ 夢と現実の境界を探る »