« 24春夏東コレ⒀「エックスエスエムエル」サステナブル訴求 | トップページ | 24春夏東コレ ⒂ セイヴソン「働く女性の妖艶さ」を表現 »

2023年10月12日 (木)

24春夏東コレ⒁ ハイドサイン「グレーカラー」UDの採用

 ワークユニフォームを手掛けるデザイン集団、「ハイドサイン(HIDESIGN)」が2024年春夏コレクションをプレゼンテーション形式で発表しました。
 Img_76821
 テーマは「グレーカラー(Gray Collar ⅲ)」です。ハイドサインでは、知的労働者を表すホワイトカラーや肉体労働者を示すブルーカラーとは異なる「グレー カラー」を打ち出し、多種多様な環境で働く労働者それぞれに寄り添ったユニフォームを提案しています。今季はその3シーズン目のバージョンのお披露目となることから、「Gray Collar ⅲ」と銘打っての発信でした。

 その新しいルックの特徴は、さまざまな体型に合うユニフォームです。そこには随所にユニバーサルデザイン(UD)の考え方が散見されました。最高身長や最低身長、最長脚、最高体重など、多様な体型を考慮して、ジャケットとパンツが一体となったオールインワンのシルエットや、指穴やフーディーなどのディテールで独自のオーバーサイズデザインが採用されていました。
 さらに、収納性を追求したコートも注目されました。後ろ身頃にはバッグが隠れるほどのスペースが確保されていて、スーパーマーケットでの使用を想定し、割れ物の収納に特化したコートも提供されています。
 ブルゾンでは、チャックとボタンを使用して急な雨から荷物を保護できるポンチョ型に変形する機能を備えているものも見られました。異なるグレーの濃淡を使用し、立体的で奥行きのある構造を実現しています。
 また、今季も多機能ポケットを備えたウェアがたくさん提案されており、前身頃に大中小のポケットを持つベストや、側面にのみポケットを配置したオールインワンなど、個人に合わせた機能性とスタイリッシュなビジュアルを両立させています。

 様々なアイテムの中から、とくにユニバーサルデザイン(UD)を採用したものを選び、下記3タイプをご紹介します。

ユニバーサルブルゾン
Img_76991_20231018132201  Img_77001














 ストレッチ性の高い4wayストレッチの撥水生地を使用。前後をファスナーで開閉することができ、背中にはクッションを入れられて、枕として使用可能な大型ポケットが付いているユニバーサルウェアです。災害のときなどにも使えるフェーズフリーウェアと思いました。

ユニバーサルシャツ
Img_77011  Img_77021


 

 

 






 
 植物由来ポリエステルの環境考慮素材で、帯電防止、ストレッチ性、UVカット、吸汗速乾性と、肩から袖のファスナーで、前後を分離させることが可能なUDデザインです。
 これなら腕が上がらなくても、袖を通せます。

ユニバーサル EFウェア(空調作業服ウェア) Img_76911pg
  ストレッチ性の高いストレッチ生地を使用したEFウェアです。車いすにも対応できるように。ファンとバッテリーの取り付け位置が前身頃になっています。

|

« 24春夏東コレ⒀「エックスエスエムエル」サステナブル訴求 | トップページ | 24春夏東コレ ⒂ セイヴソン「働く女性の妖艶さ」を表現 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24春夏東コレ⒀「エックスエスエムエル」サステナブル訴求 | トップページ | 24春夏東コレ ⒂ セイヴソン「働く女性の妖艶さ」を表現 »