« 2024/25年秋冬コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | メゾンマルジェラ インスタレーション シネマ・インフェルノ »

2023年9月23日 (土)

24春夏オダカ展示会 ニキ・ド・サンファルに触発されて

 オダカ(ODAKHA)はデザイナーの小髙真理さんが手掛けるレディスニットウェアを中心とするファッションブランドです。始まりは2014/15年秋冬で、2023年秋冬よりブランド名をマラミュートからオダカ(ODAKHA)に改称しました。(このブログ2023年6月23日付け参照)

 この2024年春夏もの展示会が東京・渋谷で催され、見に行ってきました。今シーズンは現代を代表する女性彫刻家 ニキ・ド・サンファル(Niki de Saint Phalle)の作品 「NANA シリーズ」に触発されて、Odakha24 女性の魅力を引き立てるランジェリーやコルセットの要素からデザインを構築したといいます。
 NANA シリーズはニキ・ド・サンファルが友人の妊婦姿から着想を得て制作した女性像のシリーズです。丸みを帯びた体つきの女性が飛び跳ねる姿は解放感と力強さを感じさせます。
 小髙さんはパリのポンピドゥーセンターで、廃材で作られた白一色の大きな彫刻『花嫁』と出会い、ニキ・ド・サンファルの作品に魅了され、女性の身体に向き合う重要性を再認識したといいます。

Img_69301jpg  
 カラーパレットは、白をキーカラーに緑、赤、ネイビー、ブラック、カーキといった、優雅さと力強さが調和したカラーリングが特徴です。NANA シリーズに見られるような軽やかで躍動感のあるシルエットのアイテムが揃っています。オリジナルのレースをあしらったキャミソールや動きのあるフレアシルエットの MA-1、身体に寄り添うハンドニットコルセットなど。またダーツを取り入れ、フリルやレースを施した、ホールガーメントの限界に近い装飾性への新たな挑戦も見られます。

 女性性を肯定し、自分自身を謳歌する堂々とした“NANA”は、多くの人々に愛され続けています。そんな現代の女性たちへの賛歌ともいえるコレクションです。ますます期待しています。

|

« 2024/25年秋冬コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | メゾンマルジェラ インスタレーション シネマ・インフェルノ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2024/25年秋冬コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | メゾンマルジェラ インスタレーション シネマ・インフェルノ »