« パリ ガリエラモード美術館「ファッションの色彩」展 | トップページ | パリ イヴ・サンローラン美術館「シェイプ&フォルム」展 »

2023年9月 1日 (金)

アズディン・アライア、アーサー・エルゴート Freedom展

 7月初めのパリで、アズディン・アライア財団にて開催されていたファッション&写真展「アズディン・アライア、アーサー・エルゴート Freedom」展を見てきました。
 アズディン・アライアはチュニジア出身で1950年代にパリに移住したファッションデザイナーです。強いタイトフィットでボディラインを大胆に強調したシルエットが一世を風靡し、1980年代のファッション界をリードしました。
 アーサー・エルゴートは1960年代、ニューヨークの店で買った最初のポラロイドで写真術に目覚め、その後ヴォーグ誌の偉大なディレクター、アレクサンダー・リバーマンに見出されて、名物編集者のグレース・コディントンとともに仕事をするようになったフォトグラファーです。
 ともにパリで1980年代に女性の「Freedom(自由)」を形作り、自己主張と自立に満ちた女性像の刷新に貢献しました。
 二人はパリで出会い、アライアはエルゴートのカジュアルでありながらきちんとしたスタイルに惹かれたといいます。エルゴートはそんなアライアにモノクロの写真で、即興性を表現した、楽しい生き生きとしたショットを提供しました。

Img_47311jpg
 本展では、80年代のアライア作品28点とその作品を着装したスーパーモデルを写したエルゴートの写真を並べて展示、二人の共作はまさに壮観でした。

 その一部をご紹介します。

Img_47151jpg  1987秋冬コレクション ボートネックのショート丈スケータースカートのドレスです。モデルはイギリス人ファッションモデルのナオミ・キャンベル。

Img_47131jpg  1987春夏コレクション ビスコースジャージーのアンサンブルです。モデルはイギリス人ファッションモデルのヤスミン・ル・ボン。

Img_47081_20230909200801  1988春夏コレクション ベージュ色のコットンギャバジンのコルセットとコットンのショーツです。モデルは「伯爵夫人」のあだ名で知られるオランダ人ファッションモデルのマルペッサ・ヘニンクです。

|

« パリ ガリエラモード美術館「ファッションの色彩」展 | トップページ | パリ イヴ・サンローラン美術館「シェイプ&フォルム」展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリ ガリエラモード美術館「ファッションの色彩」展 | トップページ | パリ イヴ・サンローラン美術館「シェイプ&フォルム」展 »