« 「ファッションレボリューション」展 服と着る人の関係問う | トップページ | 「マリコ・コウガ 『着てみたい』は力になる」展 »

2023年6月23日 (金)

「マラミュート」が「オダカ」に名称変更し写真展開催

 先日、小高真理デザイナーが手掛ける「マラミュート」が23年秋冬からブランド名を「オダカ(ODAKHA)」に変更しました。
 その新たなスタートに際して、写真家の小見山峻が撮り下ろした2023年秋冬コレクションのヴィジュアルによる写真展と新作のインスタレーションが、6月16日と17日の2日間限定で、渋谷のTHE PLUGにて開催されました。
 Img_32081
Img_31901  23秋冬のシーズンテーマは「shades of flowers」で、21世紀を代表するアーティスト、サイ・トゥオンブリー(1928-2011)による力強い赤色で描かれた薔薇やチューリップの絵画に着想したといいます。ホールガーメントとクロシェニットを組み合わせた陰影のあるシルエットで、キーカラーは動的なエネルギーを感じさせる赤です。
 ガーリッシュな甘さと大人の落ち着きが混在するニューエレガンスを表現する「オダカ」と、それをグラフィカルに表現する小見山峻さんの写真作品。二つが見事にマッチして、ブランドの新しい世界観を余すところなく表現していると思いました。

 今後「オダカ」は海外進出に注力していく方向といいます。日本製ニットウェアの魅力をどんどん世界に発信していって欲しい、と心より期待しています。

|

« 「ファッションレボリューション」展 服と着る人の関係問う | トップページ | 「マリコ・コウガ 『着てみたい』は力になる」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ファッションレボリューション」展 服と着る人の関係問う | トップページ | 「マリコ・コウガ 『着てみたい』は力になる」展 »