« 義肢装具士 安田伸裕氏講演会「義肢装具の世界」 | トップページ | 「コットンの日2023」⑴ 4年ぶりにリアル会場で開催 »

2023年5月18日 (木)

鎌倉円覚寺雲頂庵 中島千波画伯による待望の襖絵「桜」

 先日、鎌倉円覚寺雲頂庵に参りましたところ、ずっと話に聞いていた襖絵が届いたとのことで、特別拝観させていただきました。
 それは中島千波画伯による「桜」の襖絵です。枝垂れた枝からいっぱいに桜花が咲き誇り、もう見事というしかありません。

Img_26051 Img_26071jpg
 モデルは枝垂れ桜で有名な福島県の「三春の滝桜」です。樹齢1000年を超える老木で、優美さの中に哀愁を帯びた風情が伝わってくるような趣のある姿で描かれています。 
 この桜のある三春町には芥川賞を受賞した玄侑宗久氏が住職を務める福聚寺があり、以前円覚寺夏期講座でお話を聞いたことがありました。
 一度、三春の滝桜とお寺に行ってみたいものです。

|

« 義肢装具士 安田伸裕氏講演会「義肢装具の世界」 | トップページ | 「コットンの日2023」⑴ 4年ぶりにリアル会場で開催 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義肢装具士 安田伸裕氏講演会「義肢装具の世界」 | トップページ | 「コットンの日2023」⑴ 4年ぶりにリアル会場で開催 »