« “「和」に刺激されるファッション ” 寄稿 | トップページ | エアーかおる浅野撚糸「パーフェクテン」タオルを新開発 »

2021年5月13日 (木)

シキボウ展“ニューノーマル”サステナブルや抗ウイルス

 繊維メーカー大手「シキボウ」の展示商談会が4月20日~22日、会場を新しく東京・日本橋プラザマームに移して、開催されました。
 テーマは“ニューノーマル(新常態)”です。これは新型コロナウイルス禍で激変するライフスタイルを指す言葉ですね。今回はこのニューノーマルに対応する素材を前面に打ち出していたのが印象的でした。

 ポイントは二つ、一つはサステナブル素材、もう一つは抗ウイルス加工素材です。
 まずサステナブル素材では、一押しが「USコットン・トラスト・プロトコル」です。米綿のサステナビリティ検証システムといわれているものです。同社がこのシステムを通じて調達した綿花を使った糸・生地の提案をしっかり行っている様子が見てとれました。Img_43651
 展示にはデリバリー用の段ボール箱も配置。よく見るとUSコットン・トラスト・プロトコルのロゴを入れてデザインを一新した箱でした。これならトラスト・プロトコル適用であることが明確に分かっていいなと思います。
 その隣のコーナーでは「オフコナノ」を提案。燃焼時の二酸化炭素排出量を抑制する特殊ポリエステル繊維で、CO2削減率は約60%だそう。環境負荷を低減できる素材としてアピールしていました。
 
 次の抗ウイルス加工素材では際立っていたのが「フルテクト(FLUTECT)」です。この3月のプラグイン展にも出展し来場者の関心を集めていました。(このブログ4.28付け参照)Img_43641jpg
 「アンリアレイジ」のデザイナーの森永邦彦氏が積極的に今春夏コレクションでフルテクトを採用するなど、今やフルテクトの勢いは目覚ましい限り。本展でもフルテクトマスクから羽毛用ダウンプルーフまで、幅広いアイテムで訴求していました。

Img_43601jpg  昨秋にアンリアレイジとオンワード樫山の協業ブランド「ANEVER」がデビューしましたが、その春夏ファッションもディスプレーされていました。シンプルで親しみやすいシルエットのコレクションで、コートなどにフルテクト加工素材が使用されているといいます。

 ニューノーマルに向けたシキボウの取り組み、今後も注視しています。

|

« “「和」に刺激されるファッション ” 寄稿 | トップページ | エアーかおる浅野撚糸「パーフェクテン」タオルを新開発 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “「和」に刺激されるファッション ” 寄稿 | トップページ | エアーかおる浅野撚糸「パーフェクテン」タオルを新開発 »