« FW東京 春 ⑶ “ユニバーサルファッション”のシバタ | トップページ | 志賀高原で青空の下「春スキー」 »

2021年5月 5日 (水)

FW東京 春 ⑷ 上田安子服飾専門学校「UCF」21A/W展

 先般のファッションワールド(FW)東京 春 展のアパレルエクスポで、思いがけなく見つけたのが「UCF」というブランドです。感性あふれる独創的なデザインのドレスが勢揃いしていました。Img_41751jpg
 「UCF」は、上田安子服飾専門学校のトップクリエイター学科のパリコレブランドのことでした。2019年秋のパリコレで初のコレクションショーを開催し、その後も毎シーズンコレクションを発表しているといいます。さすが西日本最大級を誇る学校ですね。

 Img_41801 本展では2021A/Wのコレクション展示が行われていました。
 テーマは「PASSION and CONNECT」で、心の襞に触れるような素材と人との関係性を作品に込めたといいます。
 モノトーンの中に浮かび上がっていたのは、日本のテキスタイル産地の選りすぐり素材「兵庫県播州織」「富山県福井県経編」「群馬県桐生ジャカード」「滋賀県麻織物」の数々です。染色では「京都府深黒染め」、「愛知県有松鳴海絞り形状加工」(右)も効果的に使われています。
 学生たちは日本独自の素材を使い、ファッションの美しさと機能性を見事に表現していました。
 
 この3月のパリコレにはオンラインで参加したとのこと。そのときのPVも公開されています

 それにしても日本の学校がこんな風にパリコレに進出していたとは!
 若い才能に期待しています。

|

« FW東京 春 ⑶ “ユニバーサルファッション”のシバタ | トップページ | 志賀高原で青空の下「春スキー」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FW東京 春 ⑶ “ユニバーサルファッション”のシバタ | トップページ | 志賀高原で青空の下「春スキー」 »