« 21春夏東京コレクション⑴ ハレ 似ているけれど違う二人 | トップページ | 21春夏東京コレクション⑶ ジン カトウ「再生」をテーマに »

2020年11月 4日 (水)

21春夏東京コレクション⑵ リコール 既存の痕跡を再解釈

 「リコール(RequaL≡)」はデザイナー土居哲也が手掛けるブランドで、2016年にデビュー、昨年の「第34回イエール国際モードフェスティバル」ではファッション部門でセミファイナリストに選ばれ、このほど「東京ファッションアワード2020」を受賞して、フィジカルなショーを披露しました。
 テーマは「リトレース(Retrace)」で、既にある既存の痕跡を再解釈するというものです。ランウェイに現れたのは複数の服を組み合わせた構築的なフォルムのモデルたち。 ラードジャケットやスエットパーカ、ラガーシャツ、Tシャツ、スカーフなどを重ねて仕立てたボリュームたっぷりのデザインです。ブランドのアーカイブを再構築し、ウィットに富んだエスプリで仕上げた一点ものも。

   目を惹いたのは、子どものモデルによる着せ替えショー。手に持っていたキャンパスノートのようなピースがシャツに早変わりして、着替えるアイデアです。
Img_17131 Img_17041


 









 

 奇抜な作品揃いで、もう目が点!のコレクションでした。
Img_17302

|

« 21春夏東京コレクション⑴ ハレ 似ているけれど違う二人 | トップページ | 21春夏東京コレクション⑶ ジン カトウ「再生」をテーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏東京コレクション⑴ ハレ 似ているけれど違う二人 | トップページ | 21春夏東京コレクション⑶ ジン カトウ「再生」をテーマに »