« 21年春夏パリコレ ⑽ アンリアレイジ 服は移動可能な家 | トップページ | 21春夏東京コレクション⑵ リコール 既存の痕跡を再解釈 »

2020年11月 3日 (火)

21春夏東京コレクション⑴ ハレ 似ているけれど違う二人

 東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO (東京コレクション)2021 S/S」は、10月12日から17日までの6日間、開催されました。参加ブランドは全36で、そのほとんどはオンライン配信、観客を入れたリアルなショーは15ほどだったといいます。また初参加は19あり、メンズのブランドやメンズ・ウイメンズ合同のコレクションが目立ったのも印象的です。

 「ハレ(HARE)」はアダストリアの1ブランドです。この2021年春夏メンズ・ウィメンズコレクションが、東京・恵比寿のザ・ガーデンホールで発表されました。
 観客を絞ってのリアルなショーで、モデルが二人一組で現れる、興味深い演出でした。
 テーマは「似ているけれど違う二人」。いわゆる“リンクコーディネート”で、色や柄などを部分的にリンクさせて、さり気ないお揃い感を出しています。男女のペアで、ジェンダーレス感を強めたルックも多かったです。
Img_15321  前半はほぼ同じデザインの黒と白、次第にカラーが登場し、二人の色の違いを楽しんだり、着こなしに変化をつけたり。
 Img_15471  心地よいシリラックスした雰囲気で、シーンを選ばずに着用できるアイテムが中心です。
 Img_15531   最後は明るい彩りがあふれて、幸せな気分をイメージさせるフィナーレでした。

|

« 21年春夏パリコレ ⑽ アンリアレイジ 服は移動可能な家 | トップページ | 21春夏東京コレクション⑵ リコール 既存の痕跡を再解釈 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21年春夏パリコレ ⑽ アンリアレイジ 服は移動可能な家 | トップページ | 21春夏東京コレクション⑵ リコール 既存の痕跡を再解釈 »