« 21春夏東京コレクション⑹ 服飾と絵画の合作「サモン」展 | トップページ | 桐生テキスタイルコレクション2021 桐生産地の生地一堂に »

2020年11月 9日 (月)

2021春夏「ハトラ」展示会 テーマは「オーニソプター」

 ファッションブランド「ハトラ(HATRA)」は、毎シーズン、注目しているブランドです。先月上旬、東京・渋谷のギャラリーで2021春夏ものの展示会が開催され、行ってきました。
 テーマは、あまり聞きなれない言葉の「オーニソプター (ornithopter)」です。これは「羽ばたき型の航空機」のことで、鳥やコウモリのように翼を羽ばたかせることによって浮力・推進力を得る形式の飛行機だそう。ちなみに航空機開発の初期において、レオナルド=ダ=ビンチをはじめとする科学者により、はばたき型の飛行機械が考案されたのですが、いずれも実現には至らなかったといいます。
Img_14171_20201101175001  ブランドを手掛ける長見佳祐デザイナーはこのテーマを基調に、鳥のように羽ばたくイメージをコレクションに落とし込んでいます。
  とくに一押しは右の写真のような鳥をモチーフにしたニットのセーターやドレスです。
 前回の展示会で初披露されたアイテムで、鳥の仮剥製から画像を再構成したジャカードニットで、このブログでも記事 (2020.4.3付け参照)を掲載しています。
 点描画のような表現で、遠目で見ると羽根を広げている鳥の姿が見えてきます。
Img_14181jpg  価格はドレスで41,000円+税です。素材はコットン100%です。

 この他、シャープな裁断のコートやシャツ、幾何学モチーフのTシャツなど、ハトラらしい居心地のよいミニマルアートを感じさせるアイテムが勢揃いしています。
Img_14131_20201101174901  心地よく身体を包んでくれてカッコいい、ステキなコレクションです。

|

« 21春夏東京コレクション⑹ 服飾と絵画の合作「サモン」展 | トップページ | 桐生テキスタイルコレクション2021 桐生産地の生地一堂に »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏東京コレクション⑹ 服飾と絵画の合作「サモン」展 | トップページ | 桐生テキスタイルコレクション2021 桐生産地の生地一堂に »