« U.S.コットン・トラスト・プロトコル 「Cotton 2040」参加 | トップページ | ミナ ペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」展 »

2020年11月14日 (土)

JFWテキスタイル 2021秋冬PTJ/JFW-JC開催概要

 JFWテキスタイル事業が主催する2021秋冬テキスタイル展示会、PTJ(プレミアム・テキスタイル・ジャパン)とJFW-JC(ジャパン・クリエーション)展の開催概要が、このほど発表されました。
Img_14151_20201115164601  コロナの禍中で、リアル展の開催は危ぶまれたといいます。
  しかしアパレルや小売りから、生地の展示は実際に触れてみたいとの要望が強くあり、開催を決行したとのことでした。

 日程は11月18日~19日、東京国際フォーラム展示ホールE (5,000㎡)で開催され、出展者数はPTJが前年比8割の66件、92.75小間、JFW-JCも前年比8割の47件242社、168.9小間だそう。
 来場者事前登録は2,163件(昨年458件)で、新型コロナウイルス感染症予防のため、招待状を全て廃止、完全事前登録制としたため、大きく増加しています。来場するにはWeb事前来場登録が必要です。海外からは22件の登録があったそうですが、ほとんどは日本在住の外国人と思われるとのことでした。
 今回展で目新しいのはサステナブル・プロジェクトです。本来5月展で始動するはずだったものですが、今シーズンからのスタートとなりました。
 サステナブル・テキスタイルには該当素材にサステナブルカードが添付され、インデックス展示素材及びブース内の該当素材にはハンガーヘッドなどにサステナブル・アイコンのシールが表示されます。さらに企業認証を受けた出展者か、あるいは出品素材の20%以上が該当素材で構成された出展者のブースにはサステナブル・アイコンが表示されるとのことです。
 シーズントレンドは次の4つのテーマ、「慣わしの美」、「極みの美」、「破天荒の美」、「精霊の美」で構成され、とくに「慣わしの美」のテーマでは展示素材(76点)のすべてがサステナブル素材になるといいます。
 関連プログラムの「テキスタイルワークショップ」や恒例の「ピッグスキン・ファッションショー」もソーシャルディスタンスを確保して、事前予約制で行なわれるそう。
 
 海外展のミラノウニカについても言及があり、現在のところ2021年2月2日~4日開催で、予定通りに準備を進めているといいます。日本パビリオンには17社がエントリーしていて、規模は前回の6割程度になるそう。しかしながら欧州中心に感染拡大が再発し、予断を許さない状況が続いているとも。
 インターテキスタイル上海については、2021年3月10日~12日、24社62小間が出展を決めていて、日本素材への関心が相変わらず高いことから、成功に自信を深めているといいます。

 なお2021年のスケジュールは、PTJが5月25日~26日、エントリー受付締め切りは2020年12月18日だそう。
 コロナ感染の収束が待ち望まれますね。

|

« U.S.コットン・トラスト・プロトコル 「Cotton 2040」参加 | トップページ | ミナ ペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」展 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« U.S.コットン・トラスト・プロトコル 「Cotton 2040」参加 | トップページ | ミナ ペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」展 »