« 2021春夏「ハトラ」展示会 テーマは「オーニソプター」 | トップページ | ギフト・ショー秋2020 ⑴ リラクセーションギフト「癒し」 »

2020年11月10日 (火)

桐生テキスタイルコレクション2021 桐生産地の生地一堂に

  先般、10月8~9日、「桐生テキスタイルコレクション2021」が開催されました。今年3月展がコロナ禍により中止され、ほぼ1年ぶりに桐生産地の生地が一堂に揃ったことになります。場所が渋谷区のウィズ原宿に移ったこともあり、出展した11社は気分も新たに臨まれたようです。客数は少なかったものの、商談はリモートも交えて進められ、好評裡に幕を閉じた模様です。

 高級感のあるジャカードに抗菌などの機能を備えた服地など、桐生らしい新作が発表される中、目に付いたものをご紹介します。

Tex.Box
 Img_13881_20201112182801 アイデアに満ちたニードルパンチ生地が目を惹きます。
 今回も有力デザイナーブランドに高い評価を集めたものと思われます。

トシテックス
  このところずっと取り組まれているアップサイクル素材を提案。
Img_13951jpg  過剰在庫となっている生地や編地を服飾素材やストールに生まれ変わらせる取り組みです。
 今シーズンはさらにみがきがかかったといった様子でした。

CofH(シー・オブ・エイチ)
 高級感のあるシンプルなジャカードに魅せられました。しっかりした肉厚感もいいですね。
Img_14021jpg Img_13991jpg








津久弘織物工場

 高品質なカットジャカードが勢揃い。モノトーンやロマンティックな白みを帯びた色使いが目新しく映ります。
Img_14071pg Img_14111jpg

|

« 2021春夏「ハトラ」展示会 テーマは「オーニソプター」 | トップページ | ギフト・ショー秋2020 ⑴ リラクセーションギフト「癒し」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021春夏「ハトラ」展示会 テーマは「オーニソプター」 | トップページ | ギフト・ショー秋2020 ⑴ リラクセーションギフト「癒し」 »