« 「モード・イン・フランス展」 出展・来場者数減も結果に満足 | トップページ | 「rooms 41」展⑴ トレンドやカルチャーが生まれる合同展 »

2020年11月17日 (火)

「東郷青児 蔵出しコレクション~異国の旅と記憶~」

 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館を改装して、この7月に開館したSOMPO美術館で今、「東郷青児 蔵出しコレクション~異国の旅と記憶~」が開催されています。 11月11日のオープンに先駆けて行われた内覧会に行ってきました。
 1_20201117171401 テーマは「旅」で、モダンな美人画で知られる東郷青児がこんなにも多岐にわたる旅をしていたのかと驚かされます。年譜によると24歳から7年間をフランスで暮らし、63歳以降は毎年のように海外を旅してまわっています。東郷は生涯、異国に強烈な興味を抱き続けていたようです。
 本展では画伯が旅先で見たもの、持ち帰った物、それらに刺激を受けた作品など、これまであまり展示する機会がなかった収蔵品約140点が紹介されています。
 
 最初のコーナーが東郷青児のアトリエ風景です。
Img_21701jpg  イーゼルにかかっているバーバリーのトレンチコートスタイルの肖像写真がカッコいいです。

第1章 1920年代のフランス
Img_21711pg  フランス留学時の作品で「コントラバスを弾く」。ピカソに触発されて描いたもののよう。
 右の写真も東郷のイケメンぶりがわかります。あの宇野千代が小説「色ざんげ」を書いた、そのきっかけをつくった人でもあったのですから。

Img_22061  左「南仏風景」、右「スペインの女優」(1922年)
 
第2章 モダンボーイの帰国
Img_22101
 「超現実派の散歩」(1929年)。Img_21821pg  宙に浮くという不思議な感覚をテーマに、「超現実派(シュールレアリズム)の理論は嫌いだが、唯純粋にそれだけを摘出してみたい」と描いた作品とか。
 
第3章 イメージの中の西洋 
Img_21901pg  左「赤いベルト」(1953年)。クリスチャン・ディオールのニュールックの特徴を捉えています。なだらかな肩、絞ったウエスト、長い丈のフレアスカート---、1950年代の女性のファッションを牽引したシルエットでした。
 右「望郷」(1959年)。未来を夢見るだけでなく、失われたものに思いを馳せる憂いを帯びた表情が印象的です。

第4章 戦後のフランス
Img_22201jpg  左「魚藍観音」(1962年)。この頃、仏像に興味を持つようになっていったといいます。二科展出品作品。

第5章 異国の旅と蒐集品
Img_22241pg  異国で出会った女性の絵コンテです。右下がちらし掲載の「ヴァンスの女」(1972年)、真ん中上が「チェッコの女」(1970年)など。タッチがステキです。

Img_22321  「ラムセスの寵姫」(1976年)。エジプトのルクソールを訪れたときの思い出とか。

 最後に、晩年の彫刻作品が展示されています。Img_22291pg  ゴツゴツとした感触で、「青児美人」とはまったく異なる作風です。凄みというか迫力を感じます。
 
Img_22581  収蔵品コーナーもあり、セザンヌやゴーギャンなどとともに、奥まったガラスケースに展示されていたのがゴッホの「ひまわり」でした。
 
 この他、もうほんとうにたくさん。知らなかった東郷青児の世界を堪能しました。
 
 展覧会は来年の1月24日まで。詳細はHP https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/togoseiji2020/をご参照ください。(なお写真は特別な許可を得て撮影しています。)

|

« 「モード・イン・フランス展」 出展・来場者数減も結果に満足 | トップページ | 「rooms 41」展⑴ トレンドやカルチャーが生まれる合同展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「モード・イン・フランス展」 出展・来場者数減も結果に満足 | トップページ | 「rooms 41」展⑴ トレンドやカルチャーが生まれる合同展 »