« 21春夏ミラノコレクション⑷ プラダにラフ・シモンズ加入 | トップページ | 2021/22年秋冬コットン素材傾向―PV 及びMUより »

2020年10月21日 (水)

21春夏ミラノコレ⑸ ヴァレンティノ リーバイスとコラボも

 新型コロナウイルスの影響で発表の場をパリからミラノに移した「ヴァレンティノ(VALENTINO)」。ミラノ・ファッション・ウィークの最後を飾るリアルショーをレディスとメンズ合同で開催しています。

Photo_20201021193701  注目はリーバイスとのコラボレーションです。ブーツカットジーンズを、2021年春夏コレクションで提案、来春にヴァレンティノストアにて発売するとのことです。
 ロマンティックなフリルたっぷりのブラウスにブルージーンズが似合っていて、これはヒット間違いなし、と思いました。

 今シーズン、デザイナーのピエールパオロ・ピッチョーリがイメージしたのは、ラジカル(急進的な)ロマンティシズムだそう。それは「個性、自分のアイデンティティと多様性を表現する自由」であるといいます。そしてロマンティックであるということは、「ルールに従わないこと、理想主義を受け入れること、反抗的であること、より良い世界のために戦うことを意味する」と語っています。ジーンズを採り入れたのもこのためでしょうか。
 コレクションはミニありロングあり、華やかなプリントあり、個性的でバリエーションに富んでいたのが印象的です。

|

« 21春夏ミラノコレクション⑷ プラダにラフ・シモンズ加入 | トップページ | 2021/22年秋冬コットン素材傾向―PV 及びMUより »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏ミラノコレクション⑷ プラダにラフ・シモンズ加入 | トップページ | 2021/22年秋冬コットン素材傾向―PV 及びMUより »