« 21春夏パリコレクション⑻ ケンゾー“養蜂家の装い”テーマ | トップページ | 21年春夏パリコレ ⑽ アンリアレイジ 服は移動可能な家 »

2020年11月 1日 (日)

21春夏パリコレクション⑼ エルメス 体を引立てるミニマル

 夏は自由がはばたく季節。「エルメス(HERMES)」のアーティスティック・ディレクター、ナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーは2021春夏に向けて、妨げるものは何もないとばかりに、体をより美しく引立てるミニマルなシルエットを発表しています。
 ロックダウン中、シビュルスキーは人間的なタッチが恋しくなったそうです。“触れる”ファンタジーを求めて、官能的なものから禁欲的なものまで、様々な角度から「肌の飢え」をファッションに表現したといいます。

Photo_20201031180401  しなやかにボディに沿うドレスは、水着のように背中が大きくくり抜かれていたり、ブラトップの上にシンプルなオールインワンを重ねたり、ボディスーツにストラップ付きスカートを組み合わせたり。直線的なラインも特徴的です。

 洗練されたモダンなミニマリズムは、まさにこのメゾンの十八番。



  繊細さと揺るぎのない構築性で、女性の強さと儚さを描き出したコレクションに、改めてこのメゾンの凄さを見ました。

|

« 21春夏パリコレクション⑻ ケンゾー“養蜂家の装い”テーマ | トップページ | 21年春夏パリコレ ⑽ アンリアレイジ 服は移動可能な家 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏パリコレクション⑻ ケンゾー“養蜂家の装い”テーマ | トップページ | 21年春夏パリコレ ⑽ アンリアレイジ 服は移動可能な家 »