« 21春夏パリコレション⑷ ルイ・ヴィトン ノンバイナリーに的 | トップページ | 21春夏パリコレクション⑹ ロエベ 前衛的なパターン製作 »

2020年10月28日 (水)

21年春夏パリコレクション ⑸ ステラ マッカートニー

 ポール・マッカートニーの娘のステラが手がける「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」。その2021年春夏ウィメンズコレクションは、約3分半の動画にまとめられて配信されました。
 ショーの舞台となったのは、イギリスのノーフォークにあるホートン教区のカントリーハウス「ホートン・ホール & ガーデンズ・ノーフォーク」です。モデルたちは並木道を颯爽と闊歩し、豊かな緑に囲まれた園庭を巡ります。
 
 テーマは“A-to-Z manifesto”(A to Z マニフェスト)で、そこには次のような言葉が挙げられています。
 A is for Accountable、B is for British、C is for Conscious、D is for Desire、E is for Effortless、F is for Falabella、G is for Grateful、H is for Humour、I is for Intimacy、J is for Joy、K is for Kind、L is for Linda、M is for Mindful、N is for Nature、O is for Organic、P is for Progressive、Q is for Question。R is for Repurpose、S is for Sustainability、 T is for Timeless、U is for Utility、V is for Vegan、W is for Womanhood、X is for Kiss、Y is for Youth、Z is for Zero Waste。

 ベジタリアンで、環境に配慮するエシカル・ファッションでも知られるデザイナーらしいマニフェストですね。 

Photo_20201030171101  登場したモデルは、ブリティッシュ調のテイラードなスタイルにフェミニンなラインを融合したデザインやスポーティブなバイカー風のスタイリングなど。
  とくに注目はバストを強調したセクシーなボディコンシャス・ドレスです。それはステラが現在展開中の乳がん意識向上を図るキャンペーンとつながっているのでしょう。

 社会への責任を誠実に果たしたい、そんな意志を感じさせるコレクションです。

|

« 21春夏パリコレション⑷ ルイ・ヴィトン ノンバイナリーに的 | トップページ | 21春夏パリコレクション⑹ ロエベ 前衛的なパターン製作 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏パリコレション⑷ ルイ・ヴィトン ノンバイナリーに的 | トップページ | 21春夏パリコレクション⑹ ロエベ 前衛的なパターン製作 »