« 21春夏NYコレクション ⑶ アリス・アンド・オリビア | トップページ | 横浜「秋の里山ガーデンフェスタ」ナスなのにトマトの実? »

2020年10月 6日 (火)

21春夏NYコレクション⑷ アナスイ テーマは「ハートランド」

 今季NYコレクションでアナスイ(ANNE SUI)は、2021春夏コレクションを1991年以来初めてファッションショーではなく、写真と動画で発表しました。
 テーマは「ハートランド」です。ルックブックの背景は、いつものようにサラ・オリファン(Sarah Oliphant)が描いたピンクのコテージで、ハート型の窓とアナスイのシグネチャーである蝶々がシャッターの上に羽ばたく姿が描かれています。Photo_20201002210101 
 子どもの頃からあまり家にいなかったというアナスイ。家で過ごす時間が多くなって、家とは自身にとって何を意味するのかを考え始めたといいます。
 2021年春夏コレクションをブレインストーミングする中、触発されたのが印象派の女性画家ベルテ・モリソについてのドキュメンタリー映画だったとか。それが大恐慌時代のチャールズ・バーチフィールドの水彩画や、1966年のチェコ映画「デイジーズ」の洗いざらしたような色彩と結び付いたと語っています。



 ダスティローズやアイボリー、淡い翡翠の落ち着いたカラーパレットで、コットンボイルやクレープ、メッシュ、アイレット、手刺繍で花をあしらったオーガンザなどを組み合わせ、ハウスドレスやピナフォアなどがデザインされています。
 パッチワークやキルティング、刺繍、リボンなど、デニムのショーツからタイバックのドレスまで、ほとんどのアイテムにアナスイらしいディテールが施されており、一着一着のこだわり度は相変わらず高い様子。

  コロナ禍、何もかもが荒涼としている時には、このような温もりのあるやさしい雰囲気の特別な服が心に響くようです。

|

« 21春夏NYコレクション ⑶ アリス・アンド・オリビア | トップページ | 横浜「秋の里山ガーデンフェスタ」ナスなのにトマトの実? »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏NYコレクション ⑶ アリス・アンド・オリビア | トップページ | 横浜「秋の里山ガーデンフェスタ」ナスなのにトマトの実? »