« 2021春夏ロキト 「THINK ABOUT」コロナ後を想像して | トップページ | 2021春夏ディスカバード ヴィンテージとのミックス »

2020年9月21日 (月)

「中原淳一のはじめての、ふろく展」 思い出のアーカイヴ

 雑誌というと毎号、付録が楽しみです。中でもあの中原淳一がつくったという付録ならましてや、少女たちのときめきはさぞかし大きかったことでしょう。
 その「中原淳一のはじめての、ふろく展」が、29日まで表参道のTOBICHI東京にて開催されていて、私も行って来ました。
Img_05001 よくもまあ残っていた、と思う、思い出の小さなアーカイヴが約50点展示されています。
 Img_05031 ファッションのスタイルブックや手芸の小冊子、レターセット、カルタ、カードゲームなど、戦前の「少女の友」、戦後の「ひまわり」のために中原淳一が精魂込めて創り出した付録がズラリ!

 復刻デザインの「スカートとタイ付ブラウスのセット」も受注販売されていました。

 まさにカワイイの原点! 
 あのつぶらな瞳にどんなに憧れたことか、当時を偲んだひと時でした。

|

« 2021春夏ロキト 「THINK ABOUT」コロナ後を想像して | トップページ | 2021春夏ディスカバード ヴィンテージとのミックス »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021春夏ロキト 「THINK ABOUT」コロナ後を想像して | トップページ | 2021春夏ディスカバード ヴィンテージとのミックス »