« 雑貨EXPOライフスタイルWeek夏 新しい生活様式グッズ | トップページ | オノデラユキ FROM Where展 「古着のポートレイト」 »

2020年9月15日 (火)

文具・紙製品展で第29回『日本文具大賞』グランプリ発表

 先般の雑貨EXPO文具・紙製品展で、第29回『日本文具大賞』が発表されました。2020年の「機能面」「デザイン面」、それぞれの部門で優れた文具に贈られるアワードです。

 機能部門の優秀賞5製品とデザイン部門の優秀賞5作品の中から、展示会場にてグランプリが決定され、表彰式が行われました。
 機能部門でグランプリを射止めたのは、(株)相馬「ホントの紙ねんどつくるキット」です。 Img_02841  これは紙屋さんのアイデアだそう。紙ねんどを、紙という素材から自分の手でつくることを楽しめる点が評価されたといいます。紙の優しい手触りを体感する、というのもいいですね。

 デザイン部門のグランプリは、ハリオサイエンス(株)「毎日使いたいガラスペンとインクポット」に贈られました。
Img_02741  ハリオサイエンスは、フラスコやビーカーから耐熱ガラスをつくっている会社です。それが文具展に初めて出展して、グランプリ受賞という快挙を成し遂げたのです。インクの色をしっかり楽しめる、透明でシンプルなデザインがステキです。

  優秀賞の中で、グランプリではなかったのですが、私がすばらしいと思ったのは、(有)真美堂手塚箔押所の「バリアフリーカレンダー」です。
Img_02721  文字がエンボス加工の浮き出し文字になっていて、「視覚で分かる」「触覚で分かる」カレンダーです。使い手への思いやりが行き届いていますし、デザインもシンプルで洗練されています。

|

« 雑貨EXPOライフスタイルWeek夏 新しい生活様式グッズ | トップページ | オノデラユキ FROM Where展 「古着のポートレイト」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑貨EXPOライフスタイルWeek夏 新しい生活様式グッズ | トップページ | オノデラユキ FROM Where展 「古着のポートレイト」 »