« 2021春夏エズミ 隈研吾の「負ける建築」を発想源に | トップページ | 2021春夏チカ キサダ バレエの「強いエレガンス」に着想 »

2020年9月26日 (土)

2021春夏ディウカ 「サイクル&シーズン」をテーマに

 田中崇順デザイナーと松本志行パタンナーが手がけるレディスファッションブランドの「ディウカ(DIVKA)」が先般、2021春夏コレクションを発表。その展示会を訪れました。場所は引っ越したばかりという東京・五反田のアトリエです。
Img_04891  テーマは「サイクル&シーズン」です。コロナウィルス下、生地もパターンもできる限り無駄を出さないように工夫してつくった新作を提案しています。
Img_04911  たとえば生地はデッドストックを採用したり残布を利用したり、またパターンは“きもの”に着想し、できる限り裁断しないで仕立てたり。
  
Img_04901  いつも興味深いプリントデザインは、パリの工事現場の壁などに描かれているスケッチがヒントとか。
 水彩画に線描の組み合わせがアーティスティックです。

 海外との取引が滞る厳しい状況の中、それでもエレガントでダイナミックなドレスデザインで、このブランドらしさを打ち出していたのが印象的でした。

|

« 2021春夏エズミ 隈研吾の「負ける建築」を発想源に | トップページ | 2021春夏チカ キサダ バレエの「強いエレガンス」に着想 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021春夏エズミ 隈研吾の「負ける建築」を発想源に | トップページ | 2021春夏チカ キサダ バレエの「強いエレガンス」に着想 »