« 2021春夏ヨウヘイ オオノ 機能的でモード感たっぷり | トップページ | 2021春夏ディウカ 「サイクル&シーズン」をテーマに »

2020年9月25日 (金)

2021春夏エズミ 隈研吾の「負ける建築」を発想源に

 「エズミ(EZUMi)」はファッションデザイナーの江角泰俊さんが手がけるブランドです。
 江角さんといえば、JALの新制服のデザインを担当されたり、つい最近も三陽商会の「ブラックレーベル・クレストブリッジ(BLACK LABEL CRESTBRIDGE)」のクリエイティブディレクターに起用されたり、活躍されています。Img_04871  このほど2021年春夏コレクションを公式サイトで発表、同時に展示会を東京・神宮前のRi Designにて開催しました。

  注目はやはりポスターなどに掲載されているトレンチコートを再構築したアイテムです。
Img_04851  着想したのは建築家の隈研吾が提唱する「負ける建築」だそう。
 負ける建築とは、従来の大きくて景観を仕切る建物ではない、環境に馴染む「接合する」建物という考え方です。

 今シーズンはこのアイデアをファッションに落とし込み、とくに日本の伝統工芸との融合に挑戦。
 とくに竹細工技法の「やたら編み」をヒントにしたデザインは印象的です。

 環境に溶け込む心地よいムードとクラフトマンシップを両立させた独自のクリエーションに、私も目が点!です。

 南青山のサニーヒルズを会場に撮影したという3Dポートレートショー(https://ezumi.jp/参照)もすばらしい出来栄えで、建物の中を歩いているような錯覚に陥りました。

 ブランド独自の世界観に、今後も期待しています。

|

« 2021春夏ヨウヘイ オオノ 機能的でモード感たっぷり | トップページ | 2021春夏ディウカ 「サイクル&シーズン」をテーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021春夏ヨウヘイ オオノ 機能的でモード感たっぷり | トップページ | 2021春夏ディウカ 「サイクル&シーズン」をテーマに »