« 2021春夏 ユハ ジェンダーレスや多様性をキーワードに | トップページ | 2021春夏マラミュート「ミックス」テーマにマティスブルー »

2020年9月29日 (火)

2021春夏サポートサーフェス テーマは「余白」

 ファッションデザイナーの研壁宣男さんが手がける「サポートサーフェス(support surface)」が、2021春夏コレクションを公式WEBサイトで発表しました。東京・渋谷のアトリエでは展示会が開催され先日、私も行ってきました。

 今シーズンのテーマは「Blanc (余白)」です。研壁さんは「作業中、手を加えることによって隙間を埋めると同時に、上質な余白をつくっているという感覚がある」、「着用する人によって埋められる余白のある服を考えている」と語っています。
 会場には優しい色使いのエレガントなドレスが展示されていました。巧みなドレープやギャザー、切り替えといったディテール以外、余分なものはなく、ピュアでクリーンな感覚にあふれています。

Img_06271 Img_06311
Img_06251  こういう服こそ着る人の表情や立ち居、振る舞いをより美しく見せてくれる、と思いながら拝見したことでした。
 
 動画も公開されていますので、ここにアップいたします。
  東京国立博物館の法隆寺宝物館を舞台に撮影されたもので、服の持つ静謐な雰囲気と見事に調和しています。コロナ騒動をしばし忘れさせてくれる映像です。

support surface SS2021collection (latest!!!) from support surface on Vimeo.

|

« 2021春夏 ユハ ジェンダーレスや多様性をキーワードに | トップページ | 2021春夏マラミュート「ミックス」テーマにマティスブルー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021春夏 ユハ ジェンダーレスや多様性をキーワードに | トップページ | 2021春夏マラミュート「ミックス」テーマにマティスブルー »