« 2021春夏サポートサーフェス テーマは「余白」 | トップページ | 「プロジェクト トーキョー」ファッションの今を探る合同展 »

2020年9月30日 (水)

2021春夏マラミュート「ミックス」テーマにマティスブルー

 デザイナーの小髙真理さんが手がけるレディスファッションブランド「マラミュート(malamute)」の2021春夏もの展示会が東京・渋谷のギャラリーで開催されました。
 テーマは「ミックス (mix)」です。過去と現在を組み合わせて、ブランドのアーカイブをアップデートさせます。着想源となったのは、自宅待機の日々、手に取ったアンリ・マティスの画集にあった作品「ブルーヌード」だったといいます。 Img_06391
 キーカラーは、このマティスブルーのグラデーション。淡いブルーからスカイブルー、ネイビーまで、様々なブルーが目に付きます。

Img_06341  元来ニットから発したブランドとあって、ニット中心の展開です。力を入れているのが、ホールガーメントの新シリーズで、とくに注目は、肌が透ける極薄ハイゲージニットです。ミステリアスなムードをかもし出す重ねの一品として、なくてはならないものになっています。
 
 Img_06361 またゆったりした波のようなフリルを編み込んだインターシャのカーディガン、油絵のような花のモチーフのガウン、贅沢なハンドニットのものなど、かつてのアイテムもシェイプを調整したり、布帛とドッキングさせたり---。スタイリングを工夫して新鮮な表情を見せているのが印象的です。

 ニットならではのテクスチャーやフォルムを活かして、過去を現在に結びつけ、新しいエレガンスを提案するコレクションです。

|

« 2021春夏サポートサーフェス テーマは「余白」 | トップページ | 「プロジェクト トーキョー」ファッションの今を探る合同展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021春夏サポートサーフェス テーマは「余白」 | トップページ | 「プロジェクト トーキョー」ファッションの今を探る合同展 »