« 米国発ウェブストア「REVOLVE」にコットンショップが復活 | トップページ | JFWテキスタイル事業 PTJ/JC 11月展⑵ サステ運用案 »

2020年8月22日 (土)

JFWテキスタイル事業 PTJ/JC 11月展⑴ 開催概要を発表

 先日、JFWテキスタイル事業よりPTJ(プレミアムテキスタイルジャパン)/JC(ジャパンクリエーション)11月展の開催概要を発表する記者説明会が行われました。
  JFWでは11月展の開催に向けて、感染症対策を実施し最大限の配慮で展示会を開催する準備を進めているとのことです。
Img_14111_20200824120901  5月のPTJ中止の際、「秋は絶対に開催して欲しい」との声が多数寄せられたそうで、改めてPTJ/JCが重要なイベントになっていることを感じさせられたといいます。(右は、2019年11月展)
 日程は11月18日(水)~19日(木)、会場は東京国際フォーラムホールE(5,000㎡)とロビーギャラリーです。
 PTJ出展社者数は68件/94.5小間、JC25件/173.9小間で、前年比いずれも減少しています。最大滞留人数は5,000人とし、必要なら入場制限も実施。ブース内スタッフの人員も制限するとしています。
 恒例のピッグスキン・ファッションショーも観覧は予約制で、着席60名、立ち見30名に限定するとのことです。
 学生が参加するフォーラム・プレゼンテーションは、密が避けられないため今年度は中止です。

 「JFWサステナブル・プロジェクト」は、予定されていた5月展で予想以上の素材が集まったこともあり、実施するといいます。
 従来のトレンドコーナーに「サステナブル・テキスタイルコーナー」を新設し、対象素材は大きく原料、製造工程、企業認証の3分類に分け、その中に7つの詳細分類を設定するそう。認証を取得していない素材の場合は、JFWサステナブル・テキスタイル分類表の分類に該当し、出展者がその詳細を説明できることを条件に対象素材とするとのことです。
 オンライン化については、仕組みができてもその後のランニングコストの問題もあり、研究中といいます。
 
 海外展についても下記のように言及されました。
 ミラノウニカ 9月展は、JOB(日本パビリオン)の参加中止。但し単独で3社が出展するといいます。同2021年2月展は、2月2~4日開催予定で9月中旬より出展募集を開始するとのこと。
 インターテキスタイル上海は、9月展の参加中止。2021年3月展は日程未定ですが、同じく9月中旬より出展募集をスタートするとのこと。
 
 コロナ禍での展示会開催の発表でしたが、無事開催へこぎつけることができますようにと、祈るばかりです。

|

« 米国発ウェブストア「REVOLVE」にコットンショップが復活 | トップページ | JFWテキスタイル事業 PTJ/JC 11月展⑵ サステ運用案 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米国発ウェブストア「REVOLVE」にコットンショップが復活 | トップページ | JFWテキスタイル事業 PTJ/JC 11月展⑵ サステ運用案 »