« 落合陽一展「未知への追憶」記憶に潜むデジャヴを探して | トップページ | 現代のドガ「没後15年─心の絆 ロバート・ハインデル」展 »

2020年8月29日 (土)

渋谷パルコで「ここのがっこう 13人のホームワーク」展

 「ここのがっこう」はファッションデザイナーである山縣良和さんが設立した学校です。その2019年度マテリアルアンドマターコース修了展が30日まで開催されていて、先日、見に行ってきました。題して「ここのがっこう 13人のホームワーク」展です。
Img_01011
  本来はこの3月に行われる予定でしたが、新型コロナ感染拡大で延期されていたのです。
 
Img_00821  Takahito Iguchiさんの作品です。生地や衣服の試験や検査の仕事をしているそう。そこで出た不要になった糸くずを使い、もう一度服にしてみたいと思い制作したとのこと。
 
Img_00851jpg  木村光里さんによる、「穴」が服そのものよりも服を着る人自身への関心を呼び起こす作品。何げないTシャツだけに小さな「穴」があるせいで、個性を感じます。 

Img_00991  日高真理さんの作品。草野球に夢中の彼氏に、振り向いて欲しい彼女が自作したドレスだそう。

 13人、ひとり一人が、ストーリーのある興味深い作品を発表していて、力作揃いなことにも驚かされました。
 彼らの中から次世代を担う人材が出てくるのでしょう。そう思うと楽しみです。

|

« 落合陽一展「未知への追憶」記憶に潜むデジャヴを探して | トップページ | 現代のドガ「没後15年─心の絆 ロバート・ハインデル」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落合陽一展「未知への追憶」記憶に潜むデジャヴを探して | トップページ | 現代のドガ「没後15年─心の絆 ロバート・ハインデル」展 »