« 「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」展 | トップページ | 北欧家具イケアが初の都心型店舗「イケア原宿」オープン »

2020年7月 1日 (水)

U.S.コットン・トラスト・プロトコル サステナブルへ強化

 コットンUSAから、次のようなリリースが届きました。
Uscotton_trustprotocol_logo_sustainabiliField-to-market




  それは、U.S.コットン・トラスト・プロトコルがアメリカの綿花生産についてサステナブルな成果を文書化し加速するため、フィールド・トゥ・マーケット(Field to Marketサステナブルな農業を目指す団体)と正式にパートナーシップを締結することに合意したとのニュースです。
   この新たな提携は、両団体の業界をリードするサステナビリティ評価フレームワークを結びつけ、綿花生産農家とバリューチェーンの継続的な改善を推進する能力を強化するものといいます。

 締結された合意内容は下記のようです。
・フィールド・トゥ・マーケットのフィールドプリント・プラットフォーム(FieldprintÒ Platform)の測定指標を活用することで、綿作農家によるサステナビリティ測定が促進され、農業手法とサステナビリティ成果の関係性を分析できるようにする。
・業界で設定した環境目標に対する進捗状況を伝えるフィールド・トゥ・マーケットの『ナショナル・インジケーターズ・レポート』(National Indicators Report)の継続的な発行を通じて、アメリカ綿のサステナビリティの取り組み状況を追跡していく。
・相互の会議やワークセッションに参加することで、協力関係を一層深めていく。

 これにより両者は、アメリカ綿花業界が設定した環境目標に対する進捗状況を共同で評価していくことになるといいます。その環境目標とは、2025年までに土壌侵食、水使用、温室効果ガス排出、エネルギー使用の削減目標を達成するとともに、土地の利用効率を向上させ、土壌炭素を増加させることです。
 U.S.コットン・トラスト・プロトコルのエグゼクティブ・ディレクターであるKen Burton氏は、次のように述べています。「消費者、アパレル、小売業者から繊維メーカーに至るまで、アメリカ綿バリューチェーンにとってサステナビリティの重要度はますます高まっています。U.S.コットン・トラスト・プロトコルは、フィールド・トゥ・マーケットと協力することで、サステナビリティに対する影響度を高め、業界目標を達成し、アメリカ綿のサステナビリティを強化できるものと期待しています」。
 
 U.S.トラスト・プロトコルは、2019年の試験運用を終え、2020年末までに500以上の生産者の参加を目指して、2020年にプログラムの本格運用を開始するとのことです。
 フィールド・トゥ・マーケットとの取り組みの成果が楽しみです。

|

« 「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」展 | トップページ | 北欧家具イケアが初の都心型店舗「イケア原宿」オープン »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」展 | トップページ | 北欧家具イケアが初の都心型店舗「イケア原宿」オープン »