« 「ニューマン横浜」横浜駅西口に巨大商業施設オープン | トップページ | 2020年秋冬プロスペール展示会 コロナ禍もポジティブに »

2020年7月 7日 (火)

特別展「きもの KIMONO」壮大な時代絵巻の世界に浸る

Img_85941  今、東京国立博物館平成館で特別展「きもの KIMONO」が開催されています。
 現代のきものの源流は鎌倉時代に生まれた「小袖」です。先日、その系譜をたどる壮大な時代絵巻の世界に浸ってきました。
 Img_86031  写真撮影が可能だったのは、上の写真の2点です。
 いずれも江戸時代18世紀の複製のきものです。
 左は白縮緬に梅と鷹の模様の振袖です。
 右は通称「冬木小袖」と呼ばれる小袖です。実物は300年の時を経て修理が必要となり、寄付を募っています。尾形光琳が冬木家夫人のために、白綾地に秋草模様を描いたもので、当時、尾形光琳の「光琳ブランド」が流行したといいます。
 
 本展では選りすぐりの300点が、時代を追って展示されています。
 私がとくに興味深く思った作品をいくつかご紹介しましょう。(なお写真はポスターやチラシに掲載されているものです。)

 第1章「モードの誕生」では、安土桃山時代の華麗な縫箔のきものに目を奪われます。
 当時は全身を模様違いの布で区切るデザインが大流行したようです。その模様に立体感をつける日本刺繍の精巧さに驚嘆させられました。

 第2章「京モード 江戸モード」
 Photo_20200706172301 まず目を見張ったのが寛文小袖の代表作です。
 波のようにデフォルメされた網干模様は、確かに筍のようにも見えます。
 遊び心を感じるデザインがおもしろいです。
  
Uid000318_20200615112934827ef1bc  本展のポスターやちらしに大きく扱われて目立っていたのが、郵便切手でお馴染みの菱川師宣筆「見返り美人図」です。

 髪は玉結び、帯は吉弥結びで、これが元禄時代の最新流行だったのですね。

Uid000318_202006111743182de63bad
   次に染め模様のきもののコーナーです。
  晴れやかな友禅染めきものがズラリ!と並んでいました。 
 中でも豪華絢爛なのが右の熨斗模様の振袖です。
 これはもうあまりの艶やかな美しさにため息!でした。
 
 第3章「男の美学」
 ここでは粋な火消し袢纏のコレクションが素晴らしかったです。
Jpg_20200706172401  とくに船弁慶をテーマにした模様には、前面にドクロも描かれていて、江戸のパンク?と思いました。
 
 右は、織田信長が所用したという陣羽織です。
 ほんものの山鳥の黒羽根を植え付け、その上に白い羽根で蝶の形を表現しています。
 まさに他に類をみない手技の世界、圧倒されました。
 
 第4章「モダニズムきもの(明治・大正・昭和初期)」
20191021_06   綸子に友禅染めのこのきもの(右)は、ヨーロッパの宮殿にでも迷い込んだような華やいだデザインです。
 宝石をちりばめたシャンデリア模様が目を惹きます。
 
 ここにはまた、銘仙のきものがたくさん集められていました。
 
 第5章「KIMONOの現在」
 岡本太郎原案の大胆な「TAROきもの」や久保田一竹のインスタレーション、人間国宝といわれる方々の作品が揃っています。
 ここで私が注目したのは、鈴田滋人氏の木版摺更紗の着物です。というのも2012年の夏に佐賀県鹿島市にある鈴田氏の工房を訪問(このブログ2012.8.9付け参照)させていただいたことがあったからです。鍋島更紗の伝統を引く、自然を題材にした精巧な木版摺の模様は洗練されていてモダン、今にも動き出しそうなリズム感にあふれています。
 
 最後を締めるのは、何とあのヨシキさんの「ヨシキモノ」でした。通常のキモノをドレス風に着付けたドレスキモノは、キモノの可能性を引き出す革新的なスタイルです。人気アニメ「進撃の巨人」のモチーフを採り入れたものも出品されていました。
 Img_93021jpg_20200706172801  写真は、昨年10月の東京コレクションでのフィナーレの写真です。真ん中はヨシキさん。
 
 それにしてもこれだけの重文級きものが勢揃いする機会はめったにないと思います。見応えのある展覧会でした。
 なお会期は延期されて8月23日までで、日時指定制となっています。興味のある方はどうぞお早めに。

|

« 「ニューマン横浜」横浜駅西口に巨大商業施設オープン | トップページ | 2020年秋冬プロスペール展示会 コロナ禍もポジティブに »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ニューマン横浜」横浜駅西口に巨大商業施設オープン | トップページ | 2020年秋冬プロスペール展示会 コロナ禍もポジティブに »