« 21春夏パリ・メンズFW⑶ ディオール アーティストの肖像 | トップページ | 21春夏パリ・メンズFW ⑸ ベルルッティ 陶芸家とコラボ »

2020年7月24日 (金)

21春夏パリ・メンズFW ⑷ ロエベ "モダンクラフト”

 今回のパリ・メンズ・ファッションウィーク(FW)で、興味を惹かれたのが、ロエベ(LOEWE)です。
 公開されたフィルムでは、クリエイティブディレク―のジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が自ら、その2021春夏コレクションを語っていて、好感しました。
 映像では冒頭、「ショー・イン・ボックス(Show-in-a-Box)」というキットが紹介されます。これは報道関係者らに送付されたものだそうです。箱の中には新作を立体的にみられる紙の「飛び出す絵本」や生地サンプルなどが入っていて、実物を想像しやすくなっている様子。デジタル配信でもこういうのがあると親切ですね。バイイングの一助になります。ロエベの公式HPにはその詳細や型紙も見ることができるようになっていて、ステキなアイデアと思いました。



21_20200724070501

 キーシルエットはクラシックを崩す、彫刻的なボリュームです。ねじれ、ループ、包み込むようなフォルムが衣服の3D的な存在感を伝えてくれます。 
 中でも注目は、"モダンクラフト" なアイテムの数々です。それはアンダーソンのコラボレーターたちによる丹精込めた手仕事で、レザーワーカーの協力を得てつくられたというバスケット織りのトップスや、ラフな3Dニット、しぼり柄が放射状に広がるチュニック、アメリカ人アーティストのポール・カドムスとのコラボ作品など。
 ものづくりをする人々、それに携わる職人への敬意にあふれたコレクションが印象的です。

|

« 21春夏パリ・メンズFW⑶ ディオール アーティストの肖像 | トップページ | 21春夏パリ・メンズFW ⑸ ベルルッティ 陶芸家とコラボ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏パリ・メンズFW⑶ ディオール アーティストの肖像 | トップページ | 21春夏パリ・メンズFW ⑸ ベルルッティ 陶芸家とコラボ »