« 篠原ともえ シカク展―シカクい生地と絵から生まれた服たち | トップページ | ドレス・コード?─着る人たちのゲーム展 “着る”を再考察 »

2020年7月18日 (土)

GUCCIMAZEの初個展「MAZE(メイズ)」に注目

 日本人グラフィックデザイナー/アーティストのGUCCIMAZE(グッチメイズ)の初めての個展が、東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYにて開催されています。Img_86431jpg
Img_86441  タイトルは「MAZE(メイズ)」で、「迷路」の意味ですね。鋭いラインのレタリングやメタリックで立体的なタイポグラフィ、奇抜で毒々しさを感じる配色---、それらを見ていると確かに迷宮に入ったかのように惑わせられます。
 
 GUCCIMAZEは最近のサイケデリックデザインの新潮流「Acid Graphicsアシッド・グラフィックス」を牽引する存在だそうです。ここでは彼ととともに気鋭のクリエイターたちも参加して、新作を発表しています。
 
Img_86471  上は彫刻家・KOTARO YAMADAの作品。神秘的なマリア像を思わせます。
 
Img_86491  ミュージックにインスパイアされたTシャツなどアパレルも発表。ネオン管の光のアートワークも注目です。

 今、世界中から熱い視線が注がれている新しいスターデザイナー、GUCCIMAZE、今後の活躍が期待されます。

|

« 篠原ともえ シカク展―シカクい生地と絵から生まれた服たち | トップページ | ドレス・コード?─着る人たちのゲーム展 “着る”を再考察 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 篠原ともえ シカク展―シカクい生地と絵から生まれた服たち | トップページ | ドレス・コード?─着る人たちのゲーム展 “着る”を再考察 »