« 「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展 | トップページ | 原 美術館「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020」展 »

2020年6月16日 (火)

PVパリ9月展 オンライン展示会による補完を決定

 つい先日、プルミエール・ヴィジョン(PV)ジャパンからプレスリリースが届きました。このブログ5月3日付けの続きで、気になるプルミエール・ヴィジョン(PV)パリ9月展に関するニュースです。
 フランス国内では9月1日(火)より5,000名以上のイベントが再開される見通しとなり、これを受けてPVパリ9月展は初めてオンライン展を同日開催し、これによりリアル展を補完することを決定したといいます。

Photospvfevrier2020alexgallosi1587440x29  
  下記、プレスリリースから要点を掲載します。

 PVパリ9月展はパリ・ノール ヴィルパント見本市会場にて9月15日(火)~17日(木)に開催されます。それと同時にオンライン展をマーケットプレイス・プルミエール・ヴィジョン上で開催するとのことです。その目的は、リアル展での提案やイベントを補完し、国際的なバイヤーの幅広い層に対して、出展企業各社の提案の可視性を高めることにあるといいます。リアルとオンラインが共催する次回展は、国際的なファッション業界の全てを動かす、とくに業界の再起を推進していく見本市になるとしています。
 
 そこには下記の内容が盛り込まれています。
○政府が求める衛生プロトコルを遵守し、出展企業と来場者が新しいコレクションを発見、共有するために、再び会うことができる見本市(リアル展)を運営する。
○出展者の最も象徴的で創造的な製品やデザインを発見するためのマルチメディアフォーラムを設置する。
8月31日(月)までに事前登録を行った来場者の入場パスを無料化する。
デジタルイベントやツールの開発を強化しサポートすることで、クライアントとサプライヤーとの打ち合わせを活性化する。
第二世代マーケットプレイスの新サービスと機能性をローンチする。これはコレクションのプロモーションと展示会の来場準備のためのオンライン商談を容易にするために開発されたもの。これにより業界をサポートし、より広範なデジタル化に向けて不可逆的な新たな一歩を踏み出せるようアシストする。
およそ20のウェビナーを通じて、ファッションの未来を解読・分析する。

 ジル・ラスボルド PVゼネラルマネージャーは、次のように語っています。
 「リアル展としての見本市開催と、マーケットプレイスに投資しサービスを世界市場全体に提供するオンライン展開催の決定は、業界全体が再び出会い、立ち直り、回復を始めることができるように支援するという、私たちの決意を示すものです。
 私たちは信頼を寄せてくださっているメーカーの方々が、顧客との直接のコンタクトを維持できるようにしていきたいと考えています。出展企業が有利になるように、早々にいくつかの措置も講じました。(出展契約条件の緩和、出展申込期限の後ろ倒しなど) 3月中旬からは、マーケットプレイスの無料提供も開始しました。
 リアル展の力を補完し、増強するために、PVはデジタルに投資する新しい段階に足を踏み入れました。変化する業界を支え、推進するために対応しなければならない転換です。」

プルミエール・ヴィジョン・パリ2020年9月展(リアル展)の開催確定
 PVパリはパリ・ノール ヴィルパント見本市会場にて、当局より要請された衛生プロトコルに基づき、かつ、バイヤーと出展企業の出会いを容易にするため考案された形式で開催されます。:
○あらゆる人への衛生上の安全を保障:すべてのバッジのデジタル化、除菌ジェルとマスクの配布、ソーシャルディスタンス確保のためのスペース配置の見直し、混雑緩和など。
○ヤーン・ファイバー、テキスタイル、レザー、服飾資材・部材、テキスタイルデザイン、縫製・製造の補完的で厳選された提案
マルチメディアなファッションフォーラム:インスピレーションを得、2021/22秋冬シーズンを発見するための、没入感があり感覚的なスペース、カラーと素材のトレンド、プルミエール・ヴィジョンのモードチームにより選ばれた出展企業の新素材。
○出展企業のブースで提案される2021/22秋冬コレクションのすべて。
より濃縮されたセミナープログラム
○8月31日(月)までに事前登録を行ったすべての来場者への、見本市への来場およびセミナー参加の無料化

|

« 「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展 | トップページ | 原 美術館「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020」展 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展 | トップページ | 原 美術館「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020」展 »